転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > 外資系化粧品メーカーの薬事・品質管理マネージャーへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル

外資系化粧品メーカーの薬事・品質管理マネージャーへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル


これまでの薬事・品質管理部署での経験やスキルを生かして、キャリアアップしたいとお考えではありませんか。「転職しても、同業界だと業務も代わり映えしないし…」と後ろ向きな考え方になっているからに朗報です。

今までのキャリアは外資系化粧品メーカーで活かすことができるかもしれません。本記事では、外資系化粧品メーカーの薬事・品質管理マネージャーへの転職に関するいろはを解説します!

外資系化粧品メーカーとは?

外資系化粧品メーカーと聞いて、どのような企業を想像するでしょうか。

ヨーロッパの有名化粧品ブランドだとシャネル、クリスチャン・ディオール、ゲラン、シスレー、アメリカ発のブランドだとエスティ・ローダー、クリニーク、MACなどがあります。

外資系は欧米発のブランドだけではありませんので、その他にアジア発のアモーレパシフィックやLG生活健康なども含まれます。とくに、最近は美容に敏感な韓国発の化粧品メーカーが大変注目されています。

外資系化粧品メーカーの薬事・品質管理マネージャーの主な業務内容を解説

さて、外資系化粧品メーカーの薬事・品質管理マネージャーに転職したらどのような業務に従事することになるのでしょうか。1つずつ解説していきます。

薬事:全成分表示・ラベル・広告表示のチェック、検討、提案

薬事管理を担う部署でマネージャー業務をする以上、お客様の手元に届く製品の品質や成分に関してすべて理解していなくてはなりません。

また製品に関する広告を実施する際に、薬機法や景表法などを熟知したスタッフがきちんと準備し、それをマネージャーが確認する必要があります。

薬事:法改正・厚生労働省の通達などを把握し情報提供する

化粧品メーカーの薬事・品質管理マネージャーは、常に製品に関連する法改正や厚労省の動きに敏感でいなくてはなりません。

法律上使用が禁止される成分や、表示方法があればすぐに改訂する準備に取り掛からなくてはなりませんし、それが早ければ早いほどビジネスへの影響は小さく済むからです。

申請・届け出関連の業務

薬事・品質管理マネージャーは、商品に関する申請や届け出の書類を揃えることはもちろんのこと、行政許可関連の業務も任されることになります。非常に専門性の高い業務といえます。

品質保証:不良品の改善対応

薬事のみならず品質管理にも携わるマネージャーは、お客様の手元に渡る製品のクオリティに常に自信を持てる状態でなくてはなりません。そのため、お客様やスタッフから入った不良品の状態などを分析し、改善することも業務の一環となります。

品質管理:各種検査業務

医薬品ではなく、化粧品であるとはいえ、人体に影響を与えるものを販売している以上、常に検査を必要とします。

悪い影響を及ぼすことがない、と実証されているものでなくては販売できませんので、検査の実施や立ち会い、再検査の実施などをするのも薬事・品質管理マネージャーの業務となります。

気になる待遇

外資系化粧品メーカーの薬事・品質管理マネージャーは、非常に幅広い知識と経験を必要とする業務内容であることがおわかりいただけたのではないかと思います。

だからこそ、経験やスキルによって収入には振れ幅がありますが、求人情報を見ると600万~800万円程度の年収が想定されているようです。

外資系化粧品メーカーの薬事・品質管理マネージャーに求められるスキルとは?

ここまでの記事でおわかりの通り、外資系化粧品メーカーの薬事・管理マネージャーへの転職には事細かなスキルが必要となります。

具体的にリストアップしますので、ご自分のこれまでのキャリアで培ってきたものと比較し検討してみてください。

薬機法関連の知識

自社の抱える製品に関する検査、再検査、そして改善案までを提案できなくてはならないので薬機法に関しては相応な知識が必要となります。

化粧品のパッケージや広告表現に関する知識

薬事・品質管理マネージャーは、景表法などに関しても知識を有している必要があります。また禁止事項だけでなく、販売促進につながるデザインなどの知識も役立ちます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。「こんなにさまざまな知識と経験が必要になるのか…」と感じてしまわれた方もいらっしゃるかと思いますが、一方でこれまでのキャリアが有意義に活かせそうな業務であると確信した方もいらっしゃることでしょう。

これまでに培ったスキルや経験、知識を最大限に活かしつつ業界を変えて活躍したい!という方はすぐに転職エージェントのちからを借りてみてください。

転職エージェントは数ありますが、その中でもアズール&カンパニー株式会社(外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニー)は、外資系化粧品メーカーへの転職に関する知識や経験が非常に多いので一度相談してみても良いでしょう。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事