転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職お役立ち情報 > 転職はタイミングも重要!外資系企業に転職するなら第二新卒とキャリア採用、どちらが有利かを解説します

転職はタイミングも重要!外資系企業に転職するなら第二新卒とキャリア採用、どちらが有利かを解説します


日系企業で数年勤務を経験し、そろそろ外資系企業に転職してみたいと思い始めてはいませんか?

外資系企業は、自ら自分のキャリアを切り開いていくモチベーションを持った人材を歓迎していますし、そのような方の実力を見てふさわしい給与、環境を与えてくれる場所とも言えます。

この記事では、転職する上で大切な「タイミング」というポイントについて解説します。現在外資系企業への転職を検討されている方は、ぜひ参考にしてアクションを取ってくださいね!

はじめに

定年まで安定しているという最大のメリットも崩れつつある日系企業ですが、やはり今でも欧米の企業と比較すると安定していると言わざるを得ません。

ただし、日本の企業特有の年功序列というシステムや、いつまでも実力に伴わない収入にもどかしさを感じる方も多いのが現実です。それらの不満を一気に解消できるのが外資系企業への転職という選択です。

外資系企業への転職をする上で、タイミングというものが重要となってくることはご存知でしょうか。

ヘッドハンティングのように、企業側からあなたを指名して転職してきてほしいという案件でない限り、基本的には自分から求人情報に応募するという方法になります。

その時のあなたの経験年数や年齢によって、最大限メリットを受けやすいタイミングと方法というものが存在します。具体的に説明しましょう。

転職したいと思ったら知っておきたい第二新卒

もし現在外資系企業への転職を検討していて、以下の条件の場合には「第二新卒」というジャンルにカテゴライズされます。

  • 大学卒業後5年以内
  • 1社目での勤続年数が3年未満
  • 年齢が28歳未満
  • 上記、もしくはこれまで就業経験がない

このような条件にある方は、第二新卒という方法で転職することができます。

現在、新卒採用で入社した社員の3割が3年以内に退職するという現象があり、企業側が若い人材を常に追い求めています。

その中で、一定のビジネススキル(PCスキルや名刺交換、ビジネスメールの作成方法など)を身につけており、また新卒で入社した企業のカラーや文化に染まりきっていない若手社員にはニーズが集まっています。

だからこそ、上記の条件に集まる方は転職をする上でも求められている状況で転職活動ができます。

合わせて知っておきたいキャリア採用

第二新卒の条件には当てはまらなくとも、これまでの就業経験を強みとして転職活動をできるのが「キャリア採用」です。以下のような条件の方が当てはまります。

  • 現職で5年以上の経験がある
  • 年齢が28歳以上
  • これまでさまざまなプロジェクトに携わってきた経験がある
  • 部下などを持ちチーム運営をした経験があると尚可
  • 専門性を持って業務にあたった経験があれば尚可

第二新卒とは打って変わって、実務経験が重要視されているということがおわかりいただけるのではないでしょうか。

勤務年数も大切ですが、何よりもこれまでどのような業務に携わり、どのような対応をしてきたかしっかりと説明することができることが重要とされます。

第二新卒とキャリア採用の微妙な立ち位置の場合

上に挙げた条件に自分を当てはめた時に、キャリア採用ほどの経験値やスキルがなく、かといって第二新卒ほどのフレッシュさがない、と感じられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

大切なのは年齢や勤続年数ではなく、これまでの経験やスキルであるためそのような方は特に自己アピールの方法を良く考えて転職活動をする必要があると言えます。

これまで経験してきた業務の洗い出す

5年未満企業に勤務してきたのであれば、これまでさまざまな業務に携わってきているはずです。

その中でも、特に今後の転職希望先で活きると感じる内容をピックアップできるように業務内容を洗い出してみましょう。職務経歴書に記載する場合には、ただ単純に業務内容を羅列するのではなく、それらが少しでも魅力的に映るような工夫が必要であることも忘れてはいけません。

今後自分の目指す方向を明確にする

第二新卒の場合、企業側はあなたのことを「新社会人よりはしっかりとしているけれど、まだ何にも染まっていないまっさらな人材」として捉えています。

一方キャリア採用の場合には、外資系企業の場合特に「即戦力」としての側面を強く求められます。

第二新卒がまだ方向性を定めずに業務に打ち込める一方で、キャリア採用の場合には自分の方向性をきっちりと定めなくてはなりません。

具体的には、専門性を追求して業務を遂行する「スペシャリスト」を目指すのか、それとも全般的な業務を行う「ジェネラリスト」を目指すのかというポイントもそのひとつと言えます。

相談すべきは…

第二新卒である場合でも、キャリア採用の範疇である場合には、まず大切となるのは

  • 正しい知識を持ってアドバイスをくれる存在
  • あなた自身の希望を聞いた上でアドバイスをくれる存在
  • 転職市場を良く理解している存在

転職活動をする上で、自己流を貫く人も稀にいらっしゃいますが、往々にして時間と労力の無駄になるということをここでお伝えしておきましょう。

よほどご自身の経験やスキル、これまであたってきたプロジェクトでの成功事例に自信があって、企業側にも伝わるという保証がない限り、転職活動に関しては転職エージェントに相談するのが懸命です。

転職エージェントは上記の条件をすべてカバーしており、常に転職市場を見ているのであなたのような人材をこれまでにもたくさん支援して転職に成功させてきている確かな実績があります。

そのようなプロフェッショナルを味方につけて転職活動をするか、もしくは自分だけで情報を探り探り転職活動を進めていくほうが良いのか、答えは自明ですね。

おわりに

外資系企業への転職に限らず、転職活動をする際には転職のプロフェッショナルとされる転職エージェントを賢く利用することが確実な方法であるということが伝わっていれば幸いです。

転職エージェントでは、企業の採用ホームページ、もしくは求人サイトには記載されていないようなポジションでの人材発掘を任されている場合も多く、また転職エージェント自身が強くあなたを売り込むことも可能です。

外資系企業に勤務する上で、賢くツールを使い分けて要領よく時間短縮するスキルは欠かせません。そういった方に特に人気のある転職エージェントであるアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーは未経験者への外資系企業への転職支援経験が豊富なので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

第二新卒にもキャリア採用にも熱心に取り組んでますよ!

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事