転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職ノウハウ > 面接をするに当たってどういうマナーがあるのだろう

面接をするに当たってどういうマナーがあるのだろう


面接では言葉だけではなく身なりも姿勢も重要です。言葉が上手でも身なりがきれいにしていないと面接に受かるのは難しいです。では面接ではどんなマナーがあるのか説明します。

面接の基本のマナー

面接にはあらゆるマナーがあります。まず着る服です。だらしがない服では面接のマナーに違反しています。どういう服装がマナー違反かというと、適当に上下組み合わせた服、一見お洒落にしていても上下と合わさっていない服、派手すぎる服など変わった身なりはよくありません。しかし身なりのことが分からない人もいます。もし分からない人は無難なのはスーツです。女性はズボンではなくスカートのスーツが望ましいです。スーツならしっかりした服装ですので、だらしなくなることもありません。また姿勢も重要で女性は足を閉じて男性は足を少し開いたりしなければいけません。目先は男性の面接官の首元、女性の面接官なら顔を見ます。

面接の言葉に関するマナー

面接は言葉に関するマナーも大事です。即答で答えることも確かに重要ですが、まず失礼なことは言わないようにするべきです。最低減、丁寧語、敬語は覚えておくべきです。もし謙譲語もあると面接官から興味を持ってくれることもあります。言葉は確かに本当のことも言うのも大事ですが、悪い印象を与えるようなことを言うのは避けるべきです。言葉でも明るく言う方が好印象を持たれて、面接に受かりやすくなります。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事