転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職お役立ち情報 > これで必勝!外資系企業への転職を成功させるために理解しておくべき7つのこと

これで必勝!外資系企業への転職を成功させるために理解しておくべき7つのこと


外資系企業と聞くと、お給料が高い、バリバリと働くエリート集団、実力主義など、良いイメージを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

しかし、イメージだけで転職して後で困ったことにならないよう、しっかり外資系の特徴を理解しておくことが重要です。

外資系企業への転職を成功させるために、理解しておくべき7つのことを解説します。自分が外資系企業に向いているのか、希望する働き方と合致しているかをよく確認してみましょう。

外資系企業への憧れだけで転職するのは危険

外資系企業というと、英語を使いこなし、バリバリ働きながらプライベートも充実させ、そして高収入を得られるという良い部分だけを見て、憧れを持つ方も多いです。

しかし、特に日系企業でしか働いたことのない方は、外資系の文化に合わず「望んでいた働き方ではなかった」と後悔する方も同数程度います。

せっかく憧れた外資系企業に転職ができても、自分が求めるような働き方でなかった場合、その努力も無駄になってしまいます。

憧れる気持ちを先行させるのではなく、日系企業とどう違うのかという点を理解することから始めましょう。

外資系転職を成功させるために理解しておくべき7つのこと

外資系転職を成功させるために理解しておくべき7つのことを、5つのカテゴリにわけて解説します。これまで日系企業にしか勤めたことがない方の場合、カルチャーショックを受けることも多いので、事前に把握しておくことが大切です。

日系企業と外資系企業の違い

日系企業と外資系企業の違いとしてまず挙げられるのが、下記3つのポイントです。

1.結論ファースト
外資系企業では出だしの2行程度で自分に対してのタスクでないと判断した場合、メールなどを無視されてしまうことも多いです。

日本人は結論が最後になるケースが多いですが、外資系で働く場合は特に結論を最初に持ってくるコミュニケーションを取るのが通常です。

郷に入っては郷に従えというように、相手の文化に合わせ、適応することができるように頭の中を切り替える必要が出てきます。

2.指示内容は明確に
ビジネス上のメールコミュニケーションで多く出てくる表現ですが、「確認を宜しくお願いいたします。」とだけ連絡した場合は、「この件については確認すれば返信は不要」と思われる可能性があります。

書類を確認した後にどういったアクションが欲しいのかについても詳しく言及するようにしましょう。

例えば、「書類を読んでいただいた後に、改善のアドバイスをいただきたい」ということであれば、そのように伝えるとコミュニケーションが円滑に進みます。

3.発言しないならいる意味がない
日系企業の会議の場合、司会となる社員と責任者しか発言しない会議というものが通常という職場もあるでしょう。

しかし、外資系企業での会議で発言しないのであれば、その場にいる意味がないので会議に出なくてよいといわれる可能性が高いです。

日本人の「遠慮して発言しない」という風潮は通用しませんので、会議に参加するのであれば発言をする心づもりでいなくてはなりません。

残業に対する意識の違い

4.残業はできない人のレッテル
日系企業と外資系企業の違いでもっとも隔たりが大きいのは、残業に対する認識ではないでしょうか。

日本人は高度経済成長期に、モーレツ社員と呼ばれていた、「朝早く、夜遅くまで働く」ということが良いことという認識があるため、残業をしていると「会社のために頑張っている」という評価をされることも少なくありませんでした。

最近ではこういった考えが減ってきてはいますが、まだまだ残業するのが当たり前というような認識を持っている方も多いです。

しかし、外資系企業では残業をしている=残業しないと仕事が終わらない、仕事が遅い人=仕事ができない人という認識をされる可能性が高いです。

また、与えられた仕事にはコミットするけれど、会社にコミットはしないという考えを持っているため、残業をしていても「会社のために頑張っている」とはみなされません。

仕事をどうしたら時間内に終えられるのかを、根性論ではなく構造的に考えて解決することが重要だといえるでしょう。

給与に対する考え方の違い

5.給与は実績の対価という実力主義
最近日系企業でもその考えが広がりつつありますが、外資系企業では勤続年数や年齢は関係なく、給与を実績の対価と考えている方が多いです。

日系企業は終身雇用制度を持っていたため、年齢と共に給与が上がっていき、実力があっても年齢が上の方よりは収入が低いのは当たり前とされてきました。

昨今終身雇用制度はほとんどなくなってきていますが、年齢に応じて上がっていくという考え方はまだ残っているといえるでしょう。

そのため、完全実力主義の外資系企業に面食らってしまう方もいるはずです。

外資系企業においては、最初は高い給与をもらえていても、求める実績を出せなければすぐに給与が下がる、あるいは契約を切られるということもあります。

雇用契約を結ぶときにその内容が書かれていることも多いため、よく確認しておくようにしましょう。

ワークライフバランスの考え方の違い

6.仕事が遂行できるなら特に制限なし
先程もご紹介した通り、「コミットするのは仕事であって会社ではない」という考え方のため、仕事が問題なく進んでいるのであれば、家庭を優先しても問題ないという考え方を持っています。

逆に仕事がうまく進んでいないのであれば、家庭の時間を返上してでも結果を出すことが求められます。もし結果が出せない状態が続く場合は給与が下がる、あるいは契約が更新されないなどの状態に陥る可能性があります。

福利厚生の考え方の違い

7.休暇制度や資格取得などは充実
有給など以外の休暇制度や資格取得についてなど、充実しているところが多いようです。

日系企業では子育て支援制度や保養施設などの福利厚生が手厚いですが、外資系企業の場合、多くの方が利用できる福利厚生が手厚い傾向にあります。

日本企業も福利厚生の考え方は徐々に変わってきており、年功を意識したものなどは減って、他の支援を手厚くするところが増えてきています。

違いを理解した上で外資系企業へ転職するか決めよう

ご紹介したように日系企業であれば社員には日本人が圧倒的に多く、働いている方の文化も同一であることも一般的です。

しかし外資系企業の場合は国籍も違い、文化(バックグラウンド)も違う方が多いため、明確な基準を持って接することがとても重要となります。

おわりに

今回ご紹介した7つのポイントは基礎中の基礎であり、入社してからこれ以外にも驚くような違いを感じる方も多いはずです。

そんなときに「理解できない」と遮断せず、「なぜそう考えるようになったのか」を考えて理解し、受け入れて進んでいくことで外資系企業での就労を有意義にすることができます。

そのような柔軟な考え方のできる人が外資系企業には向いていると言えるでしょう。

転職した段階よりも、転職して何年か経った後に「あのとき転職してよかった」と思えるような転職を実現するために、ぜひこのエッセンスを理解してチャレンジしてみてください。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事