転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > コンサル転職 > キャリアはアクセンチュアで切り開く!転職方法・年収・業務内容を徹底解説

キャリアはアクセンチュアで切り開く!転職方法・年収・業務内容を徹底解説


外資系企業への転職の中でも、特に群を抜いて人気を誇るのが「外資系コンサルティングファーム」への転職です。

自社のビジネスではなく、他社のビジネスに深く入り込み、経営の基盤から見直すような業務や、導入しているシステムを抜本的に改革していくチャレンジングなビジネスを行う外資系コンサルティングファームでの就業経験は、後に経営者として羽ばたきたいと考える方にも人気があります。

この記事では、経営コンサルティングのみならずITやデジタルの分野でも一流とされる「アクセンチュア」について解説します。

外資系コンサルティング企業とは?

外資系コンサルティングファームへの転職を志望している方は、さまざまなコンサルティングファームについてすでに研究を重ねていらっしゃることでしょう。

日系のシンクタンクとの違いや、それぞれのファームが持つ強み、自分自身が携わっていきたい業界などによっても選ぶべきコンサルティングファームは自ずと変わってくるからです。

釈迦に説法という部分はありますが、まだしっかりと外資系コンサルティングファームについて研究できていないという忙しいビジネスパーソンのためにも、この記事では「5分でわかる外資系コンサルティングファーム」をお届けします。

ぜひ転職活動の参考にしてみてくださいね。

大手外資系コンサルティングファームとは?

外資系コンサルティングファームへの転職を考える中で、どのようなタイプのコンサルティングファームに絞って企業研究をしていますか?

「外コンならぶっちゃけどこでもいい!」というような志望理由の方も稀にいらっしゃいますが、そのような浮ついた気持ちで勝ち取れるほど外資系コンサルティングファームへの転職は容易ではありません。

大手外資系コンサルティングファームと呼ばれるファームは以下のような企業です。

  • マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey and Company)
  • ボストン・コンサルティング・グループ(Boston Consulting Group)
  • アクセンチュア(Accenture)
  • ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company)
  • ローランド・ベルガー(Roland Berger)
  • A.T.カーニー(A. T. Kerney)
  • アーサー・D・リトル
  • PwCコンサルティング合同会社

すでに十分に企業研究を進めることのできている方であれば、これらの社名を見ただけで大まかにどのような強みを持っていて、過去に実績をあげたコンサルティング内容なども把握できているのではないかと思います。

外資系コンサルティングファームを目指す以上、これらの社名は必ず把握していなければ話になりません。

外資系コンサルティングファームのタイプ

外資系コンサルティングファームについて企業研究している中でおそらく誰もが気づくであろうポイントが「事業内容の違い」です。大まかに、

  • 戦略系コンサルティングファーム
  • 総合系コンサルティングファーム
  • ITコンサルティングファーム

があり、それぞれ請け負う業務内容に違いがあるため、目指したいゴールによって転職すべきファームも大いに異なってきます。

戦略系コンサルティングファーム

かの有名なマッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、ベイン・アンド・カンパニー、A.T.カーニーなどがこのジャンルに入ります。

日本国内の大企業・大手外資系企業を顧客に持ち、各エリア・国ごとに独自のコンサルティング体制を取っているのが特徴といえます。

経営にダイレクトに関わるようなコンサルティングサービスを提供しているため、将来的に起業したいという方に特に人気の集まるファームのタイプです。

総合系コンサルティングファーム

総合系コンサルティングファームの場合、戦略系コンサルティングファームよりは少し実務に近い部分でコンサルティングを行うのが特徴です。事業戦略の立案から実行までをフォローしたり、IT戦略などを組むのも総合系コンサルティングファームです。

デロイトトーマツコンサルティングやアクセンチュア、PwCコンサルティングなどがこの総合系コンサルティングファームに入ります。

ITコンサルティングファーム

ITコンサルティングという名の通り、ITというジャンルに特化してコンサルティングサービスw提供するのが特徴です。ガートナージャパン、フューチャーアーキテクトなどがこのジャンルでは特に有名な企業です。

企業・事業戦略立案から、実行サポート、そしてSI/BPOのフォローまでする企業も存在します。

総合系コンサルの代表格「アクセンチュア」とは

外資系コンサルティングファームの中でも、特に経営に近い部分のみならず実務に近い部分もフォローする機会に恵まれる総合系コンサルティングファームは人気があり、その中でもとくに「アクセンチュア」には常時人気が集まっています。

