転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職お役立ち情報 > 【完全版】スキーム?メイク・センス…?外資系企業で使われる外資用語を、例文を用いて大解説!

【完全版】スキーム?メイク・センス…?外資系企業で使われる外資用語を、例文を用いて大解説!


外資系企業に勤めている方と会ったときに、あまりのカタカナ用語の多さにたじろいでしまった経験はありませんか?

外資系企業という特性上、外国人の多い環境で日々業務をするに当たり、日本語の会話の中でカタカナ用語が頻出してしまうのは致し方ない部分もありますが、わからない用語ばかりで焦る気持ちもわかります。

外資系企業に転職したいと感じるのであれば、このような習慣にも予め慣れておく必要があります。今回の記事では、外資系企業に勤める日本人が頻繁に使用するカタカナ用語を、例文を交えてご紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね!

【結論】外資系企業に入るなら知ったかぶりはご法度!

外資系企業に転職する前に、スキルのみならず文化の習得などできるだけキャッチアップしておきたいと感じていらっしゃることは多いことでしょう。

語学の習得やネイティブ並みの発音を習得したい、という気持ちが先走っている方も多く見かけますが、外資系企業は外国人が多く勤務する環境であることはもちろんのこと、外国人の中で長年勤務してきた日本人と多く接する環境であることを忘れてはいけません。

これまで日々英語を使用する環境で勤務をしてこなかった、もしくはその経験が未熟であると感じる場合には、積極的に学ぶ姿勢を持つようにすると良いでしょう。

日本人特有の「何を言っているのかよくわからないけれど、ニコニコしておこう」という習慣は断ち切り、わからないことはすぐに調べて身につける習慣をつけることが外資系企業で成功する第一歩と言えます。

外資系企業ではさまざまな専門用語が行き交います。メールなどでは略語も多く使用されますので、より深く学んでおきたいという方はこちらの記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。【完全版】HQ…?コモディティ…?外資系企業で使われる略語(頭字語・短縮語)を大解説! | 転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト

それでは早速外資系企業で頻出するカタカナ用語をご紹介していきましょう。

外資系企業で頻出するカタカナ語とは

大学や大学院を卒業して外資系企業に就職するのとは異なり、転職で外資系企業に入社する場合、あなたに求められるのは社会人としての成長ではなく「即戦力」です。

そんな環境下で「意味がわからないけれど、そのうちわかるだろう…」などと言った甘い考えではすぐに干されてしまいます。そうならないためにも、頻出する外資用語をおさらいしておきましょう。

頻発する外資用語~ビジネスミーティング編~

まずはビジネスシーン、つまり社内ミーティングや商談で頻繁に使用される外資用語をご紹介します。どれだけ理解しているかは、自分で例文を作ってみるとわかるはずですよ!

「スキーム」って何?
  • 「この商談はきちんとそれぞれの部署でスキームを立てて進めよう。」
  • 「M&A案件では何よりもスキームが肝となるからね!」

これらの例文から、「スキーム」の意味と使い方はわかりましたか?
スキームとは、計画をたてる際に予め枠組みをして進めることを意味します。事業計画を「事業スキーム」などを呼んで使用します。

「アジェンダ」って何?
  • 「会議の前にアジェンダをシェアしておいてね。」
  • 「本日の会議はアジェンダ通りに進めます。」

これらの例文から、「アジェンダ」の意味と使い方はわかりましたか?
アジェンダとは、議事日程・協議事項をまとめた計画表・予定表を指します。
上記の例の場合、

  • 「会議の前に当日の流れが記載されている書類をシェアしておいてね。」
  • 「本日の会議は事前に伝えた流れの通りに進めます。」

という意味になります。会議で話し合い決定する必要のある内容が事前にわかっていれば、延々と結論が出ないまま会議が長引くこともなく、ゴールの決まった話し合いができるのでアジェンダをきちんと準備しておくことはとても大切とされます。

「エスカレ(ーション)」って何?
  • 「今日のカンファレンスで決まったことは、各自きちんとエスカレしておいてください。」
  • 「チームメンバーからエスカレされた内容を元に本日は会議をします。」

これらの例文から、「エスカレ(―ション)」の意味と使い方はわかりましたか?
エスカレーションとは、上位にある立場の人間に対して報告をすることを指します。
上記の例の場合、

  • 「今日のカンファレンスで決まったことは、各自きちんと上司その他、上の立場の人に伝えておいてください。」
  • 「チームメンバーから(上司が)報告を受けた内容を元に本日は会議をします。」

という意味になります。外資系企業出身者は頻繁に使用する言葉なので、入社後に誰かが口にした際戸惑うことのないようにしておきましょう。

頻発する外資用語~会話編~

次に、ビジネスシーンだけではなく、コーヒータイムなどにも使用される頻出用語をご紹介します。

「メイク・センス」って何?
  • 「売上が減少しているから、必然的にチームは縮小しないといけない状況にある。メイク・センスするだろう?」
  • 「あの人の営業成績には疑問がある…担当先も少ないのに誰よりも高いノルマを達成しているのは不思議だ。メイク・センスしない。」

これらの例文から、「メイク・センス」の意味と使い方はわかりましたか?
メイク・センスとは、「理にかなう」、「理解できる」という意味で、「わかる」よりもよりビジネスライクな表現方法です。

「コンセンサス」って何?
  • 「うちはいいけれど、相手とはコンセンサスとれてるの?」
  • 「ほぼ契約は決まっていたのに、うまくコンセンサスが取れておらず失敗した。」

これらの例文から、「コンセンサス」の意味と使い方はわかりましたか?
コンセンサスとは、関係者の間で取り交わす同意を指します。契約を結ぶ前や、商談の際に根回ししておいてコンセンサスを取っておくという使い方もあります。

「バジェット」って何?
  • 「接待ゴルフでもセットしたいところなのだけれど、バジェット的に厳しいなあ…」
  • 「来年のバジェットを組む時期になってきたから、今年の使ったバジェットを計算しておいてくれますか?」

これらの例文から、「バジェット」の意味と使い方はわかりましたか?
バジェットとは、予算・用途の定められた経費を指し、通常年間で計算されます。

あまり染まりきらないほうがスマート!

外資用語の難しいところは、外国人との会話の中で使用されるわけではなく日本人間でのコミュニケーションで使用されることです。

用語によっては本来の英語での使い方と微妙に違うものもあり、たとえ英語がネイティブレベルだとしても慣れるまでは不自然に感じてしまう場合もあります。

外資用語は、外資系企業に一歩足を踏み入れれば自然と身につき、気づけば自分もごくごく自然に使用するようになっていく言葉です。

ただし、これらの外資用語は少し「外資系企業にかぶれている痛い人」という印象も与えかねないので、あくまで社内、もしくは同じく外資系企業に勤務する者の中でだけ使用した方が懸命でしょう。

さいごに

何かと英語交じりで会話している印象の強い外資系企業ですが、実はそれぞれの用語にはきちんとしたビジネスシーンで使用する理由と意味があるということがおわかりいただけたのではないかと思います。

これらはいわゆる外資用語の中でも一例に過ぎません。外資系企業へ転職志望ならば、これらの用語にアレルギーを持たず、スマートに使い分けできるようになると素敵ですね!

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事