転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > 外資系アパレルブランドの人事部トレーニングへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル

外資系アパレルブランドの人事部トレーニングへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル


これまでの社会人経験を生かして、年収もやりがいも大幅にアップさせたい!と意気込んでいる方の頭に浮かんでいるのは「外資系企業への転職」という文字ではないでしょうか?

実際、年功序列の文化が残る日系企業と異なり、実力と実績がストレートに評価される外資系企業の文化は、やる気とパワーに満ちあふれている方にとってベストな労働環境といえます。

外資系企業への転職を成功させるためには、まずどのような求人があり、その求人に見合ったスキルを自分が持ち合わせているのか、そして待遇は転職する価値に見合うのかなどチェックすべき項目はたくさんあります。

この記事では、実際に外資系アパレルブランドの人事部トレーニング担当者の求人案件を元に、業務内容や待遇、そして必要となるスキルの詳細にまで踏み込んでいきます。ぜひ転職活動の参考にしてみてくださいね!

外資系アパレルブランドとは?

外資系アパレルブランドという言葉を聞いたときに真っ先にイメージするブランドにはどのようなものがあるでしょうか。これは年代や時代によっても大きく異なってくるものですが、

  • ポロ・ラルフローレン
  • GAP(ギャップ)
  • ZARA(ザラ)
  • H&M(エイチ・アンド・エム)

などはどの世代の方にとっても比較的身近なブランドなのではないでしょうか。

とくに、高級路線をいくラグジュアリーブランドではなく、日常的にファッションに取り入れるアパレル製品を取り扱うブランドといえばこの4つが特に著名でしょう。

今回この記事で取り上げる外資系アパレルブランドは、欧州発の人気カジュアルブランドであり、パリ・ロンドン・ニューヨークをはじめ世界94各国で2,200店舗以上展開する大企業です。

徹底したマーケティングスキルを巧みに操って顧客の心をつかむことに優れており、店舗によって商品展開やデザイン展開を変えているところにも特徴があります。

外資系アパレルブランドの人事部トレーニングの主な業務内容を解説

外資系アパレルブランドにどのようなブランドが存在し、また今回ご紹介する企業がどのような企業であるかおおまかにイメージができたところで、次に実際の業務内容について解説します。

店舗トレーニング

店舗トレーニングの一環として、

  • 外部トレーニングに関するリサーチ、交渉、調整、ファシリテート
  • 本国からのトレーニングマテリアル・マニュアルのローカライズと翻訳
  • 店舗マネージャー向けのトレーニング開催(トレーナー)
  • エンプロイヤーブランディングを目的としたリサーチ、立案
  • 各種店舗アクティビティの結果検証、改善提案、レポーティング

を担当します。

人事管理業務

人事管理業の一環として、

  • 各種人事データの管理・集計・分析
  • プレゼン・レポート資料作成(日本語・英語)
  • ドキュメントの管理・ファイリング

なども担当することになります。

その他

以上の業務内容に加え、下記のような内容も担当業務となります。

  • 人事関連請求処理業務
  • 店舗や人事部エリアマネージャー達との電話やメールによるコミュニケーション
  • APAC トレーニング部門へのレポーティング (英語)

これらも業務の一部として担当することになります。

気になる待遇

さまざまな業務を担当することになる外資系アパレルブランドの人事部トレーニング担当者ですが、その待遇も気になるところですよね。早速ご紹介しましょう。

  • 正社員で雇用
  • 年収目安400~550万円程度
  • 社会保険完備
  • 社員割引制度あり
  • 週休2日制(土日祝日)
  • 産休制度あり
  • 慶弔休暇制度あり

現状の年収や福利厚生にもよりますが、非常にバランスの取れた待遇内容なのではないかと思います。特に該当するカジュアルブランドが好きである方にとって社員割引制度はとても嬉しい制度ですよね。

外資系アパレルブランドの人事部トレーニングに求められるスキルとは?

業務内容や待遇についてわかったところで、最後は肝心の求められるスキルについて触れましょう。

外資系企業において事前に用意しておくことのできる履歴書や職務経歴書の内容はとても重要ですが、それよりも本人のやる気や「即戦力になれる人物であるかどうか」を面接で伝えることが大切であることを覚えておきましょう。

それでは早速ご紹介します。

  • 人事経験3年以上
  • 出張(日帰り~2週間程度)が可能な方
  • SNSを活用したデジタルマーケティングの経験、知識がある方
  • 高いコミュニケーション力(マンツーマンから30人規模のマスプレゼンまで対応)
  • PCスキル(Excel/Word/PPT必須)
  • ビジネスレベルの英語力(スムーズな会話が行えるレベル)
  • リテール、アパレルの経験がある方、もしくは基礎知識がある方
  • 笑顔で明るい対応が出来、人前で話す事が得意な方
  • 業務改善への意欲が強く、プロアクティブに仕事ができる方
  • 柔軟で効率良くプロアクティブに動ける方
  • 高い事務処理能力をお持ちの方

人事部のトレーニング担当ということもあり、業務上習得していくスキル以外の人間性も重要視されていることがわかりますね。

おわりに

外資系企業への転職は狭き門、と言われていますが心強いパートナーがいればその限りではありません。

これまで転職を経験したことがないという方でも、そのパートナーであればきっと成功することができます。

たとえばアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーのような転職エージェントなら転職初心者にもていねいにフォローアップしてくれるので安心して転職活動をできますよ!

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事