転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > FMCG業界に転職したい!FMCG業界の予備知識と転職/求人情報、口コミと評判

FMCG業界に転職したい!FMCG業界の予備知識と転職/求人情報、口コミと評判


転職する機会があるならば、生活の中で比較的身近なFMCG業界に転職してみたいなとお考えになったことはありませんか?

外資系企業に転職と聞くと、一般的な生活からはかけ離れたような高級品を取り扱うようなラグジュアリーブランド会社や、トレンドをいち早くメイクやスキンケアの中で表現するビューティプロダクトの企業をイメージしてしまいがちですが、

私たちの生活にとって欠かせないプロダクトを取り扱うような企業もたくさんあります。

この記事では、FMCGというキーワードに絞って転職希望の方に向けてFMCG業界をご紹介します。

FMCGとは?

まず、ここまで記事を読んで「FMCGとは?」と頭をひねっている方も中にはいらっしゃることでしょう。

FMCGとは、Fast Moving Consumer Goodsの頭文字を取った言葉で、消費者向けに低価格で展開しているプロダクト(すなわち日用消費財)を指します。

Fast Movingは言葉の通り変化のはやいという意味から成り立っており、商品回転率の高く、新商品が開発されるまでのプロセスが短いことも特徴です。

具体的に取り扱う製品は以下のようなものが一般的です。

FMCGと呼ばれるプロダクト
洗剤(洗濯洗剤・食器洗剤・バスルーム用洗剤など)、洗面用品(シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、フェイスウォッシュ、歯磨き粉、歯ブラシなど)、コスメティック、アパレル、フットウェア、スポーツ用品、家電の一部、書籍、OTC医薬品、文房具、食品など

この例の中には「これはFMCGなの?」と思うものもあるかもしれませんが、何をFMCGと指すかは企業によって異なります。

共通しているポイントとしては生活する上でリーズナブルな価格で購入してデイリーに使用することができるプロダクトであるという点でしょうか。

FMCG業界にはどのような企業があるの?

外資系企業の中でも、比較的私たちの生活に身近であるためとっつきやすく、また商品の回転・開発も早いので常に新しいプロジェクトに携わることができるというメリットを感じ転職を希望される方は多くいらっしゃいます。

これからFMCG業界について知っていこうと言う方は、まずはFMCG業界にどのような企業があるか知っておくと良いでしょう。

FMCG(食品)
ネスレ日本、マースジャパンリミテッド、クラフトフーズなど
FMCG(生活用品)
P&Gジャパン、ユニリーバ・ジャパン、日本ロレアル、レキットベンキーザー・ジャパン、モンデリーズ・ジャパンなど

どの企業もこれまでにほぼ聞いたことのなる企業名であるのに加え、自宅に置いてある日用品の裏側ラベルを見れば、必ずいずれかの企業のプロダクトに出会うに違いありません。

FMCG業界への転職は可能?

外資系企業への転職を検討し始めたときにぶつかりやすい難関が「オープンに中途採用のポジションで採用していない」という企業もあるということです。

そのような企業でも、人員の補充は必ず行うのでchナスが絶対にないということはありませんが、できることならば中途採用を積極的に行っているかどうかを予め知った上でチャレンジしたいですよね。

FMCG業界で中途採用転職は【可能】

不況は底をついたと言われている昨今、さまざまな企業、ポジションで募集がかかっています。

これは外資系FMCG業界においても例外ではなく、現にさまざまな求人情報が存在しています。気になる求人情報はこちらからもチェックできますので、ご高覧ください。

参考:求人検索結果一覧 「日用消費財」 1ページ目 | 外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニー

外資系の化粧品会社でのポジション、日常的に楽しむワイン・スピリッツを取り扱う企業などで積極的に採用活動をしています。

転職するなら今!

2020年にはオリンピックが開催される予定で、さまざまな業界で人手不足が叫ばれています。

これはオリンピックに直接的に関連するような業界、企業でなくても共通している点であり、採用活動は非常に活発な状況にあります。

一度転職市場が冷え込んでしまうとまたあたたまるまでに時間がかかり、またいつそのタイミングが訪れるかは経済や政治に身を委ねることになってしまいます。

転職市場が活気づいている今こそ、転職すべきタイミングであるといって過言ではありません。

まとめ

FMCG業界への転職をすでに検討されていた方も、この記事を読んで転職活動をしてみようと思われた方も、この転職市場がホットな状態のうちにアクションを取り始めるようにしましょう。

「とはいっても、まず何をしたらいいのかわからないし…」と尻込みしてしまっている方は、あなたのサポーターとして転職のイロハを教えてくれる転職エージェントを味方につけることからはじめましょう。

たとえばアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーは転職ビギナーの方の支援に長けていますので、安心して相談することができますよ!

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事