転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > 外資系大手家庭用品・消費財メーカーのアシスタント・ブランドマネージャーへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル

外資系大手家庭用品・消費財メーカーのアシスタント・ブランドマネージャーへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル


「よりスピード感を持って仕事のできる環境に身をおきたい…」そんなふうに思うようになったら、外資系企業への転職チャンスです。

優秀な同僚と常に切磋琢磨できる環境を自ら選び、キャリア向上をしていこうと思われる方にとって、外資系企業はまさにうってつけの職場といえるでしょう。

今回は、外資系大手家庭用品・消費財メーカーのアシスタント・ブランドマネージャーへの転職について解説していきます。

外資系大手家庭用品・消費財メーカーとは?

外資系大手家庭用品・消費財メーカーというと、どのような企業をイメージされるでしょうか。具体的には以下のような企業があります。

1.P&G Japan(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン)

P&G Japan(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン)は、言わずとしれた世界最大の大手家庭用品メーカーの日本法人です。

日本においては紙おむつの「パンパース」や生理用品の「ウィスパー」、消臭スプレーの「ファブリーズ」、そして柔軟剤の「レノア」などを展開しています。

2.ユニリーバ・ジャパン

ユニリーバ・ジャパンも、P&Gに続いて著名な世界的消費財メーカーの日本法人です。

日本においては、シャンプーやボディケア製品の「ラックス(LUX)」、「ダヴ(Dove)」をはじめとし、スキンケアブランドの「ポンズ(POND’S)」や紅茶ブランドの「リプトン(Lipton)」を展開しています。

3.ネスレ日本

ネスレ日本は、食品・飲料部門における大手外資系消費財メーカーです。

日本においては、「ネスカフェ」のような家庭用のコーヒー製品から、「ネスプレッソ(Nespresso)」のような本格的なコーヒーメーカー、お菓子では「KitKat(キット・カット)」、炭酸水の「Perrier(ペリエ)」、そしてペットフードの「Mon Petit(モンプチ)」など幅広いジャンルの製品を展開しています。

外資系大手家庭用品・消費財メーカーのアシスタント・ブランドマネージャーの主な業務内容を解説

外資系大手家庭用品・消費財メーカーにどのような企業があるかわかったところで、アシスタント・ブランドマネージャーが担っていく、具体的な業務内容についてご紹介します。

1.国内での目標とマーケティング戦略の策定

メーカーの抱えるブランドを管理していくマーケティング部署で、ブランドの周知拡大をし、売上につなげるための戦略を練ります。

2.ブランドのP/L管理

ブランドにおけるP/L(損益計算書)を常に管理することもアシスタント・ブランドマネージャーの重要な役割となります。

3.ブランド計画の実施

消費者に対してブランドを広め、ユーザーの確保につなげるためのイベント施行、プロモーション活動などの企画立案・実施も担います。

4.消費者動向の調査

マーケティング部署の要である、消費者動向の調査も行います。

気になる待遇

外資系大手生活用品・消費財メーカーのアシスタント・ブランドマネージャーというポジションでの採用は基本的に正社員での雇用がメインとなっており、年収としては500~900万円が想定されているようです。

これはこれまでの経験や専門的知識の有無、実績をもとに決定されますので、現在携わっている業務の中で、プラスに働くような経験がある場合には積極的にアピールすると良いでしょう。

外資系大手家庭用品・消費財メーカーのアシスタント・ブランドマネージャーに求められるスキルとは?

外資系大手家庭用品・消費財メーカーのアシスタント・ブランドマネージャー募集では、基本的に経験者に限定して採用しています。その中でも、特にFMCG(Fast Moving Consume Goods)業界での経験が一定年数以上あることが重要視される傾向にあります。

またマーケティング部門に携わるため、消費者動向の調査経験があること、またプロジェクト管理や本国とのコミュニケーション経験があることも重要視されます。

これまでにこのような経験がまるでない方にとってはハードルの高い転職ですが、ご自身のキャリアを見つめ直し、これまでの経験で何かしら役立ちそうなものがあれば積極的にアピールすると良いでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

外資系大手家庭用品・消費財メーカーのアシスタント・ブランドマネージャーへの転職を検討している方は現在さまざまな準備をされていることと思います。転職活動で何か困った時にはどのような対策をしていますか?

新卒採用のときには、基本的に自分で就職活動を進めるのが当たり前でしたが、転職においては転職エージェントという心強いプロフェッショナルがいつでもあなたの相談に乗ってくれます。

外資系企業への転職希望者向け転職エージェントは数多くありますが、その中でもアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーという業界特化型の人材紹介会社は、これまでにさまざまなバックグラウンドを持つ方の転職活動をサポートしてきているので、あなたにもきっと良いアドバイスをくれるでしょう。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事