転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > 株式会社資生堂への転職希望者必見!気になるビジネスや業務の内容、待遇、求人情報、口コミ・評判を大公開

株式会社資生堂への転職希望者必見!気になるビジネスや業務の内容、待遇、求人情報、口コミ・評判を大公開

人気企業・大手企業の転職には、10人に6人は内定する転職エージェント経由がおすすめです。

人気の企業では応募者が殺到し、優秀者な方が埋もれてしまう為、求人を非公開にして、転職エージェントを利用する傾向があります。

人気企業・大手企業で年収アップしたい…という方は、転職エージェントに登録して相談してみるのをおすすめします。

転職のご相談ならアズール&カンパニーにおまかせ

業界に精通したコンサルタントが
無料でサポートします

まだ転職を決めていなくても相談できます


この記事では、ビューティ業界への関心がある方であれば一度は憧れたことのあるであろう日本最大の化粧品企業「株式会社資生堂」をご紹介します。

2020年新型コロナウイルスが猛威を奮った中、化粧品会社としていち早く消毒液を製造し医療機関に対して提供したことでも話題となりましたね。

新卒採用ではご縁がなく転職で資生堂に入社したいとお考えの方も、同業他社(コーセー、POLAなど)に転職を希望されている方も、業界についてよく知っておくためにも参考にしてみてくださいね。

株式会社資生堂の概要

株式会社資生堂は、化粧品の製造・販売というフィールドでこk内シェア第1位に立ち、世界シェアにおいても第5位に君臨する日本が誇るドメスティック大企業です。

世界の約120カ国で事業展開をしており、海外における売上比率はなんと50%を超えています。

企業理念として「新しく深みのある価値を発見し、美しい生活文化を創造する」を掲げており以下のような事業を展開しています。

  • 化粧品事業
  • トイレタリー事業
  • ヘルスケア事業
  • フロンテイアサイエンス事業

以前は生理用品や洗濯用洗剤、歯磨き粉なども展開していましたが、現在はそのような製品展開はなくなっています。

株式会社資生堂のシンボルマークは「花椿」であり、それに伴って2004年から資生堂が関連する活動にも「椿」が多用されています(一度は使用が中止された過去もあります)。

リネンとは別に、コーポレートスローガンとして「一瞬も一生も美しく」を掲げており、かつては「ヒトを彩るサイエンス」というものもありました。またあまり知られていないことではありますが、第一勧銀グループの一員でもあります。

歴史を遡ると、株式会社資生堂のもととなる「資生堂薬局」は1872年(明治5年)に東京・銀座に創業されました。その後1880年には育毛剤の販売、1888年には日本初の練歯磨き粉の発売、1897年には化粧品業界に進出し高等化粧水である「オイデルミン」の発売をしました。

1902年には現在の資生堂パーラーとして後に発展する「ソーダファウンテン」を解説し、日本で初めてソーダ水とアイスクリームの製造・販売を行いました。

「株式会社資生堂」として設立されたのは1927年になってからのころで、翌年1928年に先にもご説明した資生堂パーラーが営業を開始しました。1949年に東京証券取引所市場第一部に上場しています。

2015年には日本国内における化粧品事業を資生堂販売株式会社として、そして同社の商号を資生堂ジャパン株式会社に変更しました。

株式会社資生堂が展開している製品とは?

株式会社資生堂の歴史がわかったところで、次に具体的に展開している製品について知っておくことにしましょう。

資生堂というと、メイクアップや基礎化粧品と言った商品展開のイメージがとても強く、話題の芸能人やセレブリティを起用したインパクトの強いCM・広告も印象に残っているのではないかも思います。

