転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > コンサル転職 > 成長したいならベインアンドカンパニーへの転職一択!転職方法・年収・業務内容を徹底研究

成長したいならベインアンドカンパニーへの転職一択!転職方法・年収・業務内容を徹底研究


外資系コンサルティングファームへの転職を検討している方にとって、最も魅力的に映るのが外資コンサルでのタフなビジネス経験から得ることのできる「大幅なスキルアップ」なのではないでしょうか。

この記事では、数ある外資系コンサルティングファームの中でも徹底した成果主義で知られる「ベインアンドカンパニー」について解説します。マッキンゼーやボスコンではなく、あえてベインアンドカンパニーに転職したい!とお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね!

外資系コンサルティング企業とは?

現在外資系コンサルティングファームへの転職を検討されている方は熱心に企業研究をされているのではないかと思います。

さまざまなコンサルティングファームの情報を収集する中で、どのファームにもそれぞれの魅力があり、どこを第一志望にするか迷っている方も多いことでしょう。

ここでは、外資系コンサルティングファームへの転職を志望している方向けに、企業研究が十分でない状況でも「5分でわかる外資系コンサルティングファーム」をお届けします。

まだどのコンサルティングファームを第一希望にするかも決まっていないという段階の方には、この記事の下でご紹介する、その他コンサルティングファームに関する記事もおすすめですので参考にしてくださいね。

大手外資系コンサルティングファームをご存知ですか?

転職市場の中でも特に人気の高い外資系コンサルティングファームへの転職ですが、その中でも特に人気がある外資系コンサルティングファームは最大手と言われる以下のようなファームです。

  • マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey and Company)
  • ボストン・コンサルティング・グループ(Boston Consulting Group)
  • アクセンチュア(Accenture)
  • ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company)
  • ローランド・ベルガー(Roland Berger)
  • A.T.カーニー(A. T. Kerney)
  • アーサー・D・リトル
  • PwCコンサルティング合同会社

外資系コンサルティングファームを志望している方でなくとも知っているレベルの超有名企業ばかりですね。

知名度の高さは当然のことですが、経験することのできる業務のレベルの高さ、受け取る報酬の当水準さも合わさって、いつも時代の就職する企業としては最難関に分類されます。

そのような最難関とされる企業に入社するチャンスを得ることはもちろん、入社後に経験できる業務から、将来的なキャリアの幅を大幅に広げられることも魅力の外資系コンサルティングファームへの就職が持つ魅力のひとつです。

外資コンサル志望なら「MBB」を目指そう!

最大手の外資系コンサルティングファームといっても上記の通りさまざまなファームがありますが、その中でも「MBB」と呼ばれるトップ3への転職を希望される方が一番多いということは言うまでもありません。

この記事にたどり着いたあなたもきっとそのひとりと言って間違いないでしょう。そのような方にとっては釈迦に説法とも言えますが、ここで改めてそのMBBについておさらいしておきましょう。

「MBBって何?」という方はコンフォ転職活動をしていく上で絶対に知っておかなければなかない3つの企業について予習しておきましょう。

外資系コンサルティングファームの中でもトップティアに君臨し続け、羨望の眼差しを一手に浴びる「MBB」は、

  • McKinsey and Company
  • Boston Consulting Group
  • Bain & Company

のそれぞれの頭文字を取っており、3大戦略ファームとして知られています。

実際に、国内外の大手企業がこの3ファームに企業に関する重要な戦略、プラットフォームを委ねているケースが多く、つまり携われる業務の内容もそれに伴いハイレベルなのです。

このようなケースを扱うファームでこそ経験を積みたい!とお考えの方は言わずもがな多いですよね。この中でも本記事ではベイン・アンド・カンパニーを取り上げてご紹介します。

成果主義の最高峰「ベインアンドカンパニー」とは

「MBB」をご存知の方はもちろん、この記事で知ったという方もきっとこの「MBB」の中の一社に転職したい!と強くお考えになっているのではないでしょうか。

ファームの規模、携わる業務の内容、レベルすべてにおいてトップレベルと言えるこの3ファームの中でも特に「成果主義」と言われるベイン・アンド・カンパニーについて、どの程度ご存知ですか?気になる年収も含めてご紹介します。

ベイン・アンド・カンパニーの歴史

ベイン・アンド・カンパニーは、1973年に設立された経営コンサルティングファームです。世界では7,000名を超えるスタッフを持ち、東京には1981年にオフィスを開設しています。

