転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > イタリアラグジュアリーブランドの店舗付VMDスタッフへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル

イタリアラグジュアリーブランドの店舗付VMDスタッフへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル

人気企業・大手企業の転職には、利用者の10人に6人は内定する転職エージェント経由がおすすめです。

人気の企業では応募者が殺到し、優秀者な方が埋もれてしまう為、求人を非公開にして、転職エージェントを利用する傾向があります。

人気企業・大手企業で年収アップしたい…という方は、転職エージェントに登録して相談してみるのをおすすめします。

転職のご相談ならアズール&カンパニーにおまかせ

業界に精通したコンサルタントが
無料でサポートします

まだ転職を決めていなくても相談できます


ファッションの世界でキャリアをスタートさせたなら、いつかは外資系企業でその実力を試してみたいと思いますよね。

実力主義、結果第一主義と言われる外資系ファッション業界の中でも、今回の記事ではイタリアラグジュアリーブランドの店舗付VMDスタッフに転職する場合を例にとり解説したいと思います。

イタリアラグジュアリーブランドとは?

イタリアラグジュアリーブランドと耳にして、まずイメージするのはどのようなブランドでしょうか。ファッションの聖地ミラノを首都に構えるイタリアには、さまざまなジャンルのラグジュアリーブランドが存在します。以下の中で、特に働いてみたいと思うブランドはありますか?

イタリアブランドの王道!「グッチ(GUCCI)」

グッチは、1921年にイタリアの街、フィレンツェでグッチオ・グッチが創業した革製品工場が起源となるブランドです。乗馬の文化にインスパイアされた「ホースビットローファー」をはじめ、財布や靴などさまざまな展開をしているブランドでもあります。

シンプルだけれど複雑なデザイン性がユニークな「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」

ボッテガ・ヴェネタは、1966年にイタリアの街ヴィチェンツァで誕生した高級革製品ブランドです。「イントレチャート」と名前のついた独特の編み込みデザインが特徴で、男性の小物には特に人気が集中しています。

佇まいから圧巻のブランド「フェンディ(FENDI)」

フェンディは、1925年にフェンディ夫妻がイタリア・ローマに革製品店をオープンして始まりました。毛皮のコートで一世風靡し、毛皮に旬なトレンドのデザインを施して発表するブランドとして著名です。

可愛らしさとデザイン性が旬!「ヴァレンティノ(VALENTINO)」

ヴァレンティノは、北イタリアでヴァレンティノ・ガラヴァーニが1959年に創立したファッションをトータルでプロデュースするブランドです。伝統のみならず、その時期のトレンドを取り入れた、キャッチーな要素を持っていることが特徴のブランドです。

上品で端正なデザインと言えば…「プラダ(PRADA)」

プラダは、1913年にイタリアで創業されました。レディースのプレタポルテはもちろんのこと、ナイロン製のバッグや財布も発表すると同時に大人気となり、メンズラインも常に人気を保ち続けているブランドです。

各ラグジュアリーブランドの転職エージェントの取引実績は、下記にも掲載されていました。
■外資系ラグジュアリーブランドのPR職はこちら
外資系ラグジュアリーブランドのPR職の中途採用・求人特集 業界動向や想定年収などを解説 | 外資系企業、消費財業界の転職・求人なら ー アズール&カンパニー

■外資系ラグジュアリーブランドのMD職はこちら
外資系ラグジュアリーブランドのMD職の中途採用・求人特集 業界動向や想定年収などを解説 | 外資系企業、消費財業界の転職・求人なら ー アズール&カンパニー

VMDとは?

VMDとは、ビジュアル・マーチャンダイジング(visual merchandising)の略です。

ビジュアル・マーチャンダイジングは、ブランドショップの内装や店内のレイアウトなどをプランニングするのが仕事です。製品をより一層魅力的に見せるようにし、お客さんが入りやすい売り場作りを目指します

イタリアラグジュアリーブランドにおいては、ブランドの歴史や魅力を理解して、ブランドらしさを損なわないようにしつつ、製品の魅力を最大限にアピールできるようにするのが業務になります。

店内のレイアウトをプランニングするには、流行に関する知識も欠かせません。他ブランドのショップなどを観察しつつ、マーケティング戦略を駆使しながらショップを作り上げていきます。

VMDの仕事を行うには、専門的な知識が不可欠です。日本国内においては、VMDの仕事に就くには、「商品装飾展示技能検定」の資格取得しておくと有利になります。「商品装飾展示技能検定」は、厚生労働省にも認められた“技能検定”で、トレンドを意識した効果的な売り場作りを行える証となります。

イタリアラグジュアリーブランドの店舗付VMDスタッフの主な業務内容を解説

イタリアラグジュアリーブランドにどのようなブランドがあるかわかったところで、次に具体的な業務内容の説明をいたします。

シーズン・トレンドごとに合わせたディスプレイの維持・向上

ブランドが打ち出すイメージに合わせて、店舗のディスプレイを企画し実行していくことを担います。「中に入りたい」「よく見てみたい」と感じてもらえるショップにするために、入口前のレイアウトに工夫をしてみたりしつつ、購買率・集客力を向上させていきます。

