Nikeの転職/求人情報、口コミと評判、企業の特徴


日本で開催されるオリンピックまで残すところ1年弱となり、これを機にスポーツ業界に転職したいとお考えではありませんか?

日常的にスポーツを楽しんでいる方にはもちろん、普段あまりスポーツにかかわることのない方にとってもオリンピックという存在は格別であり、またスポーツ用品を取り扱う業界への転職志望者も増えるものです。

今回は数あるスポーツ用品ブランドの中でも、長年に亘って人気を誇っているNike(ナイキ)に転職を希望している方に向けてさまざまな角度からご紹介したいと思います。

NIKE(ナイキ)の概要

Nike(ナイキ)はアメリカ合衆国のオレゴン州に本社を置く世界的なスポーツ用品ブランドです。

Nikeというブランド名の由来はギリシャ神話の「ニーケ」から取られていることも広く知られていますね。

スポーツブランドの大半は長い歴史を持っている傾向にある中、Nikeは振興メーカーとして急激な成長を遂げていきました。

1970年代からは広告キャンペーンに力を入れ、技術開発にも余念がありませんでした。

その結果エアソールを使用したナイキ・テイルウンドの発売に繋がり、世界的に著名なエアジョーダンシリーズやエアマックスシリーズの発売へと続きました。

NIKEの持つテクノロジーには以下のようなものがあります。

  • ワッフルソール
  • AIR(エア)
  • Lunarlon(ルナロン)
  • React Form(リアクトフォーム)

また著名な製品には以下のようなものがあります。

  • コルテッツ
  • エアフォース・ワン
  • エアジョーダン
  • エアマックス
  • ショックス

これまでNikeファンではなかったという方でも必ずや知っている製品がひとつはありますよね。それだけ広い知名度を誇っているということでしょう。

NIKE(ナイキ)の年収は高いの?

Nikeも外資系企業の一端なので、給与面では日系企業よりも期待できそうな気がしますよね。実際のところどの程度のレンジであるかをご紹介しましょう。

  • 20~30歳:300~380万円程度
  • 30~40歳:440~480万円程度
  • 40~50歳:520~570万円程度
  • 50~60歳:630~720万円程度

年齢別で見るとこのような金額だそうです。

当然ながら年齢でポジションが異なってくるわけではないので、より上位にあるポジションにつくことができれば、年齢に限らず給与のレンジは上がること間違いないでしょう。

Nikeにおいては、企画・事務・管理系部署>>運輸・物流・設備系部署>>営業系部署>>販売・サービス系部署という順番で給与のレンジは高いそうです。

こちらも参考にしながら転職する際に所属したい部署を検討してみると良いのではないでしょうか。

NIKE(ナイキ)で募集しているポジション

ここまでご紹介してきたNikeですが、現状日本国内において採用活動を行っているのでしょうか。

結論からいうと、現在もNike(ナイキ)では採用活動を熱心に行っています。とても心強い情報ですね。

公式採用ページ:Nike Careersホーム
2019年11月14日現在では日本国内において20件の求人情報が見つかりました。

ACCOUNT MARKETPLACE OPERATIONS MANAGER

CUSTOMER SERVICE
Tokyo, Japan

ACCOUNTING MANAGER, O2C (ORDER TO CASH)

FINANCE & ACCOUNTING
Tokyo, Japan

ASSISTANT STORE MANAGER アシスタント ストア マネージャー(勤務地応相談)

RETAIL STORES
Tokyo, Japan

COACH コーチ (部門責任者)勤務地応相談

RETAIL STORES
Tokyo, Japan

CONSUMER SERVICES ATHLETE (CONTRACT)

CUSTOMER SERVICE
Tokyo, Japan

CONTRACT MANAGEMENT COORDINATOR (CONTRACT)

