面接をするに当たってどういうマナーがあるのだろう

面接では言葉だけではなく身なりも姿勢も重要です。言葉が上手でも身なりがきれいにしていないと面接に受かるのは難しいです。では面接ではどんなマナーがあるのか説明します。

面接の基本のマナー

面接にはあらゆるマナーがあります。まず着る服です。だらしがない服では面接のマナーに違反しています。どういう服装がマナー違反かというと、適当に上下組み合わせた服、一見お洒落にしていても上下と合わさっていない服、派手すぎる服など変わった身なりはよくありません。しかし身なりのことが分からない人もいます。もし分からない人は無難なのはスーツです。女性はズボンではなくスカートのスーツが望ましいです。スーツならしっかりした服装ですので、だらしなくなることもありません。また姿勢も重要で女性は足を閉じて男性は足を少し開いたりしなければいけません。目先は男性の面接官の首元、女性の面接官なら顔を見ます。

面接の言葉に関するマナー

面接は言葉に関するマナーも大事です。即答で答えることも確かに重要ですが、まず失礼なことは言わないようにするべきです。最低減、丁寧語、敬語は覚えておくべきです。もし謙譲語もあると面接官から興味を持ってくれることもあります。言葉は確かに本当のことも言うのも大事ですが、悪い印象を与えるようなことを言うのは避けるべきです。言葉でも明るく言う方が好印象を持たれて、面接に受かりやすくなります。