セールスチームと協同してシーズンごとのVMDプランを策定

店舗で実際に行ったディスプレイを元に、シーズンごとに行うVMDの策定をするのも業務の一環となります。シーズンアイテムを分類・整理し、より見やすく、より魅力的にし、手に取りやすいようなレイアウトを行います。

プロモーションに合わせたディスプレイを立案・実行

ブランドがその年に決定したプロモーション、もしくは店舗ごとに立案したプロモーションに合わせたディスプレイを立案し、実行します。ブランドが取り扱う商品の中でも、特に売り出したい商品や売れそうなアイテムをピックアップし、その魅力を最大限に引き出せるようにディスプレイします。

各種ツール発注など

基本的にVMDに使用するものは自分で発注業務を行うことになります。

店舗での販売

場合によっては、お客様のフォローも担当することになります。

気になる待遇

イタリアラグジュアリーブランドの店舗付VMDスタッフとして勤務する場合、待遇はどのようなものであるか気になりますよね。実際の求人情報を参考にすると、以下のようです。

まず基本的には正社員として雇用されるので、それに伴い福利厚生は整っているケースが多いことが特徴です。

具体的には通勤手当、健康保険、厚生年金、雇用保険、制服貸与、社員割引制度、退職金制度(勤続3年以上で対象)が完備されている場合が多いです。

年収は目安として350~500万円前後が予定されていますが、これまでの経験や、成果で特にアピールできるものがあれば、この金額は増えることもあるので転職の機会にはアピールしておきましょう。

イタリアラグジュアリーブランドの店舗付VMDスタッフの働きやすさ

VMDスタッフは、ブランドの売り上げ・集客力向上を左右する存在です。そのため、ブランド内でも重要な存在として尊重されるといえるでしょう。正社員としての雇用が中心になるので、福利厚生や給与もしっかりとしているはずです。

ただし、VMDスタッフとして活躍していくには、新しい情報をどんどん取り込んでいかなくてはなりません。商品を見やすく配置するにはどうすればいいか、今はどのようなアイテムに集客力があるのか、といったことを常に調査していかなくてはなりません。

ですので、自身をアップグレードしたり、情報を常に収集したりすることに大変さを感じる人は働きにくさを感じるといえるでしょう。

イタリアラグジュアリーブランドの店舗付VMDスタッフに向いている人物像

以下のような特徴のある人は、VMDスタッフに向いています。

  • イタリアラグジュアリーブランドの魅力を理解している
  • センスがある
  • ファッションのトレンドに敏感

VMDスタッフの仕事は、そのブランドがどんな魅力を持っているのかを、ショップレイアウトを通じて発信していくことにあります。

ですので、イタリアラグジュアリーブランドの魅力を理解していて、ショップレイアウトによって、ブランドの世界観を出せるような人が向いています。

そのためには、マネキンをコーディネートできるセンスやファッションのトレンド情報に敏感で、時代の最先端を演出できる存在であることが重要になるでしょう。

イタリアラグジュアリーブランドの店舗付VMDスタッフに求められるスキルとは?

実際にイタリアラグジュアリーブランドの店舗付VMDスタッフとして勤務する上で必要となるスキルにはどのようなものがあるでしょうか。以下参考にしてみてください。

  • ファッション業界におけるVMD業務の経験(必須)
  • 日常会話レベルの英語力(VMD責任者とのコミュニケーションが英語となるため)
  • コミュニケーション能力の高さ
  • 業務を円滑に進められる能力
  • クリエイティブセンスが高く、率先して自分で考えられること
  • ブランドに対して情熱を持って、チームの士気を高める能力

イタリアラグジュアリーブランドの店舗付VMDスタッフとして転職するコツ

まず、知っておきたいのがイタリアラグジュアリーブランドの店舗付VMDスタッフの求人は減少傾向にあるということ。

ブランドイメージの演出のために、VMDスタッフは重要ですが、店舗スタッフや販促スタッフなどの兼任で賄ってしまうケースも増えています。

さらに、VMDスタッフは、ブランドのイメージや世界観を知っていなくてはなりません。そのため、ブランド側も中途採用や新卒採用でVMDスタッフを採用するのではなく、ブランドのことを熟知しているショップスタッフなどの中から適性がある人をローテーション採用することが多いようです。

ですので、イタリアラグジュアリーブランドの店舗付VMDスタッフになりたいのならば、興味があるブランドのショップスタッフからスタートし、VMDスタッフにキャリアチェンジするのがおすすめになります。

また、VMDスタッフは募集していなくても、VMDのアシスタントを多数募集しているケースもあります。VMDのアシスタントとして活躍できれば、将来的にVMDになれるチャンスもあります。ですので、まずはVMDのアシスタントを目指すのも転職のコツになるでしょう。

転職エージェントに相談しておくのも効率よく転職活動するコツになります。
VMDスタッフの求人情報をお探しなら、下記の転職エージェントで非公開求人を探されることをおすすめします。

おわりに

転職してイタリアラグジュアリーブランドの店舗付VMDスタッフとしてキャリアを積んでいきたいとお考えだった方は、イメージが膨らんだのではないでしょうか。ただし転職は専門のエージェントと二人三脚で進めたほうがよりゴールに近いと言えます。

たとえば、これまで多岐にわたる転職活動のサポートを経験してきた「アズール&カンパニー」のような転職エージェントなら、あなたにピッタリのアドバイスをくれますよ!

関連記事

おすすめ転職会社5

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事