転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > ハースト婦人画報社の転職希望者必見!気になるビジネスや業務の内容、待遇、求人情報、口コミ・評判を大公開

ハースト婦人画報社の転職希望者必見!気になるビジネスや業務の内容、待遇、求人情報、口コミ・評判を大公開

人気業界への転職の方法がわからず、立ち止まっていませんか?
ハースト婦人画報社などのエンタメ業界への転職を検討しているなら、まずは転職エージェントに登録して相談してみるのをおすすめします。
下記のボタンから、チャットでサポートに無料相談できます。

転職のご相談ならアズール&カンパニーにおまかせ

業界に精通したコンサルタントが
無料でサポートします

まだ転職を決めていなくても相談できます


ハースト婦人画報社の概要

ハースト婦人画報社とは、『婦人画報』といった女性誌・ファッション雑誌で著名な出版社です。アメリカのメディア・コングロマリットであるハースト・コーポレーションの日本子会社にあたります。

100年以上の歴史を持つ出版社であり、1905年に創刊した『婦人画報』をはじめ、それ以降も、出版業界のパイオニアとして常に最先端を駆け抜けてきた企業です。

近年では、デジタルメディア事業に力を入れているという特徴があり、2006年にはデジタルメディア事業に特化した「株式会社ハースト・デジタル・ジャパン」を設立しました。

ハースト婦人画報社は紙媒体だけでなく、デジタル事業にも注力を入れてきたからこそ、他の出版社がITの発展によって苦境を強いられる中でも業績増加を果たしています。将来的にも業績が安定していると予測されるので、就職・転職先として安心できる企業といえそうです。

ハースト婦人画報社の取り扱う製品・サービス

ハースト婦人画報社では、女性向けのファッション誌などを販売しています。

雑誌

2020年現在、計15誌を定期刊行しています。女性向けファッション誌のほか、ウェディング・インテリア関連ムックを多く出版しているのが特徴です。

なかでも、『婦人画報』は現在も刊行されている女性誌の中で、日本最古の女性誌であり、100年以上の歴史があります

デジタルコンテンツ事業

ハースト婦人画報社は、IT技術の発展を背景に、デジタル事業の強化に注力しています。

女性ファッションに関する情報を中心にデジタル配信を行い、オフラインとオンラインでの体験をシームレスにつなぐビジネスモデルの構築に注力しています。

ハースト婦人画報社で求人はあるの?

ハースト婦人画報社は、2020年現在中途採用を積極的に行っています。新卒者よりも、何らかの社会経験を踏んできた人を広く求めている特徴があるのです。

即戦力となる人員を求めていて、さまざまなバックボーンを持つ人々が集まるようにしていますから、転職はかなりしやすい企業だといえそうです。

転職エージェントの取引実績は下記にも掲載されていました。
エンターテイメント業界のライセンスビジネス関連職の中途採用・求人特集 業界動向や想定年収などを解説 | 外資系企業、消費財業界の転職・求人なら ー アズール&カンパニー

ハースト婦人画報社でのポジション

ハースト婦人画報社では、以下のポジションの求人募集を行っていました。

  • コミュニケーション プランナー
  • コンテンツマーケティング エディター
  • プロモーション部 商品企画マネージャー
  • 「ELLE SHOP(エル・ショップ)」バイイングマネージャー
  • アフィリエイト エディター
  • プロダクト オペレーション&ディベロップメント担当
  • 法務 契約審査担当

この他にも、転職エージェントを通じて採用を行っているようです。上記のポジションに魅力を感じないならば、他のポジション募集がないかをエージェントに相談してみても良いでしょう。

気になる待遇は?

気になる待遇は、ポジションによって少しずつ異なります。ここでは、法務契約審査担当の待遇を確認しておきましょう。

給与

年収700万~
※経験・能力・前給などを考慮し、相談の上決定します
交通費・その他手当
通勤交通費月額10万円までの実費支給
※半期に一度、6ヶ月定期代にて支給します(入社時のみ適宜期間調整が入ります)

待遇・福利厚生

各種社会保険完備
試用期間半年(就業規則による)
※一部、リモートワーク応相談

休日・休暇

完全週休2日制(土日)、祝日、年末年始休暇(12/28-1/4)、フレキシブルホリデー(6日)、年次有給休暇(年間10日~最大20日、入社時付与あり)、5月1日(社休日)、ゴールデンウィーク特別休暇、リフレッシュ休暇(勤続3年、10年、20年、30年)

出典:法務 契約審査担当

休暇や福利厚生もしっかりとしていて、能力によっては700万円以上の年収も期待できます。ですから、転職先としては評価できそうです。

ハースト婦人画報社が大切にしていることとは?

