転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > コンサル転職 > これで一流外資コンサルの一員になれる!ボスコンが欲しがる人材になるための転職ノウハウを徹底解説!

これで一流外資コンサルの一員になれる!ボスコンが欲しがる人材になるための転職ノウハウを徹底解説!


社会人経験や事業会社での経験を生かして、よりハイスペックな仕事に転職してみたいとは思いませんか?

年齢が若いうちは下積みだ!という文化は日本企業にいまだとても多く、成長曲線が著しく上向きになるであろう大切な時期を成長ではなく会社への順応に使ってしまうことは決して珍しくありません。

実力は十分についたにもかかわらず、なかなかキャリアが前進しないとお悩みの方にこそ、外資系企業への転職をオススメします。

その中でも、特に高い人気を集める外資系コンサルティングファームなら、効率を第一に考えら働き方が最重要視されるので、これまでの非生産的な日々が一掃されますよ。

この記事では、外資系コンサルティングファームの中でも一位二位を争う就職難関企業、ボストン・コンサルティング・グループに転職するために知っておくと役立つ転職ノウハウをご紹介します。ぜひ参考にして、外資コンサルの一員となってくださいね!

ボスコンの溢れる魅力とは

外資系企業への転職というジャンルの中でも、外資系コンサルティングファームへの転職が群を抜いて難易度が高く、また志望者も多いということはすでにご存知のかたも多いところではないでしょうか。

もっとも人気があり、またコンサルティングファーム志望者にとって魅力的なプロジェクトをハンドルしている外資系コンサルティングファーム集団は

俗称「MBB(マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、ベイン・アンド・カンパニーの頭文字」と呼ばれており、外資系コンサルティングファームの中でも特に目を引く経歴となる業務を経験することのできる環境です。

きっとこの記事に目を通していらっしゃるあなたご自身も、このいずれかのコンサルティングファームに転職したいと思いながら企業研究をされているひとりなのではないですか?

そんなMBBの中でも、今回の記事ではボストン・コンサルティング・グループに特化してその魅力を、特徴と強みという観点で切り取ってご紹介したいと思います。

ボストン・コンサルティング・グループ誕生

ボストン・コンサルティング・グループは、1963年にブルース・ヘンダーソン、そして後の初代日本支社代表となるジェイムズ・アベグレンが設立した経営戦略コンサルティングファームです。

現在では世界中に50ヶ国以上、オフィスは90以上、そして約16,000名のスタッフが勤務している大企業です。1966年にボストンに続いて2番目の拠点として東京オフィスが開設され、2003年には名古屋オフィスも開設されました。日本全国では現在約580名が社員として勤務しています。

ボスコン特有の哲学を持っている

「Working with Client」、そして「カスタムメイドの解決策」という哲学はボストン・コンサルティング・グループがコンサルティングを行う上で最も大切なコアとして考えるものです。

クライアントと何かのプロジェクトを進める上で、その関係性を緊密にし、パートナーという関係性を構築することからコンサルティングを始めるところに特徴があります。

「最高」にこだわる

ボストン・コンサルティング・グループのコンサルタントが最もこだわるポイントが、「最高品質や最高の結果」であり、それを追求するために必要となるプロフェショナリズムの塊ばかりが勢揃いしている企業です。

そのプロフェショナリズムを構築するためにも、さまざまなバックグラウンドを持った人材を集め、多様性のある文化の中でクライアントに対してアプローチするという環境でもあります。

長期的に根付く姿勢を持っている

ボストン・コンサルティング・グループは、進出した国やエリアにおいて強い絆を構築して関係性をより深いものにしていくという価値観を大切にしています。

これはアメリカに特化したことではなく、日本や中国、その他の国で展開しているオフィスでも共通に持ち合わせている価値観です。

それぞれの国やエリアの特徴を十分に把握することのできるスタッフメンバーを集め、そこにグローバルな視点で意見を出すことのできる人材を投入することで、世界に通用するプロジェクトとして常に走り続けているのです。

ボスコンは中途採用をしているの?

