圧倒的勝ち組マッキンゼー!転職方法から年収・仕事内容まで完全網羅


外資系企業への転職を検討している方々の中でも、特に人気のある業界が「外資系コンサルティングファーム」です。

限られた時間の中で、経験に基づいた適切なアドバイス、そして数値的根拠に根付いた経営に関する抜本的なアイディアを提供する外資系コンサルティングファームの一員となることは、

もしかしたら数ある外資系企業への転職・キャリアにおいてもずば抜けて輝かしいものであると言えるかもしれません。

この記事では、そのような中でも圧倒的な勝ち組としてのポジションを保ち続けているマッキンゼー・アンド・カンパニーについて解説していきたいと思います。

外資系コンサルティング企業とは?

外資系コンサルティング企業、と聞いた時にどのようなイメージをもたれますか?

超エリートの集まるところ、タフな勤務体系、スタイリッシュなスーツに身を包んでビジネスをリードしている、超高収入などさまざまなイメージを持たれる方が多いと思いますが、転職を志望している方々向けに、「5分でわかる外資系コンサルティングファーム」をお届けします。

外資系コンサルティングファームといえば?

マッキンゼー・アンド・カンパニーやボストン・コンサルティング・グループなどは数あるコンサルティングファームの中でも特に著名であり、かつ請け負うビジネスも最大級といえますが、それ以外にも大手外資系コンサルティングファームには以下のような企業があります。

  • マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey and Company)
  • ボストン・コンサルティング・グループ(Boston Consulting Group)
  • ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company)
  • ローランド・ベルガー(Roland Berger)
  • A.T.カーニー(A. T. Kerney)
  • アーサー・D・リトル
  • PwCコンサルティング合同会社
  • アクセンチュア(Accenture)

どのコンサルティングファームも聞き覚えのあるであろう一流企業ですよね。外資系コンサルティングファームへの転職を希望している方であれば、できることならばこの中の一社でビジネス経験を積んでみたいと思っているのではないでしょうか。

「MBB」と評される外資系コンサルティングファーム

広く知られている外資系コンサルティングファームをご紹介した中で、特に気にあった企業はありましたか?

それぞれのファームにそれぞれの特徴と魅力があり、また独立した強みを持っているものですが、数ある外資系コンサルティングファームの中でも、特にトップクラスとされなにかと比較されるのが「MBB」です。これは、

  • McKinsey and Company
  • Boston Consulting Group
  • Bain & Company

のそれぞれの頭文字を取っており、3大戦略ファームとして知られています。「外資系コンサルティングファームに転職したい!」という方よりも、実際にはこれらの3社のうちのどれかでコンサルティング経験を積んでスキルを向上させたい!という方のほうが多いのも事実です。

圧倒的勝ち組「マッキンゼー・アンド・カンパニー」とは

そこで、この記事ではタイトルの通り「MBB」の中でもトップにそびえ立つ「マッキンゼー・アンド・カンパニー」に関して詳しく解説していきたいと思います。

圧倒的勝ち組、というやや煽り気味なタイトルのように感じられるかもしれませんが、やはりマッキンゼー・アンド・カンパニーでのコンサルティング経験を有する人材がトップレベルとされるには理由があるようです。

早速具体的にマッキンゼー・アンド・カンパニーについておさらいしてみましょう。

マッキンゼーの年収目安

巷で高収入の代名詞としても呼び声の高いマッキンゼー・アンド・カンパニーですが、実際にどの程度の収入を得ているのでしょうか。

初任給から高収入

マッキンゼー・アンド・カンパニーで新卒もしくはその程度の社会人経験を持つ社員に対して支払う初任給は約700万円であると言われています。

超高収入のイメージからするとそうでもないように感じ取る方もいらっしゃるかもしれませんが、これはあくまでも初任給です。

5年目になるとプチセレブ

マッキンゼー・アンド・カンパニーで5年間程度勤務し、確実な成果をあげることができている場合、受け取る年収は約1,500万円をゆうに超えると言われています。

さすがにこの金額を5年間の社会人経験で得ることのできる人はとても稀であるということは言うまでもありません。日本全体であれば上位1.2%に入る程度の年収となります。

10年目になるとサラリーマンでは最高峰レベル

マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社して10年間程度の職務経験を詰めた場合、その収入は3,000万円~5,000万円程度と破格になります。ここまでの高収入となると、日本全国でも上位0.2%の年収ろなります。

マッキンゼー・アンド・カンパニーに勤務することで得られる収入は確かに高水準ですが、それだけを目的に転職先として希望するのは絶対におすすめしません。その理由についてはこのあとご紹介します。

コンサルがオワコンって本当?

外資系コンサルティングファームでの就業経験を経てタレントになったり、起業家として成功して著名になっていたり、企業コンサルティングのプロフェッショナルになっているような人物が多いことから、外資系コンサルティングファームに転職できれば、

  • 経歴としても超一流
  • 収入だって上位0.2%を狙える
  • 起業するチャンスにも恵まれる

などという風に捉えている方も多いのが現状です。もちろん、それらの方々も転職活動の中でもそれらしい志望動機や今後達成したいことを語りますが、心のどこかで上記のような気持ちが勝っている部分があります。

しかし、そのような浮ついた気持ちでは、たとえMBBのような外資系コンサルティングファームへの転職がかなったとしても、そこで終わってしまう可能性が大いにあります。その理由としてこちらの映像がとても参考になります。

