転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 企業別転職情報 > グッチ(GUCCI)の求人情報と口コミについて調べて見た結果

グッチ(GUCCI)の求人情報と口コミについて調べて見た結果


憧れの外資系ブランドに転職してみようと思ったものの、どのように活動すればよいのかわからない…とお困りではありませんか?

とくにグッチのような世界的なブランドの場合、敷居が高くて無理…と諦めてしまうような方も中にはいらっしゃるでしょう。

そんな方こそ、事前に求人情報や口コミを読んでおくことで安心して転職活動に励めるのではないでしょうか。

そこで、この記事では実際にグッチで働いている、もしくは働いた経験のある方の口コミも含めお伝えします。

グッチはイタリアのファッションブランドの老舗

グッチは、1921年創業のイタリアのファッションブランド、および同ブランドを展開する企業で、バッグ・靴・サイフなどの皮革商品をはじめ、服、宝飾品、時計、香水などを幅広く手がけています。

ケリングジャパン子会社のグッチ・ジャパンが主要販売代理店で、メガネ、香水などの一部商品はライセンスを保有する企業が販売・流通を担っています。

ファッションに興味ある人を広く募集

グッチは、アウトレット含めた全国各ショップ販売スタッフや、バックヤード業務担当スタッフ、他にも、グッチの中途採用の1次選考に関する業務を担うリクルーターを募集しています。

販売スタッフ・バックヤード担当スタッフは、ブランドに興味を持ち、意欲的に仕事が出来る人を求め、人柄や、やる気を重視します。
研修も充実し、店舗スタッフすべてを対象とした研修も参加できるので、知識の習得や自己成長できる環境が整っています。

リクルーターは、営業事務や秘書などサポート業務の経験がある人、人事部もしくは人材紹介会社の経験者(業界不問)、ファッション業界でのマネジメント経験者、面接経験がある人で、Exce/Word、PowerPoint、Outlook などの基本的なスキルが必要となります。

また、グッチグループはグッチ・ジャパンの日本でのイベントや企画の立案・実行をする「PRアシスタントマネージャー」も募集しています。

他のアパレル業界でのPR経験や、モード系ファッション雑誌での編集経験が必要となります。

具体的な仕事内容

グッチで働く際の具体的な仕事は主にショップのスタッフです。

アソシエイトスタッフという立場になってグッチの魅力をお客さんに伝えていくのが主な仕事となっています。

グッチという高級ブランドを背負うからには相応の覚悟が必要となり、一般的なお店のスタッフという域ではありません。商品の紹介や服装との合わせ方などアドバイスも含めて接客をしていく必要があります。

グッチというブランドで働く以上華やかさはありますが、優れた接客をしようと思うとグッチの製品に対する勉強が必要となるため、地道な努力も求められる職業です。

口コミでも地味な仕事があることがよく挙げられています。

求められるスキル

求人情報では英語のスキルがあると良いとされています。

グッチは世界的なブランドであるためグローバルな能力は非常に生かされます。また、グッチの商品に詳しいこともこの仕事をやる上で大切なことです。

口コミを見ていると自分はグッチに詳しいと思っていたが、実際にはまだまだ勉強不足だったとの話も聞かれました。

もちろん、入社後に勉強することはできますが、グッチに関する元々の知識があると大きく有利になれる可能性があります。グッチが好きな方でないとなかなか大変かもしれません。

グッチで働いたことがある人の体験談・口コミ・評判

20代・男性・会社員の方より

グッチの株式会社グッチグループジャパン・ホールディングでしばらくはたらいていた経験があります。

株式会社グッチグループジャパン・ホールディングではたらいていて素晴らしいと感じていたのは、やはり場所を選べるということです。

好きな地域ではたらくことを優先すると多くの企業ではエリア限定職のようにお給料設定が通常の正社員よりもかなり減らされた枠に応募するしかありませんが、

株式会社グッチグループジャパン・ホールディングではそのようなことはなく、通常の正社員として入社してもかなり場所に関しては融通を利かせてくれました。

そのおかげで通勤時間は20分程度でかなり時間を有意義にすることができ、余計な負担はありませんでした。

20代・男性・会社員の方より

株式会社グッチグループジャパン・ホールディングのいいところは「成果を出せばそれなりの報酬がかならずある」ところにあります。

以前、店舗マネージャーとしてお店の売り上げを1割から2割ほど上げることに成功しました。

私がマネジメントしていた店舗はそれほど立地が良いわけではなかったのですが、お店のレイアウトを変更し、高級感は残しつつ、多くの方々がお店の中に入りやすい環境を整えました。

その成果が実ってこのような売り上げ向上に繋がったのですが、その成果の分、お給料も3割ほど向上しました。

それは一時的なものではなく、恒常的に続いてくれたので、かなり生活にゆとりを持つことができるようになりすばらしい経験をすることができ感激でした。

20代・男性・会社員の方より

株式会社グッチグループジャパン・ホールディングは働き方改革にかなり力を入れていると感じました。

株式会社グッチグループジャパン・ホールディングに勤める前も外資系のハイブランドの企業でしばらくはたらいていたのですが、結構残業があり、ワークライフバランスがなかなかとれていませんでした。

しかし、株式会社グッチグループジャパン・ホールディングに転職してみて、残業時間が大幅に減り、家族との時間を大幅に増やすことができました。

残業時間が減ってもお給料に関しては維持、むしろ前の仕事よりも多いくらいだったので、転職してみて本当に良かったと感じていました。人の良さもあり、良好な人間関係を築きやすい企業だと思います。

20代・男性・会社員の方より

以前も外資系の企業でしばらく仕事をしていたのですが、自分が持っているスキルや経験をあまり活かすことができずにいました。

その点が気になって株式会社グッチグループジャパン・ホールディングに転職してみたのですが、これが本当に正解でした。

私が外資系の企業であることを重視している一つ目の理由が語学をことができるというところなのですが、株式会社グッチグループジャパン・ホールディングでは一部の会議は完全に英語で行いますし、海外出身のマネジメント層もかなり多いので英語を使わない日はなくて済みます。

おかげさまで株式会社グッチグループジャパン・ホールディングで英語のスキルをより向上させることができ、コミュニケーション能力も向上させることができました。

まとめ

外資系ブランドに就職・転職したいと思っても、敷居が高いと遠慮してしまう方も少なからずいらっしゃいます。

外資系ブランドへの転職を諦めてしまう理由の大半は、心強い転職のパートナーがいれば解決できます。

外資系ブランドやアパレル業界への転職を希望しているのであれば、たとえばアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーのような転職エージェントに登録して相談してみてはいかがでしょうか。

外資系アパレルやラグジュアリーブランドへの転職支援は業界の中でもピカイチですよ!

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事