転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > コンサル転職 > ドリームインキュベータで日本から世界へ!転職方法から年収・仕事内容まで完全網羅

ドリームインキュベータで日本から世界へ!転職方法から年収・仕事内容まで完全網羅


外資系企業に転職したいという気持ちの中でも、とくに「外資系コンサルティングファームに転職して、経営戦略に携わりたい!」とお考えではありませんか?

外資系コンサルティングファームと一口にまとめても、実に企業数も多く、また専門とする分野も異なります。

希望するような業務に確実に関わることのできるファームに転職を成功させるためにも、企業研究をしっかりとしておきましょう。

この記事では、外資系コンサルティングファームについてご紹介した上で、外資系と同時に検討してみて欲しいコンサルティングファームである「ドリームインキュベータ」をご紹介します。ぜひ転職活動の参考にしてくださいね!

外資系コンサルティングファームとは?

外資系企業への転職、という中でも特に人気であり続けているのがコンサルティングファームへの転職です。

この記事では、まず外資系コンサルティングファームにどのような企業があるかをご紹介し、その中でもとくに注目していただきたいコンサルティングファームを解説します。

外資系コンサルティングファームの業界には分類がある!

外資系コンサルティングファームには以下のような分類があり、それぞれに専門性を持っています。

  • 戦略系コンサルティングファーム
  • 総合系コンサルティングファーム
  • IT系コンサルティングファーム
  • 人事系コンサルティングファーム
  • 医療・ヘルスケア系コンサルティングファーム

転職市場において人気が集まるファームは大まかにこの6つのファームとなっています。それぞれにどのようなファーム(企業)が属しているかも見ていきましょう。

戦略系コンサルティングファーム

戦略系コンサルティングファームには、

  • マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社
  • ボストン・コンサルティング・グループ
  • ベイン・アンド・カンパニー
  • A.T.カーニー

などが分類されます。拠点が欧州でありグローバルにコンサルティングサービスを展開しているという特徴があります。

誰もが知る超有名企業ばかりであり、経営戦略や事業戦略に関する知識、経験値、そしてスキルは世界トップクラスばかりです。

総合系コンサルティングファーム

総合系コンサルティングファームには、

  • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
  • アクセンチュア株式会社
  • PwCコンサルティング合同会社
  • アビームコンサルティング株式会社

などが分類されます。これらのファームは会計系ファームを主体でとしてきた企業としての歴史があり、その経験から戦略立案や業務改善、そしてシステム導入・アフターフォローまでのすべてにおけるフェーズでサポートができるという強みを持っています。

IT系コンサルティングファーム

IT系コンサルティングファームには、

  • フューチャーアーキテクト株式会社
  • ガートナー ジャパン株式会社
  • ウルシステムズ株式会社
  • ケンブリッジテクノロジーパートナーズ
  • などが分類されます。これらのファームは最大規模の企業だけでなく、中小企業、ベンチャー企業などのIT戦略や業務改革サポートをフォローしているという特徴があります。

    規模の合わないレベルでのコンサルテイングではなく、企業の規模に合わせて最適なサポートができるという強みを持っています。

    医療・ヘルスケア系コンサルティングファーム

    医療・ヘルスケア系コンサルティングファームには、

    • メディヴァ
    • グローバルヘルスコンサルティング
    • KPMGヘルスケアジャパン
    • 日本経営グループ

    などが分類されます。大学病院をはじめ民間病院、医薬品メーカー、バイオベンチャーなどの経営基盤を総合的にフォローしているという点が特徴です。

    人事系コンサルティングファーム

    人事系コンサルティングファームには、

    • マーサージャパン
    • タワーズワトソン
    • コーンフェリーヘイグループ

    などが分類されます。企業組織をどのように改革していきたいかなどの相談に対し戦略策定し人事に関する知識を応用したコンサルティングできるという点が強みと言えます。

    圧倒的勝ち組「ドリームインキュベータ・アンド・カンパニー」とは

    いくつかの分類に分かれ、それぞれの強みを最大限に活かしながらコンサルティングするファームをご紹介してきました。

    次にこの記事では外資系コンサルティングファームではないものの、世界規模の外資系コンサルティングファームと肩を並べるほどの規模と経験を持つ日本発のコンサルティングファームである「ドリームインキュベータ」についてご紹介します。

    ドリームインキュベータを設立したのは、ボストン・コンサルティング・グループで日本代表を務めていた堀紘一氏をはじめとしたメンバーです。

    日本発祥の戦略系コンサルティングファームですが、グローバル戦略をメインに行っています。

    「次世代のソニーやホンダのような基本企業を100社作る」ということを企業理念として掲げており、近年では技術・戦略・政策の融合で可能性を生み出すようなコンサルティングに特化しています。

    ドリームインキュベータの年収目安

    マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループなどをはじめさまざまな戦略系コンサルティングファームの年収についてご紹介してきました。

    それでは日系コンサルティングファームであるドリームインキュベータの場合、その年収はどの程度の金額なのでしょうか。

    年収の良さで外資系コンサルティングファーム一択!とお考えであった方にとっては有益な情報かもしれません。

    • 20代:700~900万円前後
    • 30~39歳:1,000~1,100万円程度
    • 40~49歳:1,200~1,230万円程度

    いかがでしょうか。ちなみにボーナスの金額についても概算ではありますがご紹介しましょう。

    • 20代:100~130万円前後
    • 30~39歳:140~165万円程度
    • 40~49歳:170万円程度

    年収をメインで外資系コンサルティングファームへの転職を検討している方の場合、意外に日系のコンサルティングファームでも高水準の年収を得ることができるとおわかりいただけたのではないでしょうか。

    ドリームインキュベータは中途採用をしているの?

    この記事を読んで、「ぜひドリームインキュベータに転職したい!」と思っていただけたとしたらとても光栄です。そして、2019年6月現在ドリームインキュベータでは中途採用を行っています。
    出典:中途採用 | DI

    募集資格についても詳しく記載されているので、しっかりと内容をチェックして自分が該当するか確認しておきましょう。

    ドリームインキュベータが輩出した著名人たち

    ドリームインキュベータへの関心が高まったところで、こちらのファームが輩出してきた著名人についてもご紹介しましょう。

    ドリームインキュベータで培った経験やスキルを、どのように生かしているかを知る方法のひとつとなりますよ!

    • 清水 敬太(株式会社あきんどスシロー取締役執行役員)
    • 古谷 昇(ジェイアイエヌ取締役)
    • 伊藤 光茂(株式会社Gunosy取締役 最高財務責任者(CFO))
    • 藤岡 清高(アマテラスCEO)

    それぞれ非常にユニークなビジネスの一角となっていることが伝わるのではないでしょうか。

    ドリームインキュベータに転職するには

    ドリームインキュベータへの転職を希望される方は、まず公式ホームページの採用情報をチェックしてみましょう。ただし、この方法だけが全てではありません。

    転職活動において絶対的に欠かせない存在である転職エージェントへのご登録はお済みですか?

    まだであれば、たとえばアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーのような転職エージェントに相談して、転職活動における意気込みや要望を伝えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事