転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職ノウハウ > 外資に転職希望の方必見!採用担当者は職務経歴書の”ココ”を見ている

外資に転職希望の方必見!採用担当者は職務経歴書の”ココ”を見ている


実力主義を謳う外資系企業に転職して、キャリアの可能性を広げたいと考えている方は多いですよね。この記事にたどり着いたあなたも、きっとその一人なのではないかと思います。

外資系企業への転職を検討したとき、まず準備したいのが履歴書と職務経歴書です。この記事では、その中でも職務経歴書について解説します。

職務経歴書とは?履歴書とどう違うの?

そもそもこれまで新卒入社しかしたことがなく、職務経歴書を書いたことがないという方もおおぜいいらっしゃることでしょう。

学生時代のアルバイト経験から記載するのか、それとも直近携わったプロジェクトに関することのみ書けばいいのか?など心配な方はきちんと書くべき要点を把握してから取り掛かりましょう。

履歴書は、以下の内容を企業に伝える目的の書類です。

・氏名
・住所
・生年月日(年齢)
・学歴(最終学歴が一般的)
・簡単な志望理由

一方、職務履歴書は以下の内容を企業に伝えることを目的にしています。

・これまで勤務したことのある企業名
・役職名
・所属した部署
・携わった企画
(これまでに転職経験があれば)入退社年度

これらを一緒くたにして書いてしまう方が稀にいらっしゃいますが、社会人としての基礎教養が身についていない印象を強く与えてしまうので、絶対に避けるべきです。

提出する場合には日本語?英語?

外資系企業への転職活動を始めようとしているときに、まず多くの中が迷われるのが「書類の言語」ではないでしょうか。

「日本法人だし、人事部の人は日本人だけだろうから日本語だけでいいか…」なんて簡単に考えてしまう方はあまり外資系企業への転職に向いていないかもしれません。

職務履歴書は、日本企業に提出するものとひと味ちがうのが外資系企業の特徴かもしれません。一般的な日本企業へ転職する場合よりも、職務経歴書はより具体的に、かつ魅力的に書かないといけないので、まず以下のようなステップを踏みましょう。

1.書く内容をまとめる

これは英語でも日本語でも構いません。就業当時から思い出し、とくに伝えたい業務内容などが何であったかを考えながらまとめましょう。

2.年度ごとに並べなおす

日本語で履歴書や職務経歴書を作成するときには、一般的に過去の出来事順に並べていきますよね。海外においては、この順番では正式とみなされません。直近の経験が一番上に配置されるように逆時系列に記載しましょう。

3.とくに伝えたいポイントを明確にする

いくら伝えたい内容が多いからと言って、長々と記載されている職務経歴は見栄えがよくありません。すっきりとスマートにまとめることで、印象をアップできます。

英語・日本語で職務経歴書を準備する

入社後も英語を使用することは絶対にない、という職場環境でない限り基本的に外資系企業への転職を希望するのであれば日本語、英語両方の職務経歴書を用意できるようにしておきましょう。その際には、和製英語などが使われていないかよくチェックしましょう。

採用担当者が特に注視する箇所

簡潔に、スマートな印象を持ってもらえる職務経歴書を作成する上での順序をご説明しました。次に、採用担当者がとくに注視するポイントをご説明します。

イメージしやすいこと

これまで携わってきた業務に関する説明の中で、期間や実績、人数や数量を数字にしてわかりやすく説明してあると、採用担当者はイメージしやすくなります。

日本企業の文化以外にも馴染みがあるか

外資系企業への転職を希望していて、これまで日本企業にしか勤務経験がない場合、さまざまな文化的違いが出てきます。

職務経歴の中で、日本の商習慣に染まりきっていたり、概念が凝り固まっている印象だと「外資系企業への適正は低い…」と思われかねません。グローバルな視点を持った部署との連携経験なども積極的に記載しましょう。

特殊な技術・学歴

履歴書には当然記載する内容ですが、特別な資格、学歴などアピールできるポイントがある場合には”Additional information”として独立させて書き入れましょう。常にステップアップするための努力を欠かさない人材として高く評価されるでしょう。

盛り過ぎはNG?

「外資系企業を希望するならば、大げさなくらいがちょうどいいと聞くけれど…」という方は意外に多くいらっしゃいますが、結論から言うと、これは半分正解で半分間違いです。

まず、外資系企業の採用担当者はあなたが即戦力となるかを知りたがっているので、これまでの業務や実績については正直に書きましょう。万が一入社することができたとしても、ウソになるようなスキル・業務実績の記載は自らの首を絞めることになります。

ただし、日本人は往々にして謙虚すぎる傾向にあり、実際にできることも遠慮気味に伝えてしまう習慣があります。それだと、外資系企業の採用担当者からは「あまり自分に自信のない人なのかな…」という印象を持たれてしまい、せっかくのチャンスも逃してしまいます。

謙虚な姿勢は大切ですが、書面では簡潔にできることを明確に記載しましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。英語での職務経歴書を作成したことのない方にとっては寝耳に水だったかもしれませんね。

書き方がわからないという方は、インターネットで検索するとさまざまなフォーマットを探すことができるので、自分の経歴を書き入れるのに最適なものを見つけてまずは早速作成してみましょう。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事