転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職お役立ち情報 > こんなはずじゃなかった!を未然に防ぐ、外資系企業への転職で肝となる「求人情報」の見方

こんなはずじゃなかった!を未然に防ぐ、外資系企業への転職で肝となる「求人情報」の見方


転職活動を始めたものの、慣れない英語で書かれた求人情報の内容に面食らってしまってはいませんか?

外資系企業への転職を考えたとき、雇用形態や収入、ポジションに関してはとくに注意して把握しておきたいものです。この記事では、そんな外資系企業の転職で肝となる求人情報の正しい見方を解説します。

求人情報を見たらここを見る!

憧れの外資系企業求人を閲覧しているうちに「収入も大幅にアップするし、勤務地も完璧!おまけにこのポジション名、なんだかかっこいい!」そんな浮足立った気持ちで転職志望企業を決めてしまうという方も少なくありません。

とくに今勤務している企業でのポジションがジュニアレベルである場合、ポジション名がつくことそのものに浮足立ってしまう方も多いことでしょう。しかし、その求人情報は本当にキャリアを築く上で有効なものなのでしょうか?

慎重に内容を精査してから決めないと、短期間で退職につながるような無駄な転職になってしまったり、経歴書に記載する上で黒歴史となるような経歴になってしまうような可能性もあります。求人情報のどこを見て決めれば良いのか解説することにしましょう。

絶対に確認!その1:給与

何のために働くかというポイントの上位である「給与」に関することは、求人情報を見る上で徹底して理解しておくべきポイントです。求人情報を見る際、求人票には支払われる給与の額面が記載されていることが一般的です。

これまで勤務してきた企業もそうであったように、この額面の金額から所得税・雇用保険料・健康保険料といった社会保険料、そして住民税が差し引かれることになります。

額面で収入が増えるということで一気に所得が増えると感じられるかもしれませんが、その分収める税金も増えますので、結果的に収入が大幅に増えるかどうかは事前に計算しておく必要があるでしょう。

また残業代について明記されているかどうかもしっかりと確認しておきたいポイントです。「固定残業代として支給」や「みなし労働時間制」という文字がある場合には、残業代は額面の金額に含まれているという前提で決められた金額となります。

額面の給与に残業代が上乗せされるわけではないのでとくに注意が必要です。加えて、残業時間分残業代を支払うことはしないので、残業時間にかんしてもとくに管理されない可能性があることを把握しておきましょう。

少し気が早いと感じられるかもしれませんが、退職金の有無についても事前に確認しておくことをオススメします。

外資系企業の場合、退職金という制度は取らずに日々の給与の中に組み込まれている場合もあり、退職金を当てにしてしまったがばかりに大惨事…ということにならないためにも大切です。

絶対に確認!その2:福利厚生

日系企業に新卒で入社した方の場合、それが名の知れた大手企業であればあるほど福利厚生について詳しく知らなくても不便することはなかったのではないかと思います。

しかしながら、外資系企業への転職を検討するならば、これからはそのようにおんぶに抱っこの制度はないと考えておいたほうが良いでしょう。(あればラッキー程度に捉えましょう。)

福利厚生の項目を見るときには、下記に関して記載があることを確認しましょう。

  • 雇用保険
  • 労災保険
  • 厚生年金保険
  • 健康保険

雇用保険に関しては、31日以上継続して雇用される見込みがあり、週に20時間以上就業する社員は加入が必須条件となっています。また業務中、通勤途中で万が一のことがあった場合に備えて労災保険に加入していることも確認しておきましょう。

雇用保険と労災保険は必須条件となっており、加入していない場合には企業としての義務を果たしていないので入社は控えるべき企業とも言えます。

ただし、厚生年金保険、健康保険などの社会保険に関しては必須ではないため企業によっては加入していないケースもあります。その場合には、自分自身で市区町村に相談し国民健康保険や国民年金に加入する必要が出てくることも予め知っておきましょう。

絶対に確認!その3:休暇

労働条件を考えるときに、欠かせないポイントに「休暇」があります。

「働くことを検討するのに、早速休むことを考えてしまっていいの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ワーク・ライフ・バランスの整った環境で全力を尽くしてこそ良い結果に結びつくのであり、休暇の十分にない企業に良い結果はないと言っても過言ではありません。

求人情報を見たときに、「完全週休2日制」という記載、そして「週休2日制」と記載されている場合の2パターンあるのではないかと思います。この2つを混同して考えている方も多いのですが、この違いをしっかりと知らずに入社するのはあまりにも危険です。

「完全週休2日制」の場合、1週間のうちに必ず2日間は休暇を与えられる休暇制度ということになります。土日休みの場合もありますが、業界や職種によっては必ずしも週末が休みでない場合もあります。

とくに不動産業界やサービス業界は休日出勤の多い業界ですので確認しておきましょう。

「週休2日制」と記載されている場合には、最低でも月に一度は週2日の休みがあり、それ以外は週に1日以上休みが与えられるという休暇制度です。土日休みを希望している、もしくは毎週必ず1日連続の休みが必要という方には向かない休暇制度といえます。

有給休暇もきちんと確認しておく必要があります。これまで日系企業では当たり前のように取得できた有給休暇も、外資系企業においては少し違った取得の方法を採用している場合があります。

とくに、夏休みは有給休暇から消化するという制度ではなかった方にとって、有給休暇から削らなくてはいけないという事実を知らずにいると衝撃的かもしれません。お盆休みや三が日と言った文化も外資系企業においてはない、もしくは短いケースがありますので確認しておきましょう。

このような一般的な休暇制度はもちろんのこと、今後子供が生まれる予定のある方は産前・産後休暇、育児休暇の有無も合わせて確認しておく必要があります。

昨今は男性のパートナーでも育児休暇を取得できる企業も増えました。また家庭のサポートという面では介護休暇の有無、日数なども知っておくと安心でしょう。

求人情報はどこから?

そもそも、その求人票はどこで見つけた来たものなのでしょうか?その出処によっては、確認する相手が違ってくるので注意が必要です。

インターネット検索

インターネット検索をして求人情報を見つけた場合、その掲載元に確認しても回答が得られない場合もあります。問い合わせ先がどこなのかを確認し、登録や選考過程に入る前に確認を済ませておきましょう。

志望している企業のウェブサイト

志望している企業のウェブサイトの場合、FAQなどが設置されている場合もあります。またさらなる質問のための問い合わせフォームなどもある場合があるので、記載されていないことで疑問点がある場合には問い合わせをしてみても良いでしょう。

転職エージェントの紹介

転職をする際に一番心強いのは転職エージェントを通した活動です。転職エージェントの担当者が代わりに疑問点を解消してくれたり、求人情報の不足点を補ってくれるので、何か疑問に思ったらまずは担当者に聞いてみましょう。

転職は大きな選択だからこそ慎重に

たかが転職、されど転職。安易な気持ちで企業の内情をよく知らずに転職してしまい、すぐに退職するという行為を続けていくと、キャリア構築を図ることが困難であることはもちろん、次第に転職できる企業の候補数もおのずと減ってくるようになります。

求人募集によっては「転職回数○回まで」と記載されているものもあるほどです。慎重に検討し、少しでも懸念点がある場合には転職エージェントをはじめとした転職のプロフェッショナルに相談し、納得の行く転職ができるようにしましょう!

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事