転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > 外資系アパレル企業のアドミニストレーターアシスタントへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル

外資系アパレル企業のアドミニストレーターアシスタントへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル


数年間の業務経験を経て、いざ次のキャリアへステップアップしよう!と思い立ったときに頭に浮かんでくるのが外資系企業への転職ではないでしょうか。

年功序列の文化はあまりなく、実績や実力で忠実に評価してくれ、また収入も働き方も段違いに向上するとしたら、ぜひとも外資系企業で働いてみたいものですよね。

ただし、転職活動はどのように進めたら良いかまで把握していらっしゃる方は実に少ないものです。

今回の記事では、外資系アパレル企業のアドミニストレーターアシスタントに転職する実際の求人情報を元に、気になる業務内容・待遇・必要となるスキルについて解説していきます。ぜひ参考にして転職活動に活かしてみてくださいね!

外資系アパレル企業とは?

「外資系アパレル企業」と聞いたときに、どのような企業をイメージされますか?私達の生活の中で比較的身近なブランドで例を挙げてみると、

  • ポロ・ラルフ・ローレン
  • ギャップ
  • ザラ
  • エイチアンドエム

なのでしょうか。ショッピングモールなどで目にしない日はないほどの著名なアパレル企業ですね。

今回の記事でご紹介する外資系アパレル企業は、ウィメンズとメンズの両方を展開するアメリカ系アパレル企業です。

1つのブランドではなく、さまざまなブランドを展開していることが特徴でもあります。

外資系アパレル企業のアドミニストレーターアシスタントの主な業務内容を解説

外資系アパレル企業にどのような企業があるか、そして今回ご紹介する例がどのようなものかおわかりいただけたところで、気になる主たる業務内容についてご紹介していきます。

経理業務

決算業務(月次、年次)、損益計算書の作成、仕訳業務、債権債務管理、勘定残高管理等など

人事業務

勤怠の取りまとめ(社員の労働時間・残業時間の集計等。給与計算は上長)、面接日程アレンジなど

総務業務

備品発注、PCトラブルの際のベンダー依頼、出張手配など細々とした作業

気になる待遇

常に緊張感を持ちながら進めていく業務内容のようですが、待遇に関しても気になるところですよね。

マンスリーで転出するレポート、年次で提出が必要となる決算に関する準備なども業務にあり、多岐にわたった内容をカバーするようですが、実際のところどのような待遇なのでしょうか。

  • 正社員として雇用
  • 年収の目安は400~550万円程度
  • 社会保険完備
  • 社員割引制度あり
  • 週休2日制(土日)
  • 季節休暇・有給休暇あり
  • 慶弔休暇制度あり
  • 年末年始休暇あり

アドミニストレーション関連のアシスタント職としてはとても高待遇なのではないかと思います。

特にまだ社会人経験がジュニアレベルの方に関しては、とても良い経験を積める業務内容なのではないかと思います。

外資系アパレル企業のアドミニストレーターアシスタントに求められるスキルとは?

具体的な業務内容と待遇を把握したところで、もっとも肝心である必要なスキルについてお伝えしましょう。

外資系企業の採用において重要視するポイントは「即戦力となる実物かどうか」に尽きます。

まずは企業側が求めている人材についてよく知ることで、自分をどのようにアピールしたら魅力的に感じてもらえるかが見えてくるのではないでしょうか。それでは早速見ていきましょう。

  • 人事経験3年以上
  • 出張(日帰り~2週間程度)が可能な方
  • SNSを活用したデジタルマーケティングの経験、知識がある方
  • 高いコミュニケーション力(マンツーマンから30人規模のマスプレゼンまで対応)
  • PCスキル(Excel/Word/PPT必須)
  • ビジネスレベルの英語力(スムーズな会話が行えるレベル)
  • リテール、アパレルの経験がある方、もしくは基礎知識がある方
  • 笑顔で明るい対応が出来、人前で話す事が得意な方
  • 業務改善への意欲が強く、プロアクティブに仕事ができる方
  • 柔軟で効率良くプロアクティブに動ける方
  • 高い事務処理能力をお持ちの方

アドミニストレーションという業務の重要性をしっかりと把握し、自分がどのような点に気をつけながら仕事をしていけばアシスタントとして重宝されるかを理解すれば大いにチャンスのありそうな人物像ですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

外資系企業への転職は狭き門、と何の根拠もなしに自信喪失している肩をしばしば目にしますが、ただ悩んでいる時間ほど無駄でもったいないものはありません。

そもそも外資系企業はいつまでも計画を練るタイプよりも、すぐに行動を起こし始めるようなタイプのほうが好まれますよ!

一人で転職活動を進めていくのに自信がないということであれば、アズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーのような転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。転職初心者にもていねいにフォローアップしてくれますよ!

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事