ベイン・アンド・カンパニーの特徴

ベイン・アンド・カンパニーが他の経営コンサルティングファームの中でも特に重要視しているのは「成果主義」というスタンスです。

クライアントに対して抜本的な改善を目に見える形で提案できる、そして実行する以上必ず結果を出すという姿勢を持っており、そのようなカルチャーに共鳴できるスタッフが揃っています。

ベイン・アンド・カンパニーの強み

ベイン・アンド・カンパニーに限った話ではないですが、グローバスでケースを共有しているため、経験してきた経営に関するコンサルティングは数えきれないほどあり、その経験を活かしたアイディアをクライアントに対して即時に提案できるという強みを持っています。

この強みが、ベイン・アンド・カンパニーの最大の特徴である「成果主義」につながります。

ベイン・アンド・カンパニーはプロボノ活動(専門性を持った人物がボランティアとしてその専門性を活かした活動をすること)にも力を入れており社会活動にも熱心なファームとして認識されています。

ベインアンドカンパニーの年収目安

外資系コンサルティングファームの中でも最高峰にあるMBBのうちの一社、ベイン・アンド・カンパニーの年収はとても気になりますよね。業務そのものもタフなので、年収の魅力だけでは語れませんが、参考まで見ていきましょう。

初任給から高収入

ベイン・アンド・カンパニーに新入社員で入社した場合、初任給は約650万円とのことです。まだ社会人経験も浅い新卒社員に対してこれだけの給与を払う企業はそう多くないのでインパクトが強いですよね。

5年目にもなるとさすがの報酬金額

ベイン・アンド・カンパニーに入社して5年間程度継続して勤務をし、またファームが求める水準の成果をあげられている場合、年収はなんと約1,500万円まで伸びます。日本企業の中では部長職程度でないともらえない金額なので、これまた驚きですね。

10年目は評価次第

ベイン・アンド・カンパニーに入社して10年間継続勤務できるのはほんの一握りといっても過言ではないでしょう。

タフな業務、そして切磋琢磨の続き環境で生き残れた場合、その年収は約3,000万円から5,000万円までと増えます。

ここまでの金額となると日本企業では上層部の役員報酬でないと手にすることができない金額ですが、ベイン・アンド・カンパニーの場合、能力さえあれば10年目で手に入れることができるのです。

ベインアンドカンパニーが輩出した著名人たち

外資系コンサルティングファームに転職する場合、憧れだけではモチベーションを保つことができません。もし仮に入社が叶っても、転職成功がゴールとなってしまっていた場合には伸びしろは0になってしまいます。

外資系コンサルティングファームでの勤務を希望する場合、常に目線を高く持つような努力が必要となります。

それを可能にするためにも、ロールモデルとなるような先輩を見つけることが重要となります。ベイン・アンド・カンパニーの場合、どのような著名人を輩出しているのでしょうか。

  • 相木孝仁 – 楽天コミュニケーションズ取締役副社長
  • 秋山浩保 – 千葉県柏市長
  • 坂上巧 – チャン ルー ジャパン株式会社代表取締役社長
  • 七條良一 – 元オフィス・デポ・ジャパン代表取締役社長
  • 橘・フクシマ・咲江 – G&S Global Advisors代表取締役社長、コーン・フェリー・インターナショナル社アジア・パシフィック地域最高顧問
  • タッド・バッジ – 東京スター銀行取締役会長
  • 平井孝志 – ローランド・ベルガー取締役・パートナー

男女ともにさまざまな分野で活躍する著名人を輩出していることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

ベインアンドカンパニーに転職するには

外資系コンサルティングファームに転職したい、と思った時にまずあなたが取るアクションはどのようなものでしょうか?外資系企業への転職を考えた場合に重要視していただきたいのは、

  • スピード感
  • 効率の良い行動
  • 自分を魅力的に伝えるスキル

の3点です。これらのすべて自分だけでまかなえるという頼もしい方もいらっしゃるかもしれませんが、より効果的にこれらを実現するためにも転職における専門家の力を借りることをオススメします。

転職における専門家とは、ずばり転職エージェントです。これまで数々の転職志望者の希望を叶えてきたプロフェッショナルだからこそ気づくあなたの魅力があります。

たとえばアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーのような転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。外資系企業への転職アドバイスにおいてはピカイチです。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事