転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職ノウハウ > 外資系企業勤務に必要な英語力は?英語ができなくても外資系に転職は可能?

外資系企業勤務に必要な英語力は?英語ができなくても外資系に転職は可能?


「英語力がないのに外資系に転職なんて考えられない」、「自分の英語力に自信が持てない」という理由から、外資系企業への転職を躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。

外資系企業へ転職するためには、ネイティブレベルの英語力が求められると思っている方も多いですが、業種や職種・あるいは企業の成り立ちなどによって求められる英語力のレベルには大きな差があります。

思い込みで外資系企業を転職候補から外してしまう前に、必要な英語力を知っておけば転職の選択肢を多く持ったまま活動することができます。ぜひ参考にしてみてください。

外資系企業で働きたいけど英語力に自信がない…

外資系企業というと、高収入・実力主義・ワークライフバランスが取れるなどのメリットを聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。実際、これら3つの特徴は外資系企業に多いといわれています。

転職を考えている方にとっては非常に魅力的な条件ですが、英語力を理由にあきらめてしまっている方も多いはずです。

しかし外資系企業とはいっても、実際はそこまで英語力を求められないケースもあります。また、入社前あるいは入社した後にレベルアップを図ることで、カバーできることもあるのです。

最初から無理と諦めずに、転職を考えている職種の英語力がどの程度求められるのかを知ってみてはいかがでしょうか。

外資系企業勤務に必要な英語力

外資系企業に勤務する際、必要とされる英語力は業種・職種・企業によっても異なります。

あくまで目安となりますが、5段階で英語レベルを分けてご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

1.ほとんど英語を使わないレベル

外資系企業には、経営が日本人に任されている企業も多く存在します。

その場合、業務における日常会話も日本語というケースが多く、英語は学校で習った読み書きの基礎ができていれば問題ないということも多いのです。

「外資系企業」は「外国資本が入っている企業」という意味ですが、日本と共同出資で設立している会社もありますし、日本の資本が比較的多いところでも外資系と呼ばれる場合があります。

外資系企業をすべて同じと捉えずに、その企業の成り立ちや日本人従業員の多さなどで判断することが大切です。

2.日常会話レベル

日常会話レベルでもOKという外資系企業の業務でいうと、下記のようなものがあります。

・外国人の割合が1の企業よりも多い場合
勤めている外国人の割合が1の企業よりも多い場合は、普段のコミュニケーションにも少々英語を使う場合があります。

日常会話程度はできないとコミュニケーションの取りようがありませんので、最低限のスキルは必要になります。

・あまり人と接する機会の少ない技術職の場合
あまり人と接する機会の少ない技術職の場合は、英語でコミュニケーションを取ることも少ないため、日常会話レベルで問題ないケースもあります。

会話ではなく、社内向けの簡単な英文メールを使う場合でも日常会話程度で対応できます。

・ポテンシャルで採用の場合
すでに自信のある分野やスキルがあってポテンシャルで採用され、入社してから英語力を伸ばすことが前提という場合もあります。

ただし、この場合日常会話からビジネスレベルへの英語力を身につけないと、次のステップであるマネージャーなどの役職につくことは難しくなります。

いずれにしても日常会話程度で入社した場合は、ビジネスレベルまで英語力を上げていく方が今後のキャリアにも役立つといえるでしょう。

3.ビジネスレベル

営業職など、人と接する職種やマーケティング、マネージャーなどの中間管理職、サポートエンジニアなどは、人と折衝する機会も多いためビジネスレベルの英語が求められます。

中間管理職などの場合は本社の意向をよく理解した上で、日本人・外国人問わず部下とのコミュニケーションを円滑に行わなければなりません。

また、レポーティング・会議出席などもありますので、自分の意見をビジネスレベルの英語で伝えられないと仕事に支障が出てきてしまいます。

中間管理職の場合、次のステップを目指すなら英語力も次のレベルに上げていく必要があります。

4.流暢な会話が可能なレベル

人事・経理・財務、もしくは医療機器などの営業など、専門性の高い仕事の場合はビジネスレベルよりもさらに上のレベルを求められることが多いです。

専門用語も多く、レポーティング・プレゼンテーション・会議での交渉・ディスカッションなどにも対応できる語学力が必要になります。

より上位職種に就こうとする場合には読み書きなども高いレベルで必要となります。その場合は、ネイティブレベルを目指して英語力を高めていきましょう。

5.ネイティブレベル

金融などの高度な交渉やディスカッションを行う業種の場合は、ネイティブレベルの英語力が求められます。

取り扱うサービスが受け入れられている国の文化についても、どのくらい学んできているかは重要視されます。

そのため、留学経験や外資系企業での経験、海外での就業経験などがあればアピールするとよいでしょう。

英語ができなくても外資系に転職は可能か?

結論からいうと、英語ができなくても外資系に転職することは可能です。

前章でご紹介したように、外資系企業といっても求められる英語力には開きがあることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

企業の特徴や職種、業種などで英語力の前提条件が大きく異なりますので、自分の希望する業種・職種にどの程度の能力が求められるのかを知ることが大切です。

その上で、志望先企業がポテンシャル採用を行っているのかなども調べてチャレンジするようにしましょう。また、逆にネイティブレベルの英語を話せるからといって転職が成功するわけではありません。

英語力は努力で成長させることができても、経験やスキルは英語の勉強に比べて、短期間で急激な成長をさせるのは難しいからです。

自分の経験やスキルが企業の求めるレベルに見合っているようであれば、入社してからでも英語力アップに取り組めばOKというケースもありますので、無駄な時間を費やさずに転職することも視野に入れてみてください。

おわりに

外資系企業=ビジネスレベルの英語力がないと転職が不可能と思い込んでしまいがちですが、企業によって英語力の優先度は異なります。

必要な英語力の目安を知ることができれば、自分が転職を検討できそうな業種や職種がわかってくるはずです。最初から諦めるのではなく、志望先企業の情報をしっかり収集して自分の求める転職ができるように努力してみてください。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事