転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > 外資系ラグジュアリージュエリーブランドの販売スタッフへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル

外資系ラグジュアリージュエリーブランドの販売スタッフへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル

人気業界への転職の方法がわからず、立ち止まっていませんか?
外資系ラグジュアリージュエリーブランドへの転職を検討しているなら、まずは転職エージェントに登録して相談してみるのをおすすめします。
下記のボタンから、チャットでサポートに無料相談できます。

転職のご相談ならアズール&カンパニーにおまかせ

業界に精通したコンサルタントが
無料でサポートします

まだ転職を決めていなくても相談できます


キラキラと輝くジュエリーに囲まれる仕事に憧れを持つ方は少なくないでしょう。ジュエリー自体の輝きに惹かれるのはもちろんのこと、日々幸せな気持ちで訪れるお客様の接客ができるのもジュエリー販売の特権です。

今回は、そんな外資系ラグジュアリージュエリーブランドの販売スタッフに転職したいとお考えの方向けにさまざまなことを解説します。

外資系ラグジュアリージュエリーブランドとは?

ジュエリーというとダイヤモンドを使用したアクセサリーを連想される方が多いのではないかと思います。

実際にジュエリーに使用される石はダイヤモンド以外にも、希少な石とされるルビーやサファイヤとはじめとし、琥珀やエメラルド、トパーズといったさまざまな種類があり、また加工の方法やデザインによって星の数ほどバラエティーがあります。

また、広く知られたジュエリー企業には以下のようなものがあります。

カルティエ

言わずとしれたフランスの老舗ジュエリーブランドです。日本にも数多くブティックを展開しており、ブライダルリングのみならず、色とりどりの宝飾をあしらったデザインのジュエリーを展開しています。

シャネル

これまたフランスの代表的なブランドです。ファッションをメインとしていますが、近年ジュエリーも展開を開始し、高級感あふれるデザインや、ココ・シャネルのエスプリが表現されており好評です。

ブルガリ

こちらはイタリアを代表する宝飾品ブランドです。ロイヤルファミリーにも愛用されるような高価なジュエリーを多く発表しており、その艶やかなデザイン、表現方法が特徴的です。

ティファニー

名画「ティファニーで朝食を」に登場し、またたく間に世界にその名を知らしめたアメリカの老舗ジュエリーブランドです。ブライダルリングは長年人気を誇っており、ティファニーの、洗練された画一的なデザインは他のブランドには存在しないと言い切れるブランドでもあります。

ヴァンクリーフ&アーペル

クローバーのデザインが可愛らしいアルハンブラは近年日本でも人気を誇っていますが、こちらも本格的な宝飾品を取り扱うフランスの老舗ジュエリーブランドです。

外資系ラグジュアリージュエリーブランドの販売スタッフの主な業務内容を解説

外資系ラグジュアリージュエリーブランドの販売スタッフはどのような業務を行っているのでしょうか。具体的に任される業務をご紹介します。

接客販売業務

販売スタッフとして入社しますので、基本的には接客販売をメインで受け持つことになります。

修理受付

ジュエリーは一生モノとしてメンテナンスを続けながら愛用していくものです。したがって、定期的に修理を受けに来るお客様の対応も販売スタッフの業務の一環となります。

企画提案・実施

店舗で実施するイベントなどの企画、実行も店舗スタッフの業務です。お客様に喜ばれるような企画を提案し、当日実行するところまでを担います。

在庫・顧客管理

店舗に来店したお客様へのサービスだけではなく、販売スタッフは店舗に関するさまざまな業務も担当します。その一つが、店舗の在庫管理、そしてお客様の情報などを管理する業務です。

顧客とのリレーション作り

販売スタッフは、お客様とより良い関係を築き、継続的にブランドのファンとなってくれるよう、尽力します。それに伴う業務も販売スタッフが担うこととなります。

気になる待遇

外資系ラグジュアリージュエリーブランドは、基本的に週末をはじめとした休日が書き入れ時となりますので、土日や祝日、連休はシフトに入ることが多くなると覚えておきましょう。

年収としては300~500万円程度とされているようですが、これまでの経験やスキル、販売実績などによっても考慮されるので、自分の実績などでアピールできるポイントがある場合には採用面接の中でアピールするようにしましょう。