LEGAL
Tokyo, Japan

FINANCE MANAGER, RETAIL BUSINESS PLANNING

FINANCE & ACCOUNTING
Tokyo, Japan

FINANCE PLANNING MANAGER, WHOLESALE

FINANCE & ACCOUNTING
Tokyo, Japan

INVENTORY OPERATIONS MANAGER

SUPPLY CHAIN, DISTRIBUTION & LOGISTICS
Tokyo, Japan

IRM NIKE.COM COORDINATOR (CONTRACT)

MARKETING
Tokyo, Japan

LEAD DIGITAL COMPLIANCE ANALYST

LEGAL
Tokyo, Japan

NEW COMMERCE BUSINESS MANAGER, NIKE DIRECT DIGITAL

DIGITAL
Tokyo, Japan

NIKE APP CONTENT AUTHOR (CONTRACT)

DIGITAL
Tokyo, Japan

OPERATION PROGRAM COORDINATOR (CONTRACT)

SUPPLY CHAIN, DISTRIBUTION & LOGISTICS
Tokyo, Japan

SENIOR FINANCE ANALYST, PRODUCT & MARGIN

FINANCE & ACCOUNTING
Tokyo, Japan

SNKRS MANAGER, NIKE DIRECT DIGITAL COMMERCE

DIGITAL
Tokyo, Japan

SNKRS PRODUCER, NIKE DIRECT DIGITAL COMMERCE

DIGITAL
Tokyo, Japan

STORE MANAGER ストア マネージャー (勤務地応相談)

RETAIL STORES
Tokyo, Japan

SUPPLY CHAIN BUSINESS CONSULTANT

TECHNOLOGY
Tokyo, Japan

TRADE SPECIALIST

SUPPLY CHAIN, DISTRIBUTION & LOGISTICS
Tokyo, Japan
引用元: Nike Careersホーム

NIKE(ナイキ)の口コミ・評判

現在もたくさんの部署においてさまざまなポジションで求人があるとわかったところで、参考になる元社員・現社員のNIKE(ナイキ)に関する口コミに目を通してみましょう。

企業の良いところ、悪いところを事前にしっかりと知ってから転職活動をすることで、ギャップを少なくすることができます。

20代・男性

Nikeで働くことは、部活時代からの夢でした。

学生時代に一番取り組んだことがスポーツだったので、絶対にスポーツ関連用品ブランドに就職したいと思っており、その中でも自分自身が愛用している用品を取り扱うNikeに就職したいと強く思っていました。

入社してから、お客様の立場から一点社員として務める中で、いちファンであった時代よりもなおNikeファンになっています。

スポーツを愛するすべての人に向けた熱心な開発、そしてよりスポーツを楽しんでほしいという思いは誰にも負けない企業だと思います。

30代・女性

Nikeに転職して、一番に良いと感じるのは給与体系の良さです。

ボーナスがインセンティブ制なので、変動が激しいのは事実ですが、自分が頑張っただけ給与に反映されるので、やる気に直結します。

昇給も毎年1回あり、年功序列ではないので能力主義の方にオススメします。

30代・男性

Nikeに勤務していて、スポーツへの愛は深まるばかりでした。

自分のように長年にわたりスポーツに携わってきた人間でなくても日々スポーツに関連する製品開発に力を入れている社員もおり、製品への愛だけではなくスポーツと企業に対して熱い思いを持っている人間の多い会社だと感じていました。

ただし、外資系企業のイメージよりは残業が多いかもしれません。

夜遅くになってもオフィスに社員が多くいることもままあり、外資系企業に転職すれば17pmシャープ帰宅が叶うと思う方にはあまりおすすめしません。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

すでにNike(ナイキ)というブランドに魅了されていたという方だけではなく、今回転職先のひとつとして初めて検討してみたという方にとってもとても魅力的な企業であるということが伝わったのではないかと思います。

スポーツは一部の方のためのものではなく、誰にとっても楽しめるものであるという醍醐味がありますよね。

オリンピックを前にNike(ナイキ)に転職したいと思われた方は、アズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーのように、スポーツ用品ブランドへの転職支援が豊富で、業界に関して広く知識を持っている転職エージェントにまずは相談してみましょう!

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事