転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職お役立ち情報 > 外資系とは何か?今さら過ぎて聞けない人のための外資系企業の基礎知識

外資系とは何か?今さら過ぎて聞けない人のための外資系企業の基礎知識


「外資系」という言葉を耳にしたことのある方は多いと思いますが、その意味を明確に答えられる方は意外に少ないのではないでしょうか。

「基本的すぎる単語だから、今さら聞けない…」という方のために、外資系とは一体何なのか、外資系企業とはどんな組織なのか、日系企業との違いは?などの基本情報をご紹介していきます。

外資系企業への転職を検討している方は、この記事を参考に、自分に合っているかどうか確認してみてください。

今さらだけど外資って何…?

「外資」とは、日本以外つまり海外・外国の投資家などが投資した資本という意味です。

「外資系」というと、外国人が経営をしている企業、海外からやってきた会社というイメージがありますが、「外資」自体の意味をまずは知っておきましょう。

実態はみなさんがイメージをしていたところとあまり変わらなかったということがわかります。しかし、外資系企業というとそれがどのように変わっていくのでしょうか。

外資系企業とは?

現在の解釈でいうと「海外の株主(投資家)などの言動が影響しやすい企業」が外資系という認識をされていることが多いです。
外資系企業の定義は外国の法人、あるいは外国人が一定程度以上の出資をする日本の企業と定まっています。

しかし、一定以上の明確な定めがないため、◯%以下なら外資系企業ではないとはいえない状態になっているのです。

では、外資系企業の具体的な例を3つご紹介します。

外資系企業の3つのタイプ

外資系企業は3つのタイプに分かれており、それぞれ成り立ちが違います。

1.外国の企業が日本で会社を設立した場合

一般的にこのパターンが一番「外資系企業」と呼ばれているのではないでしょうか。

社名が外国語であることから確実に外資系企業とわかるケースが多く、しかも海外に進出するほど資本が安定しているわけですから、日本に進出する前に知られていることもほとんどです。

代表的な外資系企業の例
検索アルゴリズムや広告などで一気に有名になったグーグル、コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、メーカー系では一般的にP&Gと呼ばれるプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパンなどです。
その他、ファッションではLVMHモエヘネシー・ルイヴィトン、化粧品ではロレアルなどもこの中に含まれます。

2.外国の企業が日本の企業と共同出資で会社を設立した場合

外国の企業が日本の企業と共同出資で会社を設立する場合も一定数存在します。

その場合出資率が日本企業に比べて外国企業が多い場合外資系と呼ばれることが多いです。出資の程度については定めがないため、このあたりは曖昧になっています。

代表的な外資系企業の例
シーメンス・ジャパン、日本マクドナルド、味の素ゼネラルフーズなどが著名です。

3.外国の企業が日本の企業を買収した場合

3つ目は外国の企業が日本の企業を買収した場合です。経営しているのは外国の企業でそこに買収されるわけですから、買収された瞬間に外資系企業となるパターンです。

最近日本の製造業が海外に買収されるケースが多くなってきているため、イメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

代表的な外資系企業の例
鴻海精密工業に買収されたシャープ、蘇寧雲商に買収されたラオックスなどがあります。

業界別!代表的な外資系企業とは?

上記でご紹介したパターンを問わず、その他にも代表的な外資系企業で挙げていくと、下記のように多くの人気企業が出てくるのです。名前を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。

消費財メーカー系

P&G Japan(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン)の他、日本ロレアル、ユニリーバ・ジャパン、フィリップ・モリス・ジャパン、スリーエムジャパン、ネスレ日本、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループなど。

消費財メーカー系に強い転職エージェントはこちら
アズール&カンパニー株式会社 (Azure & Co. Inc.)
口コミ・評判について詳しくみる

製薬会社

ファイザー、MSD、中外製薬、ノバルティスファーマ、グラクソ・スミスクライン、サノフィ・アベンティスなど。

製薬会社に強い転職エージェントはこちら
株式会社 メディサーチ
口コミ・評判について詳しくみる

コンサルティング会社

先に挙げた、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ以外にもベイン・アンド・カンパニー、アクセンチュア、ローランド・ベルガー、アーサー・D・リトル・ジャパン、プライスウォーターハウスクーパースなど。