外資系ラグジュアリージュエリーブランドの働きやすさ

外資系ラグジュアリージュエリーブランドは、女性が働きやすい環境が整っている特徴があります。

ジュエリーに興味があるのは、女性が多い傾向にあります。そのため、ラグジュアリージュエリーブランドの社員も女性が多く、女性スタッフが中心となってブランド運営をしています。

ですので、出産や育児によって女性が辞めていってしまうと、引継ぎがうまくいかずに業務が回らなかったり、スタッフ補充に時間がかかってブランドの発展に時間がかかったりしてしまいます。

ですので、外資系ラグジュアリージュエリーブランドでは、女性社員が業務を継続できるように、産休・育休の環境が整っています

法律で求められている以上の育児短時間勤務制度を備えている会社も多くありますし、社内のコンプライアンスもしっかりしている傾向にあります。

これらの制度は、男性社員がプライベートを充実させながら働くうえでも大切なものです。ですので、男女を問わずに外資系ラグジュアリージュエリーブランドは働きやすいと考えられるでしょう。

外資系ラグジュアリージュエリーブランドの求人情報をお探しなら、下記の転職エージェントで非公開求人を探されることをおすすめします。

外資系ラグジュアリージュエリーブランドが求める人物像

外資系ラグジュアリージュエリーブランドが求める人物像は、ブランドごとに少しずつ異なります。しかし、以下の3つはいずれのブランドでも満たしておく必要があります。

  • ブランドの特色を理解している人
  • 革新的な人
  • 英語力がある人

ハイジュエリーブランドは、カジュアルなブランド以上にそのブランドならではの伝統や特色があります。販売員は自社ブランドの特色を理解し、お客様におすすめのアイテムなどを説明しなくてはなりません。

ですので、日ごろからそのブランドの製品を愛用していたり、憧れの気持ちを持っていたりしておくことが大切になるのです。

また、ハイジュエリーブランドは、伝統を大切にしつつも、流行に合わせて変化をしていくことを大切にしています。ですから、革新的で、新しいアイデアをどんどん提案していける人であることも求められるでしょう。

さらに、外資系のラグジュアリーブランドでは、語学力が必須となります。たとえ日本店舗の販売員であっても、本社との英語でのコミュニケーションが必要になってきます。

一般的な会話ができるだけでなく、ビジネス英語のレベルを求められます。電話やメールが英語で難なくできることが必要になってくるのです。

外資系ラグジュアリージュエリーブランドの販売スタッフに求められるスキルとは?

外資系ラグジュアリージュエリーブランドの販売スタッフは、販売ポジションで活躍した経験を求められるようです。現在、募集中の求人でも以下のようなスキルを応募条件としていました。

応募条件
■外資系ジュエリーブランドでマネジメント(店長/副店長)のご経験のある方

<尚可>
■語学力(英語・中国語)のある方
■外商対応経験のある方
■百貨店店舗でのご就業経験のある方

出典:[外資系ラグジュアリージュエリーブランド]外資系ラグジュアリージュエリーブランドにてストアマネージャーを募集します。

原則的に、外資系ラグジュアリージュエリーブランドでの販売経験を有する方が採用される傾向にあります。

これは、外資系ラグジュアリージュエリーブランドがどのような業界であり、またそこに訪れるお客様がどのような方々であるか、どのようなサービスを心地よく感じるかを予め知っている人のほうがより早く戦力になるからです。

これまでに外資系ラグジュアリージュエリーブランドでの販売経験がない方で転職を希望している場合には、高級消費財を販売にするにふさわしい接遇やマナーがどのようなものであるかを自分で学んで実践しておきましょう。

また、販売スタッフはチームワークやコミュニケーション能力が必須となりますので、日頃から注意しておきましょう。

外資系ラグジュアリージュエリーブランドの面接対策

外資系ラグジュアリージュエリーブランドの販売の面接では接客スキルをアピールできるかがポイントになるでしょう。

主に、富裕層やVIPの方々に対しての接客になりますので、そのような方へ失礼のない対応ができるかどうかを見られます。言葉遣いなどにも注意し、ブランドへの深い知識と販売力、提案力を持っていることをアピールするようにすると採用につながるはずです。

