転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > コンサル転職 > 外資コンサル・外資金融の口コミ・評判・業務内容・年収 > コンサル転職希望者は業界名にだまされないで!コンサル会社によって大きく異なる業務内容を徹底解説!

コンサル転職希望者は業界名にだまされないで!コンサル会社によって大きく異なる業務内容を徹底解説!


この記事にたどり着いたということは、現在外資系企業への転職を目指して奮闘中なのではないでしょうか。

自分のビジネススキルで勝負して、日系企業では到底手に入れることのできない収入やビジネス経験、外国人社員とのコミュニケーションなどを経験してみたい!という方にとって外資系企業への転職はまさにうってつけのチャンスと言えるでしょう。

その中でも、特に外資系コンサルティング企業への転職はいつの時代も人気があります。ただし、人気だからこそ注意しなくてはいけないポイントもあることはご存知ですか?この記事では、外資系コンサルティングへの転職を志望する方向けに徹底解説します!

はじめに

外資系コンサルティング企業というと、どのような企業をイメージされますか?

なんとなく激務で、優秀な社員に囲まれながら企業の経営陣の顔ぶれを抜本的に改革したり、経営状況を向上させたり、とドラマが常にある業務をイメージされる方もきっと多いことでしょう。

この記事では、一般的に外資系コンサルティング企業での就業経験がない方が持ちやすい外資系コンサルティング企業のイメージ、そしてそれに関する事実との違いなどを解説していきます。

コンサル業界研究

まず、外資系コンサルティング企業にはどのような企業があるかをご存知でしょうか。

メジャーな数社は誰しもが耳にしたことがあるかと思いますが、それ以外にも実はたくさん外資系コンサルティング企業は存在し、それぞれの役割を持っています。具体的な企業名をもとにご紹介しましょう。

マッキンゼー・アンド・カンパニー

マッキンゼー・アンド・カンパニーは「外資系コンサルティング企業」という言葉の代名詞とも言えるであろう、代表的な外資系コンサルティング会社です。

本社をアメリカにおき、名実ともに世界最高峰の戦略ファームとして存在し続けています。

後にご説明するA.T.カーニーとともに元は「カーニー&マッキンゼー」という企業でしたが、1926年にそれぞれ分離しました。日本においては1971年に開設され、以後日本国内の業界大手企業にサービス提供をしています。

ボストン・コンサルティング・グループ

ボストン・コンサルティング・グループもまた泣く子も黙る外資系コンサルティング企業と言えるでしょう。

通称「ボスコン」と呼ばれており、こちらもまたアメリカに本社を置く戦略ファームです。

現在も存在するアーサー.D.リトルという企業にいたブルース・ヘンダーソン氏たちのよって1963年に設立されました。日本においては、民間企業はもちろんのこと、政府関連や非営利団体などにサービスを広く提供していることで知られています。

ベイン・アンド・カンパニー

先にご説明した2社に続いて著名なコンサルティング企業のひとつであるベイン・アンド・カンパニーは、1973年にアメリカ・ボストンで創設された戦略ファームです。

日本においては1981年に東京オフィスが開設され以後国内、そしてグローバル企業の経営に関する課題解決に携わっています。

ローランド・ベルガー

ローランド・ベルガーは、アメリカで設立され本社を置くコンサルティング企業が多い中ドイツ・ミュンヘンに本社を置く戦略ファームです。

産業、そして機能という専門でグループを分け、幅広い業界をクライアントに持っており、前者戦略・企業再生、そしてブランドマーケティングといったサービスを提供しています。

A.T.カーニー

先にマッキンゼー・アンド・カンパニーの説明で少し触れましたが、A.T.カーニーは1926年にアメリカで設立され、シカゴに本拠地を置く戦略ファームです。

日本においては記入、通信、ハイテクノロジー、自動車、消費財、小売業界などのプロジェクトに参画してサービスを提供しています。

アクセンチュア

外資系コンサルティング企業のひとつとして「アクセンチュア」という企業名は多くの方が耳にしたことがあるのではないでしょうか。

アクセンチュアは、1953年にアメリカで電子情報システムの開発、そして統合のサポートをメインで行うファームとして創業されました。現在はストラテジー、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションズの5つの分野でサービスを提供している総合系ファームのひとつです。

コンサルに転職するなら

外資系コンサルティング企業に限らず、コンサルティング業務を主としている企業に転職する場合、気をつけておきたいポイントがあります。

業務内容を把握しているか?