ボストン・コンサルティング・グループの誕生や、現在にいたるまで大切にしてきていることなど魅力が詰まっているという点が伝わったところで、実際ボストン・コンサルティング・グループが中途採用をしているのかが気になりますよね。

【結論】ボストン・コンサルティング・グループは中途採用をしている!

朗報なことに、ボストン・コンサルティング・グループは通年採用活動をしています。

優秀な人材がみな揃って決まったタイミングで転職活動を始めるわけではないので当然といえば当然のことですよね。
企業としても、優秀であるという噂のあるような人材とは少しでも接触するチャンスを持って、チャンスがあれば入社して欲しいと思うものでしょう。

採用活動をしているからと言って入社できるわけではない

冒頭でご説明したとおり、外資系企業への転職の中でも、またさらに狭き門であるのが外資系コンサルティングファームへの転職です。

ただでさえ最難関と言われる外資系コンサルティングファームの中でも、MBBの一角と言われるボストン・コンサルティング・グループへの転職は相応のスキルと自信があり、またそれらが採用担当者に伝わらなければ突破できません。

綿密に企業研究をし、自分がどのようにボストン・コンサルティング・グループに貢献できるのかを明確に伝える準備を完璧に行っておかねば箸にも棒にもかかりません。

外資系コンサルティングファームに転職できるひと、できないひと

この章では、大人気外資系コンサルティングファームの中でもボストン・コンサルティング・グループに転職できるひと、できないひとの特徴をまとめてご紹介しましょう。

それを知るために、まずはボストン・コンサルティング・グループが求めている人材について知るのが近道でしょう。

ボストン・コンサルティング・グループが求める人材像とは

ボストン・コンサルティング・グループのいちメンバーとなるためには、必須と言えるスキルがあります。

  • インテレクチュアル
  • インターパーソナル
  • 成長力

ボストン・コンサルティング・グループでは、学歴や実務経験、価値観、思考のアプローチといった面でさまざまな多様性を求めて人材発掘を行っています。

ご自身の専門が物理学であろうと、化学や法律のようなものを専門にしている方でも、これらのスキルを身に着けていれば、自ずとボストン・コンサルティング・グループで成長を遂げることができています。

ボストン・コンサルティング・グループに転職を希望する方は、上記の3つのポイントに加え、

  • 的確な質問をする好奇心
  • 新しい方向性を見出すことにつながる勇気とクリエイティビティ
  • チームメンバーやクライアントとの連携力
  • アイディアにするばかりではなく、ものにしていく実行力やリーダーシップスキル

こういったスキルも同時に合わせて持っている人材をボストン・コンサルティング・グループは探しています。

ボスコンの代表的なコンサルティング実例

ボストン・コンサルティング・グループが人材に対して求めてくる非常に高いレベルを目の当たりにしたところで、実際にボストン・コンサルティング・グループが行ったプロジェクトの一例を見てみましょう。

それだけのブレインが揃ってこそ成し遂げられるプロジェクトであることがおわかりいただけると思います。

  • 「求職トレンド調査」(リクルートワークス研究所との共同調査)
  • ZARAでのアダプティブ型戦略アプローチ
  • 東大「ジャパン・オープン・イノベーション・プラットフォーム」

出典:
求職トレンド調査|その他の調査|リクルートワークス研究所
リアルタイムの「市場実験」を繰り返すザラ|日経BizGate
東大「ジャパン・オープン・イノベーション・プラットフォーム」

ボスコンに転職する近道

さすがのボストン・コンサルティング・グループ、多岐にわたったプロジェクトに参画し成功させていますね。

この成功は、すべて上記したスキルを兼ね備えた超一流スタッフたちの能力をかけ合わせた結果生まれたものといって間違いないでしょう。

あなたもこの一員となってプロジェクトメンバーとして輝きたいと思ったら、まずは外資系企業への転職支援に特化した転職エージェントに登録しましょう。

今現在あなたが持っている魅力はもちろん、これから磨いていくと良いポイントまで指南してくれます。

たとえばアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーのような転職エージェントに登録してみてはいかがでしょう。これまでの経験をいかしたズバリのアドバイスをくれるはずです。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事