コンサルティング会社に強い転職エージェントはこちら
ムービンストラテジックキャリア
口コミ・評判について詳しくみる

金融系

ゴールドマン・サックス、UBSグループ、クレディ・スイス、バークレイズ、J.P.モルガン、メリルリンチ、モルガン・スタンレー証券など。

金融系に強い転職エージェントはこちら
アンテロープキャリアコンサルティング株式会社
口コミ・評判について詳しくみる

IT系

先に挙げたグーグル以外にも、日本オラクル、日本マイクロソフト、アマゾンジャパン、ブルームバーグ、日本IBM、ヤフージャパン、LINEなどがあります。

海外の優れた技術や研究開発力が日本市場に流れ込んできたことがうかがえます。

IT系に強い転職エージェントはこちら
マイケル・ペイジ

外資系企業に勤務経験のある著名人

実力主義で成果主義である外資系企業でキャリアを磨き、さらなる飛躍につなげた先輩をご存知でしょうか。

誰もが知るあの人も、実は外資系企業での就業経験を通じて現在のポジションを画一しているのです。早速ご紹介しましょう。

大前研一氏

日本を代表する経営コンサルタントであり起業家でもある大前研一氏も、外資系企業出身者です。

1972年にマッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、後にディレクター、日本支社長、そしてアジア太平洋地区会長を務めました。

コンサルティング・ファームへの転職を検討している方で大前氏を知らない人はおそらくいないのではないかと思うほど、著名な人物ですよね。

小林りん氏

2009年にインターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢設立準備財団(ISAK)を設立したことで著名な小林りん氏は、1998年にモルガン・スタンレーに新卒として入社しキャリアをスタートしています。

外資系企業は女性を多く雇用していることから外資系企業OGは多いものですが、その中でも経歴、実力ともにとくに秀でた女性であることは言うまでもありません。

ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン(UWC ISAK Japan):Home – UWC ISAK Japan/JP

岩瀬大輔氏

ゼロから新しい生命保険会社を設立するという斬新なビジネスをスタートさせたことで知られる岩瀬大輔氏も外資系企業出身です。

大学卒業後はコンサルティング企業最大手であるボストン・コンサルティング・グループに入社し、ハーバード・ビジネス・スクールへの留学を経て起業しています。

年齢が若いうちから既成概念を壊し、「○○は○○だから無理!」を決めつけずに方法を考えて実行することで可能性を追求するという姿勢は外資系企業出身者ならではのパワーなのかもしれないと感じさせる人物です。

松本大氏

マネックス証券などを抱えるマネックスグループで代表取締役社長CEOを務め、またテレビ東京アナウンサー大江麻理子氏の配偶者としても有名な松本大氏も外資系企業での就業を経て現在のポジションに就いています。

松本氏は、大学卒業後ソロモン・ブラザース・アジア証券に入社し、ゴールドマン・サックスへの転職を実現し、また史上最年少で同社のゼネラル・マネージャーとなった経験を持っています。

勝間和代氏

当時史上最年少記録を打ち出して19歳で公認会計士試験2次試験に合格したことでも知られる勝間和代氏も外資系企業OGです。具体的にはアーサー・アンダーセンでの会計士補・会計士、そしてシステム・コンサルタントを務めました。

その後、現在のJPモルガン・チェースであるケミカル銀行での金利トレーダー、そしてリサーチャーとしての勤務、マッキンゼーでの経営コンサルタント経験、そしてJPモルガン証券での証券アナリストとしての経験を経て独立開業しています。

慶應義塾大学在学中に公認会計士試験に合格していることのみならず、自分自身の考え方やユニークな生活スタイル、人生観を発信していることでもよく知られる勝間和代氏は、日本人らしからぬキャラクターで各メディアから注目されたことでも有名ですね。

外資系企業と日系企業の違いを理解しておこう

具体的な社名を聞くと、どれも著名な企業であり、また給与が高いことでも有名なので魅力的な転職先と捉える方も多いでしょう。

しかし、日系企業との違いをよく理解しておかないと、入社してから苦労することになります。そこで、最低限押さえておきたいポイントを共有します。

新人という概念がなく、全員が即戦力

日本では新卒・中途に関わらず、比較的丁寧に研修を行う場合が多いです。しかし、外資系企業では(日本が経営主体の場合は異なりますが)新人という概念はなく、入ったその日から即戦力になってくれないと困るという考え方を持っています。

一方で年齢が若くても、実績がなくても成果が上げられれば評価が高くなり、昇進・昇給という流れにスムーズにたどり着けるというメリットもあります。頑張った分しっかり評価してくれるので、若くして高収入を得ることも可能です。