ハースト婦人画報社は、時代背景やIT技術の発展などをしっかりと意識して、事業に変革を起こしていっています。たとえば、近年では、デジタル技術の進展を背景に、デジタルマガジンやEコマース事業に積極的に取り組むなど、パイオニア的な役割を果たしています。

さらに、メディアに掲載されている情報は、ターゲットとする分野に特化したコンテンツを提供していることで評価されています。

このような企業ですから、革新性や新しさを大切にしているといえそうです。

ハースト婦人画報社の転職に必要なスキルや資格

ハースト婦人画報社に転職するには、応募するポジションのスキルや経験が必要です。たとえば、「法務 契約審査担当」に応募するには、以下のようなスキルが必要になってきます。

応募資格

  • 契約審査業務経験5年以上(契約書作成含む)※自身で審査、交渉を完了させられること
  • 基本六法の知識を有する方
  • 事業会社の法務担当として、従業員からの法務相談対応経験のある方
  • デジタル関連の法務の経験ある方
  • 著作権や商標に関する知見のある方
  • 英語コミュニケーション力 ビジネスレベル以上(読み書きは必須)
  • コミュニケーション能力の高い方

歓迎するスキル

  • 法学部、ロースクール出身、司法試験または公務員試験受験経験者歓迎
  • エンターテインメント業界(メディア・イベント関係・旅行関係)での法務担当経験のある方
  • 個人情報関連の法的知識がある方
  • 景表法、薬機法、下請法、特定商取引法などの知識ある方
  • 新民法の知識を有する方
  • 英文契約書の審査業務経験(契約書作成含む)※自身で審査、交渉を完了させられるレベル
  • 英語コミュニケーション力 電話会議が可能なレベル
  • 外資企業での就業経験/海外留学経験/海外での就業経験

出典:法務 契約審査担当

業務経験5年以上など、厳しい応募条件があります。事前に自身が応募したいポジションへの応募資格があるのかを確認しておく必要があるといえそうです。

ハースト婦人画報社が求める人物像

ハースト婦人画報社は、100年以上の歴史を誇る老舗の出版社です。しかし、保守的になることはなく、革新性やイノベーションを大切にしています

ですので、好奇心が旺盛で、さまざまなスタイルに対応できる柔軟性と新しい発想力を持つ人物が求められるといえるでしょう。

さらには、応募するポジションへの専門的な知識やスキル、経験を持っている人であることも大切です。

ハースト婦人画報社の働きやすさ

ハースト婦人画報社は、働きやすいホワイト企業と評価されています。入社後のスキル研修をはじめとし、さまざまなセミナーが実施されています。

アメリカ本社で開催されるデジタルトレーニングへのオンライン参加などもあるので、最先端の情報が学べる機会もあります。

社員の絆を深めるイベントも多く、夏には浴衣パーティー、冬にはクリスマスパーティーが開催されますし、飲み会も多いです。部署の垣根を越えて情報交換できる楽しさもあります。

新しいことに挑戦することを歓迎する社風があり、自身がやりたいことをできる楽しさもあるようです。努力が評価される企業ですので、働きやすさは抜群でしょう。

ハースト婦人画報社の求人情報をお探しなら、下記の転職エージェントで非公開求人を探されることをおすすめします。

ハースト婦人画報社の口コミ・評判

ハースト婦人画報社の口コミ・評判を確認しておきましょう。

30代女性・人事部

「育てる」ということをとても大切にしている企業です。仕事を通じて成長していることを実感できます。スキルはかなり身につくので、退職したあとにフリーランスとして仕事している人も多いです。

オフィスは、青山の一等地にあるので、女性に人気のお店が会社の近くに多くあります。休憩時間などにショッピングを楽しめる良さもあります。

40代女性・マーケティング部

女性が多い職場です。女性管理職も多いです。おっとりしたタイプの女性が多いので、変な派閥もありません。

イベントがないかぎりしっかりと休日を取得できます。夏休みもありますし、冬休みは多い方だと思います。働きやすい企業だと思います。

30代女性・営業

出版物の発売日が決まっているので、締め切りを意識しながら作業をしなくてはならない大変さがあります。限られた時間内でクオリティーを維持しなくてはならないので大変です。

ただ、それぞれが責任感のある仕事を任せてもらえるので、やりがいがあります。個人の裁量でできることが多いので、能動的に仕事をしたい人には楽しめる環境だと感じます。

さいごに:個性や技術を生かして仕事をしたい人にはハースト婦人画報社への転職はおすすめ

ハースト婦人画報社は革新を大切にしている企業です。個性のある人材を求めていますから、自身の発想を活用して仕事をしたいと考えている人にはおすすめできます。

さらに、ハースト婦人画報社は新卒採用よりも、経験のある中途採用を重視しています。社員の平均年齢も高く、さまざまな経歴の方が働いています。

ですので、自身の経験をしっかりと評価してくれる企業に転職したい人にもおすすめできそうです。ただし、ハースト婦人画報社には厳しい応募条件もありますから、自身が条件を満たしているかといったことを含めて、きめ細やかに相談にのってくれる「アズール&カンパニー」のような転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

関連記事

おすすめ転職会社5

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事