転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職お役立ち情報 > 外資系コンサルは高収入?気になる仕事内容と年収の目安を紹介

外資系コンサルは高収入?気になる仕事内容と年収の目安を紹介


外資系企業には金融系・メーカー系・製薬会社などさまざまな業界がありますが、新卒の学生にも非常に人気が高いのが外資系のコンサルティング会社です。社名を聞いてみると、知っているという方も多いのではないでしょうか。

コンサルティング会社が担う分野は多岐に亘っており、最近では金融系企業に勤めていた方が、転職先として戦略・会計・M&Aなどを請け負うコンサルティング会社を第二のキャリアステージに選ぶことも多くなってきています。

そんな外資系コンサルの業務内容はどういったものなのか?噂通り高収入を得られるのか?など、気になるポイントをまとめてご紹介していきますので、ぜひ転職の際の参考にしてみてください。

外資系コンサルとは?

外資系コンサルとは、海外資本(海外資本の出資比率が日系資本よりも高い、あるいは海外資本のみ)のコンサルティング会社であり、一般的に「コンサルティングファーム」と呼称します。

マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、ベイン・アンド・カンパニー、ローランド・ベルガー、A.T.カーニー、アーサー・D・リトル、PwCコンサルティング合同会社、アクセンチュアなどという社名は耳にしたことがあるでしょう。

コンサルティング業務とは、さまざまな分析を元に企業の経営方針や企業が抱えている経営課題に対して解決策を提示するのが仕事です。

ちなみに、経営方針はその企業を経営していく方向性を定めるもの、経営課題は経営方針を元に目指している目標にたどり着くために解決すべきことを指しています。

つまりコンサルティング業務は、企業が目指すべき方向を示し、その障害となる事象をどのように解決すべきかという、問題点と解決方法を提示する役目を担います。

経営者であっても、自分の企業の抱える問題の根幹には気づきにくいものです。だからこそ、企業には外側から企業を分析し多角的に問題点と解決策を練りだすサポートが必要となります。

コンサルティングファームは、クライアント企業の中に入り、問題点や改善すべきポイントをあぶり出し、解決方法を提案するまでの流れを作るプロフェッショナルなのです。

外資系コンサルの仕事内容

日系のコンサルティングファームでも外資系コンサルティングファームでも基本的な業務内容は同じですが、クライアント企業の規模が大きく異なります。

外資系コンサルは、外国資本である以上に、その企業が持つノウハウを世界中でシェアして業務を進められるところに強みがあります。

日本国内で日本国内の企業に対してだけサービスをしている日系コンサルと比較すると、そのノウハウの幅は圧倒的に広く、成功例・失敗例ともに参考にできる経験値が多いのが特徴です。

だからこそ、取り扱うケースも幅広く、また経験値の高い同僚とともに従事できるというメリットがあります。

また具体的な仕事内容としてはプロジェクトの大小はあれ、中長期的な経営計画・M&A計画・海外進出戦略などの策定。組織体制の考案、生産性を高めるためのシステム導入計画を提案するなど、企業の困りごとすべてに対応をしています。

コンサルティングファームの得手不得手によってその分野がわかれていたりしますが、外資系コンサルという大きなくくりで考えると、比較的オールマイティーに企業の後ろ盾をしていると言えます。

外資系コンサルの年収の目安

外資系コンサルではベース給とインセンティブ給の2種類の給料を支払われるのが一般的です。ベース給は役職ごとに上がっていき、インセンティブ給は成果と市場環境の影響を受けて変動します。

まずは、役職によって大きく異なってくるベース給についてご紹介します。

アナリスト

従事して間もない頃はアナリストという役職で、ベース給はおおよそ400~800万円といわれています

。500~650万円程度がこの役職の平均といわれていますが、企業によりインセンティブ給の付き方も異なるため、ベース給がたとえ同じであっても大きく差がつく場合があります。これはどの役職でも同様です。

業務内容は、計画策定や考案するためのネタとなる情報のリサーチと資料作成が主となります。ここでさまざまな情報収集の仕方や、情報収集のポイントを掴んでいきます。

アソシエイト・コンサルタント

アソシエイトやコンサルタントと呼ばれる次の役職は、ベース給が800~1,500万円程度となっています。

プロジェクトで割り振られた担当分野を持ち、課題解決をするための業務を行います。おそらくこれが問題なのではないかというあたりをつける、仮説設定、そしてその仮説が実際に合っているのかの検証を行います。

(プロジェクト)マネージャー

(プロジェクト)マネージャーは、ベース給が1,500~2,000万円程度といわれています。

名前通り、プロジェクトマネジメントを行う役職です。アソシエイト・コンサルタントやアナリストの業務内容を管理しながら、抱える案件がうまく進行するようにマネジメントします。

プロジェクトのゴール、そのための段階などを計算し、メンバーに割り振っていくのが仕事です。企業によっては顧客開拓などを担うケースもあります。

シニアマネージャー・プリンシパル

シニアマネージャー・プリンシパルは、ベース給が2,000~3,000万円程度といわれています。

マネージャーのさらに上位の役職で、マネージャーが課長とすると、部長のような役割を持っているのがシニアマネージャーやプリンシパルという役職です。この役職が不在でマネージャーのみという企業もあります。

その企業内での知的財産・人材開発などの企業を成長させる仕事も職務に入り、顧客開拓なども行う幅広い仕事です。

パートナー

パートナーは、ベース給が3,000~5,000万円程度といわれています。

シニアマネージャーやプリンシパルの業務に加えて、その企業の共同経営者として経営に携わる役職。プロジェクト運営に関してはこの役職が最終責任を負います。日系企業でいう役員クラスの仕事です。

新卒で入社してから初めて就く役職でも年収500~650万円がベース給の平均といわれていますから、一般の新卒と比べるとかなり高収入からスタートできることは間違いないでしょう。

インセンティブ給が入っていない状態でも高収入ですが、役職が上がる度にさらに高くなりますから、人気の業界というのも納得です。

キャリアプランをふまえて外資系コンサルへの転職を考えよう

自分のこれまでのキャリアを振り返り、日系企業でもプロジェクトマネージャーとしての経験がある方、あるいはそのスキルや分野についての知識が欲しいという企業がある場合などは、外資系コンサルへの転職も検討できるでしょう。

また、会計士や税理士としての経験を生かした転職やM&A企業からの転身など、さまざまな可能性が考えられます。

しかし、外資系コンサルには非常に優秀な方が集まってくる傾向にありますので、入社前には確実に英語と会計、そしてITに関する知識は最低限身につけておきましょう。

おわりに

エリートや高収入というイメージは持っていたけれど、具体的な内容は知らなかったという方に向けて知っているようで知らない、外資系コンサルの業務内容や年収の目安をご紹介しました。

転職先として考えてみていなかったという方でも、もし生かせる経験やスキルがあると感じるのであれば、ぜひ転職先として検討してみてはいかがでしょうか。外資系コンサルに入社すれば、大規模で刺激的な仕事を経験できるはずです。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事