しかし、株式会社資生堂はただの化粧品会社ではないのだということが製品展開からおわかりいただけるのではないかと思います。

株式会社資生堂の取り扱いブランド

  • Actea Heart(アクテアハート)
  • Ag+(エージープラス):銀イオンを使った制汗剤
  • ANESSA(アネッサ):サンケア商品
  • AUSLESE(アウスレーゼ):男性用
  • AQUALABEL(アクアレーベル):メガブランド第3弾
  • BEAUTY VOLTAGE(ビューティーボルテージ)
  • BENEFIQUE(ベネフィーク):専門店専用化粧品
  • BRAVAS(ブラバス):男性用
  • clé de peau BEAUTÉ(クレ・ド・ポー ボーテ):最高級ライン
  • clé de peau BEAUTÉ synergique(クレ・ド・ポー ボーテ シネルジック):CPBよりさらに高級なスキンケアライン
  • d Program(ディー・プログラム):敏感肌向け基礎化粧品。
  • de Luxe(ドルックス):初代は1932年発売の超ロングセラー
  • ELIXIR PRIOR(エリクシール プリオール):シニア向けのスキンケアブランド
  • ELIXIR SUPERIEUR(エリクシール シュペリエル):メガブランド第6弾
  • ELIXIR WHITE(エリクシール ホワイト):2010年2月21日発売のエリクシールの美白ライン
  • EUDERMIN(オイデルミン):初代は1897年発売。発売100周年記念として、1997年に新しいデザインの製品発売
  • HAKU(ハク):美白化粧品
  • HG(エイチジー):男性用
  • IN&ON(インアンドオン):美容食品(サプリメント)とスキンケア化粧品を配置した、内外美容ブランド
  • INOUI(インウイ):高級メーキャップブランド。アイライナーが人気
  • INTEGRATE/INTEGRATE GRACY(インテグレート/インテグレート グレイシィ):メガブランド第5弾
  • KIRYO(キリョウ)
  • LORDES(ロードス):男性用
  • MA CHÉRIE(マシェリ):シャンプーなどのヘアケア商品
  • MAJOLICA MAJORCA(マジョリカ マジョルカ):若年層向けメーキャップブランド
  • MAQuillAGE(マキアージュ):メガブランド第1弾 トータルメーキャップブランド
  • Naturals(ナチュラルズ):無添加自然素材使用
  • MG5(エムジーファイブ):男性用
  • Paradigm(パラディム):男性用
  • PRIOR(プリオール):シニア女性向け総合ブランド
  • qiora(キオラ):専門店専用
  • REVITAL(リバイタル )
  • REVITAL GRANAS(リバイタル グラナス):2008年10月21日に誕生した新ブランド
  • SEA BREEZE(シーブリーズ):1902年にアメリカで発売されたブランドで、メントールを使ったローション・シャンプーなど。2000年にグループ会社のエフティ資生堂が外資系製薬会社ブリストル・マイヤーズ・スクイブから買収。現在は資生堂が販売
  • SHISEIDO(シセイドウ):グローバルブランド。メーキャップやスキンケアなど複数のラインがあり、日本を含む世界約80ヶ国で販売されている。日本では百貨店専用
  • SHISEIDO MEN(シセイドウ メン):男性用。グローバルSHISEIDOブランドのひとつ
  • SINOADORE(シノアドア):基礎化粧品。
  • SUPER MILD(スーパーマイルド):1988年から発売されているヘアケアブランド
  • TACTICS(タクティクス):男性用
  • The Makeup(ザ・メーキャップ):百貨店専用
  • TSUBAKI(ツバキ):メガブランド第4弾
  • uno(ウーノ):メガブランド第2弾。男性用
  • VINTAGE(ヴィンテージ):男性用
  • Zen(禅)
  • & Face(アンドフェイス)

どれだけご存知のブランドがありましたか?

株式会社資生堂は中途採用をしているの?

大変魅力的な企業である株式会社資生堂ですが、2020年5月現在中途採用は行っているのでしょうか。

公式ホームページによると、現在でもマーケティングやサプライチェーン、デジタルマーケティングの部門において採用活動を積極的に行っているようです。

出典:株式会社資生堂 求人一覧

公式ホームページの採用サイトにもたくさんの募集要項が掲載されていますが、転職エージェントのものにも非公開求人がある場合もありますので、まずは転職エージェントへの相談をしてみましょう。

株式会社資生堂への転職ならアズール&カンパニーにおまかせ

業界に精通したコンサルタントが
無料でサポートします

まだ転職を決めていなくても相談できます。

株式会社資生堂が大切にしていることとは?

株式会社資生堂への転職を検討されていらっしゃる方は、2020年4月に株式会社資生堂CEOが発表したメッセージをよく読んでおきましょう。

企業として大切にしている事柄や、今後どのような企業として進んでいきたいかがわかるはずです。

はじめに、本年初頭より全世界で拡大する新型コロナウイルス感染症に罹患されている方々や、困難な状況におられる皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

資生堂は、企業使命を「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD(ビューティーイノベーションでよりよい世界を)」と定めています。
企業としての成長はもちろんのこと、本業であるビューティービジネスそのもので、社会課題の解決や、人々が幸せになる持続可能な社会を実現することが、使命であると考えています。そのため、イノベーションによる価値の創造を加速させるとともに、資生堂ならではのESCG(環境、社会、文化、ガバナンス)の取り組みをグローバルで強化しています。

「美」は人々に自信や勇気、喜びや幸せ、新たなエネルギーをもたらします。私たちは、現在の困難な環境下こそ、「美」を通じて社会を元気にしていくことができる、そして、「美」には世界を変える力があると信じています。

未来の世代に対して責任を果たすべく、世界中の社員が力を合わせて、この難局を乗り越え、早期の回復と成長、そしてさらなる革新に挑み続けます。
出典:CEOメッセージ | 会社案内 | 資生堂 企業情報

株式会社資生堂の口コミ・評判

株式会社資生堂での就業経験がある方から口コミが届きましたら、こちらにご紹介します。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

転職を決意したら大切なのは

  • スピーディーな情報集め
  • 的確な履歴書・職務経歴書へのレビュー
  • 面接対策

です。

それらは経験豊富で成果にコミットするアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーのような転職エージェントが安心できる味方になるでしょう。

関連記事

おすすめ転職会社4

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事