転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > コンサル転職 > 外資コンサル・外資金融の口コミ・評判・業務内容・年収 > 外資コンサルの中でもマッキンゼーに転職希望!気になる求人情報・年収・実際の評判や口コミ・おすすめの転職エージェントを一挙大公開

外資コンサルの中でもマッキンゼーに転職希望!気になる求人情報・年収・実際の評判や口コミ・おすすめの転職エージェントを一挙大公開


外資系コンサルティングファームに転職を希望する方の中でも、特に高い人気を集めるのがアメリカ系コンサルティングファームである「マッキンゼー・アンド・カンパニー」です。

最大手であることはもちろんのことながら、一員となるチャンスをつかめれば経営に関するノウハウを得るのみならず、世界での一握りとされてもおかしくない優秀な上司・同僚とともにビジネスにかかわることにもつながるからでしょうか。

今回は、そんなマッキンゼー・アンド・カンパニーについて、さらに深く追求してみたいと思います。

マッキンゼー・アンド・カンパニーで働くには

ぼんやりと外資系コンサルティングファームに転職したいとお考えなのではなく、「絶対にマッキンゼーに転職したい!」と思っているならば、なぜマッキンゼーの一員となりたいのかが誰の目にも明らかなくらい強い証拠が必要となります。

またこれだけの人気を誇るコンサルティングファームとなると、いかなる方法を使ってでも入社を叶えたいというライバルが想像を絶するほどいることも覚悟しなくてはなりません。それではどのような準備をすればよいのでしょうか。

とにかく専門性を持った転職エージェントに相談する

外資系コンサルティングファームへの転職を目指す人の大半は転職エージェントのアドバイスを活用してそのポジションを獲得しています。

ライバルたちが有益な情報をオンタイムで入手しながら転職活動を進めていく中で、自分だけ自分なりの方法を貫いていては到底ゴールにはたどり着けません。

たとえその自己流の方法でたどり着いたとしても、随分と先に入社を叶えてビジネス経験を積み重ねた人との差は広がるばかりです。

外資コンサルへの転職支援を得意とする転職エージェントと聞いても思い当たるようなエージェントがない方は、これらの記事にも目を通してみてください。

相思相愛となる

外資系コンサルティングファームの採用をしていると、大げさに言えば「この世の誰もがコンサル志望なのでは?」と思うほど多数の志望者をスクリーニングすることになります。

採用経験に長けている採用担当者であれば、履歴書や経歴書を見ただけで適当とされる候補者なのであるかどうかを瞬時に見分けることも決して難しくはないでしょうか。

そのような選別の段階で、うっかり抜け落ちてしまわないためには、マッキンゼー・アンド・カンパニーが求めている人材であることがダイレクトに伝わる努力を欠かしてはいけません。

そのためにも、しっかりと採用企業が求める人材像を頭に叩き込んで転職活動をする必要があります。

マッキンゼーが求めている人材とは?

マッキンゼー・アンド・カンパニーほどの大企業で優秀な社員が集まる企業ともなると、MBA取得は必須?留学経験は10年以上が当然?語学力は2ヶ国語以上が当たり前?と過剰にハードルをあげてしまう方がいらっしゃいます。

しかし、これらの経験やスキルが強いアドバンテージになるからといって入社を絶対的にすつ要素になるわけではありません。

マッキンゼー・アンド・カンパニーが候補者に対して求めるものとは、

  • 学業の上で明確、かつ卓越した結果を残していること
  • 学業以外で一生懸命打ち込んだ課外活動などの経験があること
  • ビジネス経験の中で、求められた結果を出し高い評価を得た経験があること
  • ビジネスの場面で支障なく会話ができるだけの英語力があること

とされています。
参考:採用ポジション | 日本 | McKinsey & Company

McKinsey Implementationは、戦略だけを提言し実行はクライアント企業に任せるという旧来のコンサルティングのイメージを一新させるグループです。

急速に変化する外部環境に対応するため、多くのクライアント企業が自己変革の必要性に迫られているなか、McKinsey Implementationは困難な変革の実現にむけて広範囲な領域で実行支援をしています。変革を成功に導くために、戦略を詳細かつ具体的な実行プランにまで落とし込み、組織的な課題解決やマーケットインサイトの取得、現場のパフォーマンス管理など多岐にわたる領域で問題解決をしながらプロジェクトを牽引しています。ひいてはトップマネジメントを含めたクライアントにトレーニングやコーチングを提供することで実行能力の構築まで行います。

McKinsey Implementationは組織全体を動かしていくチェンジリーダーとして、経営陣のみならず現場とも一体となり二人三脚で変革を実現しています。

我々はMcKinseyの中でも最も急速に成長しているグループの一つです。
豊かな経験に支えられた実践的な問題解決力を活かしながら、真のクライアントインパクトを形作っていける仲間を求めています。
引用元: マッキンゼーインプリメンテーション | 日本 | McKinsey & Company

マッキンゼーの年収・評判は?

