転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職ノウハウ > 知って納得!外資系企業への転職活動前にしておくべき自己分析とは

知って納得!外資系企業への転職活動前にしておくべき自己分析とは


外資系企業への転職を志す皆さんが、採用に向けて今一番力を入れているのはどのようなことでしょうか。

履歴書の内容推敲、自己PRのための資格取得や、面接対策はとても大切ですが、どれよりもまず手を付けていただきたいのが「自己分析」です。この記事では、そんな自己分析の重要性と進め方をご紹介します。

人生もキャリアも自分を知ることが大切

そもそも「自己分析」とは一体何なのでしょうか。「仕事を探すのに、いちいち自分探しなんてしていられないよ…」とお思いの方は、もしかしたら大切なことを見落としたまま転職活動を始めようとしているかもしれません。

古い日本の社会では、「仕事は向き不向きなどにこだわらず、歯を食いしばって頑張るもの」という価値観がありました。

確かに、その価値観によって現在の日本は作られてきたとも言えますが、これからの社会ではそのような凝り固まった価値観では自分のみならず周りの人にも窮屈な環境を強いることになってしまいます。

現代では、まず自分をよく知ることで人生の選択ミスを防ぎ、いかに充実した人生を送るかが大切とされています。これは何もゆったりと自分の好きなことだけをすれば良いという意味ではありません。

「仕事の充実と、それによって生まれるプライベートの余裕が人生そのものを豊かにさせる」という価値観です。それを可能にするためにも、仕事を選ぶときには自分という人間をよく知った上で選択していくことが不可欠なのです。

なぜ転職したいのか?

まず、転職をしようと思ったきっかけは何でしょうか。

・もっとスキルアップが望める環境で仕事がしたい
・まったく異なったフィールドで自分を試したいという意欲が生まれた

といったポジティブな理由でしょうか?それとも、

・今の職場の人間関係に疲れた
・プライベートとのバランスがとりにくい
・体力的に限界だと感じた

というようなネガティブな理由でしょうか。自己分析をする際には、体裁を気にしてカッコつける必要はないので、自分自身に問いかけて見てください。

ポジティブな転職のケース

ポジティブな理由を持って転職をしたいと思った場合には、その目標が自分にとってハードルの高すぎるものではないか振り返ってみましょう。

もっとスキルアップが望める環境で仕事がしたい

今勤めている企業で携わっている業務のどのような部分が改善したら転職しないでも続けられそうですか?

そのスキルアップは転職しなくては叶えられない内容なのでしょうか。よくよく考えて、それでも転職が一番の方法なのであればそれはとてもポジティブな決断です。

まったく異なったフィールドで自分を試したいという意欲が生まれた

今勤めている企業とは違ったフィールドで自分を試したいという意欲はどこから生まれたのでしょうか。身近な人、もしくは書物から影響、はたまた以前からの夢だった、などさまざまな理由があるでしょう。

そこに隠された本音(本当は今の会社が嫌だ)がなければ、その転職はまたポジティブな決断です。

ネガティブな転職のケース

ネガティブな転職理由の場合、その理由はまた新たな環境でも繰り返されることではないかじっくりと考えましょう。場合によっては、問題を先延ばしにしたり環境のせいにしているだけかもしれません。

今の職場の人間関係に疲れた

どの職場での人間関係の複雑さは存在します。今抱えている人間関係の悩みは長期的に続くものなのでしょうか。社内の人間に相談して解決できる(例:部署異動、転勤など)ものではないか今一度考えてみましょう。

無理な我慢は禁物ですが、自分の行動力次第で変えられる悩みは自分で解決した方が好転します。そうでないと転職しても、その転職先でまた同じことを思い悩むようになってしまいます。

プライベートとのバランスがとりにくい

先に説明した通り、仕事はプライベートとの良いバランスで初めて充実したものになります。もし、ワーク・ライフバランスを重要視せず、ハードワークが続く環境なのであれば転職はポジティブな決断になるでしょう。

体力的に限界だと感じた

過労死や過労による心身の疾病が叫ばれる昨今、健康管理は人生の中でもプライオリティの高いものであることが広く認識されるようになりました。

社内で相談して解決しそうにないのであれば、会社を変えることはポジティブな結果につながるでしょう。ただし、転職先の社風や文化は事前によく把握しておかないと同じことの繰り返しになります。

転職はキャリアのみならず、自分も変えるチャンス

ここまで記事を読んでみて、少し転職に対して冷静な気持ちを持つようになった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自己分析をすると、「今の自分に必要なのは転職ではない」という結論が出る方や、もしくは「やはり転職でこそ成長できる!」と確信される方も出てきます。

どちらを決断するとしても、まずは自己分析で冷静に今の自分の気持ちとキャリアの方向性、そして今後の人生に関して考えることはとても有用です。

転職して就業する企業を変えるタイミングで、一度自分自身と向き合って自分自身の成長にも繋げられると良いですよね。その振り返りこそが今後のキャリアと人生それぞれのバランスを見直すチャンスとなるはずです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

転職活動の途中で自分自身の方向性やキャリアの希望がわからなくなってしまなわないためにも、転職活動の初動として自己分析をきちんとしておくことは想像以上に大切です。

また、十分な自己分析をした上で転職することで、希望しているキャリアとのミスマッチも減らすことができます。自己分析を疎かにせず、希望の転職先とのご縁を掴んでくださいね。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事