外資系ラグジュアリージュエリーブランドの難易度

外資系ラグジュアリージュエリーブランドの販売のポジションへの転職はそれほど難しくはないとされています。

高卒でも可としているブランドも多いので、学歴が壁となって不採用になることもありません。必須の資格などもない場合が多いので、何らかの販売に関する仕事の経験があれば、比較的かんたんに採用される傾向にあるようです。

外資系ラグジュアリージュエリーブランドで働くときに必要な心構え

ラグジュアリーには「贅沢な」・「豪華な」 といった意味があります。

高級品や贅沢品などを扱うハイジュエリーブランドで働くならば、それなりの心構えが必要になってきます。たとえば、以下のような心構えが必要です。

  • おもてなしへの意欲
  • 教養を高めたいという意識
  • 販売員のポジションへの誇り

ラグジュアリージュエリーブランドのお客様は、ハイソな人が多い傾向にあります。このような人たちは、高いレベルの「おもてなし」を日常的に受けています。

その点を理解し、きちんとした言葉で接客がしたい、相手に気持ちよくなってもらいたいという意欲を常に持っておくことが大切になります。

さらに、ハイジュエリーブランドのアイテムは、観劇や歌舞伎といった文化的なシーンに似合います。ですので、文化的なことを愛しているお客様が多いです。

お客様に文化的な話題を振られてもきちんと話を合わせられるように、教養があることや教養を身に着けたいという意欲を有しておく必要があります。

もちろん、ジュエリーに関する知識が豊富であることも欠かせません。販売員としての経験を豊富に積み、ジュエリーやお客様の求めるものを理解することが必要になります。

販売員というポジションに誇りを持ち、ジュエリーに対する知識を身に着けたいと考える心構えが必要になるでしょう。

外資系ラグジュアリージュエリーブランドの販売以外のポジション

外資系ラグジュアリージュエリーブランドの販売職で活躍するにはさまざまな知識やスキルが必要になります。「私では販売職が合わない」と考えてしまった人もいるのではないでしょうか?

外資系ラグジュアリージュエリーブランドでは、販売員以外にも多様なポジションが準備されています。販売員の職種への転職を難しく感じている方は、以下のようなポジションへの転職を検討してみてはいかがでしょうか?

PR職

ブランドをPRする職です。PR活動は、デジタルコミュニケーションを主軸とした展開が主流になってきています。ですので、ジュエリーに関する知識があまりなくとも、デジタルに強い人材ならば活躍のチャンスがあります。

詳しくはこちらで解説しています。
外資系ラグジュアリーブランドのPR職の求人特集

MD職

トレンドを分析し、商品企画・販売計画を立てて、さらには予算を組むポジションです。在庫過多を回避するために、数字を読む力が求められます。ですので、数字に強ければ、ジュエリー業界に関する知識が乏しくとも活躍のチャンスがあります。

詳しくはこちらで解説しています。
外資系ラグジュアリーブランドのMD職の求人特集

外資系ラグジュアリージュエリーブランドに転職するコツ

外資系ラグジュアリージュエリーブランドに転職する際には、ハイジュエリーブランドに勤務した経験があると有利になります。ですので、外資系ラグジュアリージュエリーブランドに転職したいならば、何らかの手段で、ハイジュエリーブランドの販売員としての経験を積むことが重要になってくるでしょう。

キャリアの積み方はそれぞれですが、まずは派遣で経験を積むのもおすすめです。派遣と聞くと、事務職などのイメージが強いです。しかし、最近は、販売職の派遣もかなり人気が出てきていて、求人も豊富です。

正社員にこだわらずに、まずはハイジュエリーブランドの店舗に勤務して、クオリティの高い接客スキルやジュエリーの知識を身に着けることが大切になってくるといえるでしょう。

おわりに

外資系ラグジュアリージュエリーブランドと聞くと敷居が高くて自分には難しい…と感じてしまう方も少なくないかと思いますが、専門的に転職サポートを行っている転職エージェントの担当者とすり合わせを行いながら進めれば決して無理な夢ではありません。

プロフェッショナルなエージェントからのアドバイスがほしい!と思われる方は、まず「アズール&カンパニー」という業界特化型の人材紹介会社に相談してみてはいかがでしょうか。きっと良い結果が出ますよ。

関連記事

おすすめ転職会社5

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事