こちらの動画で配信されているのは主にマッキンゼー・アンド・カンパニー、そしてボストン・コンサルティング・グループについてですが、どの外資系コンサルティングファームにおいても同様のことが言えるのではないかと思います。

  • 外資系コンサルティングファームに入社すれば自ずとスキルがつく時代は終わった
  • トップレベルの同僚たちとともにアチーブするためには転職以上の努力・スキルが必要

これらのことを無視してチャンスを手に入れても、その先に待っているのは地獄かもしれません。

マッキンゼーが輩出した著名人たち

マッキンゼー・アンド・カンパニーで経験を積むことで、他業界ではそうそう得ることのできないタフなビジネス経験、そして高額な報酬を得ることはできるということは十分伝わったのではないかと思います。

次に、実際にマッキンゼー・アンド・カンパニーでビジネス経験を積み、その後著名となった方々をご紹介します。

ご自身のロールモデルとなるような方を見つけると、コンサルティング業務をした先に自分が何を突き詰めていきたいかという気持ちまで見えてくるかもしれません。

  • 安達保 – カーライルジャパン共同代表
  • 石井てる美 – お笑いタレント
  • 大前研一 – 元日本支社長、ビジネス・ブレークスルー代表取締役、カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授
  • 勝間和代 – 著述家、評論家、経営コンサルタント
  • 川鍋一朗 – 日本交通株式会社代表取締役
  • 木下由美子 – Jリーグ常任理事
  • 小暮真久 – NPO法人TABLE FOR TWO代表理事
  • 古森剛 – マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング極東地域代表兼日本法人社長
  • 佐藤弘志 – ブックオフコーポレーション代表取締役社長
  • 高島宏平 – オイシックス・ラ・大地代表取締役
  • 田中裕輔 – ロコンド代表取締役兼シャディ代表取締役会長
  • 豊田剛一郎 – 医師、メドレー代表取締役
  • 南場智子 – ディー・エヌ・エー取締役

これらはマッキンゼー・アンド・カンパニーでのビジネス経験を持つごく一部の人物であり、日本支社でも数々の著名人を輩出しています。

現在の肩書を見てもわかるように、外資系コンサルティングファームでの就業経験を経た後に、同様にコンサルティング業務を続けている方もいれば、スタートアップを起業している方もいます。

いずれにしても、外資系コンサルティングファームでの経験を通じて広く経営に関する知識とスキルを身につけることができたと言えるでしょう。

マッキンゼーに転職するには

マッキンゼー・アンド・カンパニーへの転職はここまでご説明したとおり容易なものではありません。また事前にご自身のスキルや今後突き詰めていきたいことをよく練ることも重要となります。

外資系コンサルティングファームへの転職だけに限ったことではありませんが、ヘッドハンティングで指名を受けて転職するのでない限り、転職に関するプロフェッショナルの力を借りて転職活動をするに越したことはありません。

ここでいくつかマッキンゼー・アンド・カンパニーに転職するためのルートをご紹介します。

  1. 公式企業ホームページの採用情報から採用状況を探る
  2. すでにマッキンゼー・アンド・カンパニーに勤務している人に声をかけてもらう
  3. マッキンゼー・アンド・カンパニーをはじめとした外資系コンサルティングファームへの転職支援をした経験が豊富な転職エージェントに登録する

どの方法でも転職成功につながるチャンスは大いにありますが、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

  • 1.の場合公式サイトにはいつ採用情報が出るかわからないので待ちぼうけになる可能性もある
  • 2.の場合マッキンゼーに勤務する知り合いがいなければ梨の礫
  • 3.の場合優秀な転職エージェントの担当者に出会えるかは運

転職エージェントの力を借りながら転職活動を進めていくのにも確かに運はありますが、現職を持ちながら転職活動をする方にとってはやはり転職エージェントの指示を仰ぎながら進めていくのが最もスピーディーかつ効果的だと言えます。

おわりに

マッキンゼー・アンド・カンパニーをはじめ外資系コンサルティングファームは転職市場の中で超難関であることはもうすでにおわかりいただけたはずです。

体調が悪ければ医師に相談し、歯が痛ければ歯科医師に相談すると安心かつもっとも良いソリューションに出会えるのと同様、転職においては転職エージェントの能力を信頼して進めていくのがベストです。

まずは外資系企業への転職支援で人気がある転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

関連記事

外資コンサル・外資金融・スタートアップ企業への転職志望者に
おすすめのエージェント3社

ムービンムービン

  • コンサルティング業界への転職支援No.1
  • ムービンはあれでこれでそれであれです。

口コミ・評判

コンサルティング業界への転職専門人材紹介会社「ムービン」。戦略コンサルティングファームをはじめとするコンサル転職成功率は業界No.1!...

体験談

ムービンで外資コンサルへの転職に成功した人の体験談記事>

アンテロープアンテロープ

  • 外コン・外資金融・スタートアップへの転職支援経験が豊富
  • ムービンはあれでこれでそれであれです。

口コミ・評判

コンサルティング業界への転職専門人材紹介会社「ムービン」。戦略コンサルティングファームをはじめとするコンサル転職成功率は業界No.1!...

体験談

アンテロープで外資コンサルへの転職に成功した人の体験談記事>

アクシスアクシス

  • シニア・コンサルタント以上の転職成功実績No.1
  • ムービンはあれでこれでそれであれです。

口コミ・評判

コンサルティング業界への転職専門人材紹介会社「ムービン」。戦略コンサルティングファームをはじめとするコンサル転職成功率は業界No.1!...

体験談

アクシスで外資コンサルへの転職に成功した人の体験談記事>