マッキンゼーに入社して自分自身のキャリアをさらに磨きたいという考えと同時に、収入や実際働いている人が感じる職場環境に対する本音は気になりますよね。生の声を聞いて転職活動をどのようにすすめるか考える機会にしましょう。

マッキンゼーの年収

マッキンゼーの年収、と一口にくくっても、ポジションや任されるチームの大小、かかわるプロジェクトのクオリティ、サイズによっても大きく異なります。マッキンゼー・アンド・カンパニーで得ることのできる年収については、さらに詳しい内容が掲載された記事があるのでそちらにも目を通してみてください、
参考:圧倒的勝ち組マッキンゼー!転職方法から年収・仕事内容まで完全網羅 | 転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト

初任給から高収入

マッキンゼー・アンド・カンパニーで新卒もしくはその程度の社会人経験を持つ社員に対して支払う初任給は約700万円であると言われています。

超高収入のイメージからするとそうでもないように感じ取る方もいらっしゃるかもしれませんが、これはあくまでも初任給です。

5年目になるとプチセレブ

マッキンゼー・アンド・カンパニーで5年間程度勤務し、確実な成果をあげることができている場合、受け取る年収は約1,500万円をゆうに超えると言われています。

さすがにこの金額を5年間の社会人経験で得ることのできる人はとても稀であるということは言うまでもありません。日本全体であれば上位1.2%に入る程度の年収となります。

10年目になるとサラリーマンでは最高峰レベル

マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社して10年間程度の職務経験を詰めた場合、その収入は3,000万円~5,000万円程度と破格になります。ここまでの高収入となると、日本全国でも上位0.2%の年収ろなります。

マッキンゼー・アンド・カンパニーに勤務することで得られる収入は確かに高水準ですが、それだけを目的に転職先として希望するのは絶対におすすめしません。その理由についてはこのあとご紹介します。
引用元:圧倒的勝ち組マッキンゼー!転職方法から年収・仕事内容まで完全網羅 | 転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト

マッキンゼーの評判

年収についてイメージが掴めたところで、次に実際にマッキンゼーに勤務したことのある人の生の声を聞いてみましょう。

30代・男性

マッキンゼーはとにかく「優秀な人材」の宝庫です。

一流の大学を卒業しているだとか、海外で研究をしていたという華やかな経歴を持つ人が大勢いるという輝かしいバックグラウンドだけではなく、コンサルタントとして一流のサービスを提供することに命をかけた人物で構成されている集団です。

40代・男性

事業会社での経験を活かしてビジネスに反映したいと思って転職したのがマッキンゼー・アンド・カンパニーでした。

大学時代に同級生だった人も社内にいた関係から、比較的身近に感じて入社しました。

入社して感じたのは、社員のパワフルさと問題解決に向けた圧倒的な熱意です。

意思決定が非常にスピーディーであることはもちろん、アクションプラニングにも一切の無駄がありません。事業会社での経験を活かすどころか、今となってはマッキンゼーが自分を育ててくれたと感じています。

30代・男性

いずれは何かしら経営に携わりたいという気持ちがあり外資コンサルの中でもトップティアの人材が集まるマッキンゼーに転職しました。入社当初はあまりもスピーディーさに驚くばかりで、日々の業務をこなすだけで手一杯でした。

しかし経験を積むにつれて、明らかに自分自身のスキルがあがり、明確なゴールを設定して行動することに気持ちよさを感じるようになりました。

毎日が刺激的で、学ぶことの多い環境です。

さいごに

マッキンゼー・アンド・カンパニーに勤務経験のある方は、誰もがその集団の優秀さについて言及しています。

優れた人物のそばで、自分自身のスキルを磨きたいと考えるポジティブな方にはピッタリの環境であることは疑うまでもありません。

まずは転職に無駄な時間をかけているようでは外資コンサル特有のスピードにはついていけません。まずはおすすめの転職エージェントに登録し、着々と準備を進めましょう!

関連記事

外資コンサル・外資金融・スタートアップ企業への転職志望者に
おすすめのエージェント3社

ムービンムービン

  • コンサルティング業界への転職支援No.1
  • ムービンはあれでこれでそれであれです。

口コミ・評判

コンサルティング業界への転職専門人材紹介会社「ムービン」。戦略コンサルティングファームをはじめとするコンサル転職成功率は業界No.1!...

体験談

ムービンで外資コンサルへの転職に成功した人の体験談記事>

アンテロープアンテロープ

  • 外コン・外資金融・スタートアップへの転職支援経験が豊富
  • ムービンはあれでこれでそれであれです。

口コミ・評判

コンサルティング業界への転職専門人材紹介会社「ムービン」。戦略コンサルティングファームをはじめとするコンサル転職成功率は業界No.1!...

体験談

アンテロープで外資コンサルへの転職に成功した人の体験談記事>

アクシスアクシス

  • シニア・コンサルタント以上の転職成功実績No.1
  • ムービンはあれでこれでそれであれです。

口コミ・評判

コンサルティング業界への転職専門人材紹介会社「ムービン」。戦略コンサルティングファームをはじめとするコンサル転職成功率は業界No.1!...

体験談

アクシスで外資コンサルへの転職に成功した人の体験談記事>