成果を上げられなければ給与が大幅減、契約打ち切りの可能性も

先に述べたように外資系企業は成果主義ですから、成果を上げられなければ給与が大幅にカットされたり、契約が打ち切りになることも十分考えられます。

高い給与を払ってでも優秀で危機感を持ちながら仕事をしてくれる、成果主義意識のある人材を採用することに力を注いでいるのです。

残業=仕事ができないレッテル

日本では残業を苦とせず働く人を「頑張っている」と捉えられる人もまだまだ多いですが、外資系企業では残業している人=仕事ができないとみなされます。

日本でも最近では残業せずに成果を上げることを重要視している企業もありますが、まだ浸透しきっているとはいえません。

残業せずに仕事を終わらせるにはどうすべきかと真剣に考えることで、抜本的な仕事方法の見直しや生産性のアップが望めるという考え方が一般的な外資系企業ならではの価値観でしょう。

しっかり主張する文化

クライアントや上司が何を期待しているのか、それについて自分はどう思っているなどを、しっかり伝えることが重要です。

年齢や社歴を問わず自分の意見を伝えることで、あなたがどういう人間でどんな考え方を持っているのかがわかります。

遠慮して何もいわないと、何を考えているのかわからないと思われ、意欲がないとみなされる危険性もあります。好まれるコミュニケーションを把握して動けるように意識しておきましょう。

日系企業と外資系企業の違いをご紹介しましたが、ここでは注意しておきたいポイントのみをピックアップしているため、デメリットが多く伝わっているかもしれません。

しかし、頑張り次第で高収入を得られること、ワーク・ライフ・バランスがとりやすいこと、遠慮せずに自分の意見を伝えられること、仕事の生産性を高められる環境であることなどのメリットもあります。

外資系企業に限らず、企業はそれぞれがそれぞれの考えや企業価値観を持っており、それが自分に合うかどうか、その考えを柔軟に受け入れて楽しむことができるかで楽しく働けるかどうかが決まります。

その特徴を理解した上で、自分が望む働き方はどの企業なら叶えられそうかという視点で見てみるとよいでしょう。

外資系企業志望者が読んでおくと良い著書(順次更新)

この記事をここまで読んでみて、ご自身は外資系企業の企業文化や雰囲気にマッチしそうだと感じましたか?

外資系企業こそ、自分が輝ける場所だ!と確信できた方は、その思いをさらに確固たるものにしていくためのステップを踏みましょう。

この章では、外資系企業への転職を検討している方が読むとためになる著書を3つご紹介します。「本なんて読んでも転職活動の足しになんてならないでしょ…」と思われる方こそ、騙されたと思って読んでみてくださいね!

外資系で働くということ (平凡社新書)

外資系企業への転職を考えるようになったら、まず手にとって見ていただきたい著書です。

外資系企業にこれまで就業した経験のない方のイメージしている外資系企業の働き方、そしてその実態などを細かく描写してあります。

日本も今後年功序列・終身雇用という文化は終焉を迎えますが、その中で外資系企業的な働き方を自ら導入して先をいきたいという方にもおすすめです。

職業観・人生観・会社観といった観点で自分自身を見つめ直すことにもつながる一冊と言えるでしょう。
参考:外資系で働くということ (平凡社新書) | 林 謙二 |本 | 通販 | Amazon

外資系の流儀 (新潮新書)

外資系企業への転職を検討する以上、目指すは「転職に成功」ではなく「キャリアに成功」ですよね。

ひたすら胡麻をする日系企業のあり方を否定しながらも、実は外資系企業も人間関係が肝となる場面がたくさんあります。

外資系企業ならば、コミュニケーションスタイルは当然欧米風なカジュアル?風通しの良いオフィスの環境なのでしょう?といった誤解からキャリアで転落する前に知っておきたい、

外資系企業で勤める人間、そしてそこで成功することのできるの人間が大切にしている、そして大切にすべきである流儀を紹介しています。

外資系企業で絶対に成功したい!という強い意思をお持ちの方にこそオススメの一冊です。

参考:外資系の流儀 (新潮新書) | 佐藤 智恵 |本 | 通販 | Amazon

おわりに

「外資系企業」という言葉の説明からその定義、代表的な外資系企業や日系企業との違いなど、転職前に知っておきたいさまざまなことをご紹介しました。

これらの知識を身につけておけば、外資系ならではの文化を理解し多様性を受け入れながら、自身も変わっていくことができるはずです。

またキャリアにおいて大切なのは、今どうかだけでなく環境によっては自分がどのように変化・成長していけるかを見極めながら進んでいくことです。

それら考えを身につければ今はデメリットに思えるようなポイントも、きっと働きやすいと感じるポイントに変わっていくはずです。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事