転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > コンサル転職 > 【生の声】著名OBOGを多数輩出!外資系コンサル転職経験者の口コミ、外資コンサルの評判・体験談

【生の声】著名OBOGを多数輩出!外資系コンサル転職経験者の口コミ、外資コンサルの評判・体験談


外資系企業に転職するなら、憧れのコンサル業界一択!とお考えではありませんか?

経済界で活躍するさまざまな著名人の経歴にも外資系コンサルティング企業の名前が連ねられることも多く、外資系コンサルティング企業での就業経験は一流のビジネスパーソンになる上で欠かせない経歴と言っても言い過ぎではないかもしれません。

この記事では、そんな外資系コンサルティング業界に関するさまざまな情報をお伝えします。ぜひ参考にして転職活動に役立ててくださいね!

【生の声】外資系コンサル経験者が語る「外資コンサル時代」

それではまず、外資系コンサルティングファームでの就業経験を持つ方の生の声を聞いてみましょう。

マッキンゼー・アンド・カンパニー出身者の声

どなたも皆マッキンゼーでの経験をとてもプラスにとらえている様子が伝わってきますね。ツイートを読んでいくと、マッキンゼー・アンド・カンパニー時代の動機や先輩と頻繁に意見交換をしたり、プライベートの自分も共有している様子が伺えます。互いに刺激を与えあい、ビジネスでも協力しあっている方がとても多い印象です。

ボストンコンサルティンググループ出身者の声

ボストンコンサルティンググループ出身の方もなお、自分のその後のキャリアにボスコン時代の経験を存分に生かしている様子が伺えます。

その後起業した方も、大手企業に転職した方もいらっしゃいますが、どの方もボストン時代に培ったスキルや経験を大切に思いながら過ごしているそうです。

外資系企業を代表する業界、外資コンサルとは

マッキンゼー、ボスコン、といえば泣く子も黙る外資コンサルの最高峰として知られる大企業ですよね。

それらの企業名は誰もが耳にしたことがある一方で、どのような役割を伝える企業なのかといったところまですべからく理解している方は経験者でない限り意外に少ないものです。コンサルティング企業とは一体どのようなものなのか、この章ではご紹介します。

戦略系コンサルティングファーム

戦略系コンサルティングファームでは、企業における全社的な戦略や、M&Aをはじめとした事業統合の支援などを主に行います。

携わる業務は企業経営の中でも再上級と言われるレベルであり、その業務に携わる人材はトップクラスの新鋭陣であることは言うまでもありません。当然ながらこのようなタイプのコンサルティング会社に入社するのは難関と言えます。

旧会計事務所系コンサルティングファーム

旧会計事務所系コンサルティングファームでは、IT分野に特化したシステム導入、経営戦略、人事戦略をはじめとしたインターナルな戦略など幅広い業務を担当します。このようなコンサル業務のことは「総合コンサル」とも呼称します。

IT系コンサルティングファーム

IT系コンサルティングファームには2タイプあり、システム構築をメインの業務としたSIer系、そしてERPなど基幹業務ソフトの導入のフォローアップを担当するベンダー系が存在します。

このタイプのサンルティング業務の場合、経営戦略という内容よりも業務よりのコンサルティングが主な業務となるケースが多いという特徴があります。

総研(シンクタンク系)コンサルティングファーム

日系シンクタンクの場合、経営に携わる戦略的なアドバイスをする立場よりも、企業研修やデータに基づいた企業改革のアドバイスなどをメインに行っています。セミナーの開催や、企業内の問題解決に伴う業務も多く手がけています。

専門系コンサルティングファーム

専門系コンサルティングファームでは、人事や経理、ブランド戦略といった狭い範囲で専門性の高い分野におけるアドバイスをメインの業務としています。

経営そのものにおけるコンサルティングをすることは稀であり、既存の人事体系をどのように改善していけば良いか(大型リストラの施行など)、特定のブランドをどのようなターゲットに売り込んでいけば効果的な、などとういったアドバイスをします。

外資系コンサル出身の著名な人物

外資系コンサルティングファーム出身者といえば、その後退職後にも華々しく活躍している印象を持っている方が多いのではないでしょうか。どのような方が外資コンサル出身かを知ることで、よりくっきりとイメージを持てるかもしれません。

  • 大前研一氏
  • 小林りん氏
  • 岩瀬大輔氏
  • 松本大氏
  • 勝間和代氏

上記の方々は皆外資系コンサル出身です。それぞれにコンサルで身につけたスキルや経験を糧に現在も活躍されていますね。

彼らの業績について詳細が気になる方はこちらの記事も参考にしてみてください。外資系とは何か?今さら過ぎて聞けない人のための外資系企業の基礎知識 | 転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト

さいごに

外資系企業を代表する企業である外資系コンサルティングファームに興味を持ち、転職を希望される方はとても多く、また企業側が求める人物像もとても限られているため狭き門とされています。

しかしながら、少なからず優秀な方が入社し、そして日々切磋琢磨しているという事実があります。狭き門だということにたじろぐことなく、今自分にできることを前向きに進めていくことこそが転職成功の道と言えます。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事