転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職お役立ち情報 > 知って納得!外資系企業の年収が日系企業より高い3つの理由を解説

知って納得!外資系企業の年収が日系企業より高い3つの理由を解説


「外資系に勤めている」という響きだけで、高給取りをイメージしてしまいますよね。

しかし、外資系企業の年収は一般的に日系企業より高いといわれている一方で本当にそうなのか、それは一体なぜなのかを説明できる方は少ないのではないでしょうか。

この記事ではなぜ日系企業よりも外資系企業の年収が高いのかについて解説します。外資系企業への転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

「外資系企業の年収は高い」は本当なのか?

外資系企業の年収は高いといわれていますが、それは本当なのでしょうか。

メディアに露出する年代別に年収のランキングなどを見てみると、外資系ばかりが多いわけでもないことから、実は年収があまり高くないのでは?と思っている方もいるかもしれません。

しかし、外資系企業に勤める方の平均年収は800万円といわれており、日本全体の平均年収の約2倍となっています。ランキングには入らないのになぜ高年収なのか、その理由を紐解いていきましょう。

日本で年収1,000万円を超えている方は全体の4%程度。年収2,000万円になると0.4%と大幅に減ってしまいます。

外資系企業では平均年収が800万円と言われていますが、実際にはマネージャークラスで年収2,000万円、さらに上の役職に到達すれば、5,000万円程度を受け取っている方もいるといわれています。

日本の企業でも年収ランキングが高いところはありますが、その企業は高齢になったことで高年収になっているケースも多く、若いうちから高収入を得ることができるわけではありません。

では外資系企業ではどうして日系企業よりも高い年収を若いうちから得ることができるのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

外資系企業の年収が日系企業より高い3つの理由

年収が高いといわれている外資系企業ですが、なぜ日系企業よりも高い収入を得られるのか、それには大きく3つの理由が存在します。

1.成果主義

1つ目の理由としては、絶対的な成果主義が敷かれているからです。外資系企業の新卒採用の時期を見てもわかるように、かなり早い時期から良い学生には目をつけています。

大学3年生の夏インターン時には採用したい人材の目星をつけているともいわれているのです。

また、本選考を行う時期も2018年現在新卒採用は6月から選考開始という就職協定が結ばれていますが、外資系の場合はその前の年内に終了しているケースも多いです。

情報が解禁になる数カ月前にはすでに採用を終了しています。

このことから見ても、まだ多くの就活生が力を入れていない時期に採用を終了することで、外資系企業で自分の能力を磨きたいと前々から準備をしている優秀な学生を採用しようと考えていることがわかります。

また、若いうちから頑張り次第で高い年収が得られることがわかれば、優秀な人材が集まりやすいということもあるのでしょう。

外資系企業からすると外国に進出してきているわけですから、国内の企業に優秀な人材を取られる前に高い年収を提示して優秀な人材を確保しておく必要があるともいえるのです。

2.退職金制度がない

日本でも退職金制度がない企業は増えてきていますが、外資系企業には退職金制度がない場合が多いです。

日本は会社という組織に尽くすという考え方が根付いていますが、海外では仕事にコミットはするが、組織に対してコミットするという概念を持っていないことが多いです。

そのため、会社が個人に対して退職金を出すという制度自体があまり一般化していないのです。

退職金がない代わりに、月々、あるいは年単位で高い報酬を提供しているわけですから、あとは個人に任せるという考えになるのが妥当でしょう。

このことから考えると、外資系に転職するより、日系企業で退職金をもらう方が生涯得られるお金が多いという状況も起こりえます。

自分が日系企業で働いていて、多くの退職金がもらえる見込みがあるのであればそういった観点も踏まえて検討するのが良いでしょう。

3.福利厚生が乏しい

社員寮や社宅、住宅手当、保育園補助など日本企業にはさまざまな福利厚生があります。しかし、外資系企業ではこれらの手当がないのが通常です。

背景としてはワーク・ライフ・バランスがとりやすいこと、給与が高いことなども関係しているかもしれません。

日本は時間を会社に捧げる代わりに会社がさまざまな面倒を見てくれるという印象ですが、面倒を見ない代わりにワーク・ライフ・バランスと高い給与が得られるとなれば、可処分所得はあまり変わらず、好みの問題になってくるのかもしれません。

こういった実情をあまり理解せずに高い給与に惹かれて転職をすると、高い給与の割に可処分所得が減ることも考えられます。

自分の勤務地、住居などの状況やワーク・ライフ・バランスを考えて理想的な働き方ができる、希望の水準を保てる働き方はどちらなのかということを意識してから選ぶようにすることが非常に大切です。

外資系企業は成果が年収にダイレクトに反映される

外資系企業に勤めれば自動的に高い年収が得られると思い込んでしまう方もいるかもしれませんが、外資系企業はこれまでの説明通り、徹底的な成果主義で成り立っています。

つまり、成果を上げられないのであれば高い給与は支払われません。

社歴や年齢はまったく関係なく、求められた成果に対してどのような結果をもたらしたのか、が軸となります。

成果を出していれば、年俸を12カ月で割って支給される給与以外に、インセンティブなどが受け取れることもあります。

外資系企業だから高い給与なのではなく、成果を上げられた場合のみ日系企業よりも高い年収を手にすることができるということを忘れないようにしましょう。

おわりに

外資系企業の年収が高いというのは本当なのか?年収が高い理由3つについてご紹介しました。

外資系企業の考え方と日系企業の考え方は大きく異なります。どの部分が異なっているのか、その考え方に自分がついていけるのか、可処分所得はどうなるのかなど、外資系に転職を考える前に検討すべきことはたくさんあります。

高い年収が得られるからと安易に転職するのではなく、自分が求めている働き方に近い企業を選んで、幸せな仕事人生を送れるようにしてみてください。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事