アクセンチュアとはどのような企業なのでしょうか。

アクセンチュアの歴史

アクセンチュアは経営コンサルティング、業務・ITコンサルティング、アウトソーシングのすべてのサービス提供をカバーしている総合系コンサルティングファームです。

1962年に日本事務所を開設し、1989年に経営と情報のプロフェッショナルである前身の「アンダーセン・コンサルティング東京事務所」を設立しました。

1995年には日本法人として株式会社を設立し、2001年6月に現在の社名である「アクセンチュア株式会社」に変更しています。

アクセンチュアの特徴

戦略を策定し実行するところまですべてをアクセンチュアでカバーし、ファーム内ですべての工程を実行することができる点が最大の強みであり、その包括的なサービス提供の方法は常に高い評価を得ています。

海外事業部との連携もスムースに行われることから成功事例などの共有もきちんとできており、顧客からの問い合わせに対してもグローバルな視点でアイディアを出すことができるファームです。

他にも多く存在する戦略ファームと比較すると、チームの年齢層が総体的に若い傾向があり、体力もモチベーションも非常に高いメンバーで遂行されるという特徴もあります。

このような体制により、比較的スピーディーに昇進を臨むことができ、自ずと難易度の高い業務に着手する機会を早く得ることができます。これは男性に限らず女性の社員も多く、また業務と同様ワーク・ライフ・バランスへの関心度も高い企業です。

アクセンチュアの年収目安

アクセンチュアでは「人」というものにレバレッジをかけているため、人材に対しての投資を惜しまないことでも知られています。そうなると、年収に関しても非常に関心が集まるところですよね。早速ご紹介しましょう。

初任給はまずまず

アクセンチュアに新卒で入社した場合、年収は約530万円程度とのことです。他の外資系コンサルティングファームと比較すると少し目劣りするようにも思えますが、一般的には十分に高収入と言えます。

5年次では一気に差が開く

アクセンチュアに入社して5年間勤務を続け、企業が期待するレベルに到達していると仮定した場合、年収は約800万円~1,000万円を推移するようです。

この年次になると任されているプロジェクトや評価によって開きが出てくることがおわかりいただけるでしょう。これは日本の上位13.1%に入る年収です。

10年次は納得の金額

アクセンチュアで10年間程度勤務を続け、順調に昇進を続けることができた場合、年収は約1,300万円~1,500万円程度にまで伸びるそうです。

MBBと比較すると少し一般的な金額ですね。しかし、日本お上位1.2%に入る年収であることも忘れてはいけません。

コンサルはMBBじゃないとダメ?

外資系コンサルティングファームについて調べていると、よく目にするのが「最大手のファームでないとスキルが身につかない」という意見です。

実際にそうなのでしょうか。こちらの映像を御覧ください。

外資系コンサルティングファームに転職する上で大切なのは、「どのファームでキャリアをスタートするか」ではなく、「どのような成長を自分自身に課すか」ということであるとご理解いただけるでしょう。

アクセンチュアが輩出した著名人たち

転職活動をしていく上で、自分自身のキャリアにおけるロールモデルとなる人物を見つけることができた人は強みとなります。

外資系コンサルティングファームに就職する方の中で、「外コンで働きたい!」という志望動機だけで入社する人は皆無と言っても良いくらい、それぞれに高い志を持っています。

いずれは起業したい方、社会貢献をしたい方、政治の道に進みたい方などさまざまな将来像はあれど、共通するのは目線が高いということです。ご自身の将来イメージに近い方はどの方でしょうか。アクセンチュアが輩出した先輩をご紹介しましょう。

  • 後藤玄利(ケンコーコム株式会社創業者・代表取締役社長)
  • 田村誠一(株式会社JVCケンウッド代表取締役兼執行役員副社長兼最高戦略責任者)
  • 松永エリック・匡史(音楽家、PwCコンサルティング合同会社執行役員・パートナー)
  • 三谷宏治(K.I.T.虎ノ門大学院主任教授)
  • 山下泉(株式会社かんぽ生命保険代表執行役会長)

外資系コンサルティングファームにも様々な企業がありますが、出身者を改めて見ることで、社風や活躍の方向性が少し見えますね。

アクセンチュアに転職するには

転職市場の中でも特に人気の集まる外資系コンサルティングファームへの転職を志望する場合、

  • スピード
  • 効率
  • 転職テクニック

なしに転職を成功させることはほぼ不可能と言えます。その不可能を可能に変える存在が「転職エージェント」です。

これまでさまざまなバックグラウンドを持つ人材に対して志望する業界への転職を支援してきた経験を元に、あなたにとって一番有益なアドバイスをくれる一番の応援団です。

アクセンチュアに転職を希望する場合にも、まずは転職エージェントへの登録をしましょう。たとえばアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーのような転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

コンサルティングファームへの転職支援はもちろんのこと、あなた自身の魅力が発揮される場所を見つけ出してくれること間違いなしです。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。