先にさまざまな著名コンサルティング企業をご紹介した際に気づいた方も多くいらっしゃるかと思いますが、コンサルティング業務には多いく分けて2種類あります。

ひとつはマッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループといった企業を筆頭とする戦略系コンサルティングをメインとする企業です。そしてもうひとつはアクセンチュアのようなITをメインとしたコンサルティング企業です。

時に、この違いをあまり深く考えずにコンサルティング企業を志望する方がいらっしゃいますが、このポイントでしくじってしまうと入社後ギャップやプレッシャーに押しつぶされかねません。

自分がしたいのは戦略的コンサルティング(経営に関する戦略など)なのか、人事部門、IT部門といった専門性の高いコンサルティングなのかを事前によく考えておきましょう。

年収はイメージとかけ離れていないか?

外資系コンサルティング企業に転職が叶うとどのようなことが可能になるのでしょうか?

都内有数の超高級住宅地やビジネス街に佇むタワーマンション、もしくはおしゃれな低層マンションでの暮らしが可能、選びに選んだインテリアの中で住まい、日々一流のシェフが腕をふるった料理に舌鼓…というライフスタイルを想定してしまっている方は要注意です。

  • 20代で600万円スタート
  • 入社3年目で1,000万円到達
  • 30代で優秀な社員は2,000万円前後に到達
  • 一部の企業では1億弱になることも

注意したいのは、1億円近いサラリーに到達する社員はごくごく一部、そして僅かであるということです。

転職さえ実現できればこのような収入が得られるほど現実は甘くありません。また、そこまで高収入でなくても全体的に収入の平均は高いし憧れる、というような間g苗も危険です。

世間一般よりも大きな金額を収入として得ることができる反面、業務に対するプレッシャー、自分のポジションをキープするための努力は並大抵のものではありません。

うかつに転職すると陥ること

コンサルティング企業のみならず、外資系企業全般において言えることですが、うかつに転職してしまうと陥る悪循環があります。

  • 忙殺されて体調を崩す(心身ともに)
  • 仕事以外の楽しみもなく、ときだけが過ぎていく
  • 年収アップにより感覚が狂い人間関係が崩れる

確かにやりがいもあり、また高収入を得ることができる外資系コンサルティング企業ですが、自分が本当に手に入れたいものが何なのであるかを常に考えながら行動しないと、ただの仕事人間になりかねません。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

外資系コンサルティング企業での転職、というと輝かしいイメージが強く、勝ち組への第一歩を考えている方も少なくないでしょう。

確かに外資系コンサルティング企業での就業が叶えば、さまざまな業界について深く学ぶことができ、またMBAに匹敵するほど経営について学ぶことができるケースもあります。

ただし、自分自身が本当にやりたいことが何であるかを明確にしておかないとそれらのメリットを享受するのは難しいでしょう。

転職を機に自分自身のキャリアや将来像について誰か専門家に相談したいな、と感じられたら転職の専門家に相談してみてはいかがでしょうか。求人情報はもちろん、あなたにとってベストな選択に導いてくれますよ!

関連記事

外資コンサル・外資金融・スタートアップ企業への転職志望者に
おすすめのエージェント3社

ムービンムービン

  • コンサルティング業界への転職支援No.1
  • ムービンはあれでこれでそれであれです。

口コミ・評判

コンサルティング業界への転職専門人材紹介会社「ムービン」。戦略コンサルティングファームをはじめとするコンサル転職成功率は業界No.1!...

体験談

ムービンで外資コンサルへの転職に成功した人の体験談記事>

アンテロープアンテロープ

  • 外コン・外資金融・スタートアップへの転職支援経験が豊富
  • ムービンはあれでこれでそれであれです。

口コミ・評判

コンサルティング業界への転職専門人材紹介会社「ムービン」。戦略コンサルティングファームをはじめとするコンサル転職成功率は業界No.1!...

体験談

アンテロープで外資コンサルへの転職に成功した人の体験談記事>

アクシスアクシス

  • シニア・コンサルタント以上の転職成功実績No.1
  • ムービンはあれでこれでそれであれです。

口コミ・評判

コンサルティング業界への転職専門人材紹介会社「ムービン」。戦略コンサルティングファームをはじめとするコンサル転職成功率は業界No.1!...

体験談

アクシスで外資コンサルへの転職に成功した人の体験談記事>