転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > 外資系大手コーヒーチェーンのフード商品開発シニアスペシャリストへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル

外資系大手コーヒーチェーンのフード商品開発シニアスペシャリストへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル


「外資系企業への転職」という言葉から、銀行や証券、保険会社といった金融業界への転職や、ファッションブランド、化粧品ブランドへの転職をイメージされる方が多いのではないでしょうか。

実際には、生活にもっと身近なものも外資系企業が運営しています。今回は、我々の生活には欠かせない存在となった外資系コーヒーチェーンのフード開発シニアスペシャリストとして転職するケースを例にとって解説します。

外資系大手コーヒーチェーンとは?

オフィスでの休憩時間、子育ての合間に一息つきたいときのお供と言えるのがコーヒーではないでしょうか。我々に憩いの時をくれるコーヒーチェーンにも外資系企業が存在しますので、ご紹介します。

STARBUCKS(スターバックス)

言わずと知れた、コーヒーチェーンの金字塔とも言える企業がスターバックスですね。

1971年にアメリカのシアトルで誕生したスターバックスは、1996年に銀座で日本第一号店をオープンしました。完全禁煙の店舗でコーヒーの香りに集中できるという特徴を持ったコーヒーチェーンです。

TULLY’S COFFEE(タリーズコーヒー)

日本においてスターバックス派とタリーズ派に分かれるほど、その存在感をなしているのがタリーズコーヒーです。

1992年にスターバックスと同じシアトルで誕生した後、日本には1997年に上陸しました。比較的若年層をターゲットとしたスターバックスに比べ、もう少しコーヒーへのこだわりの強い25歳以上の顧客をターゲットにしているのが特徴です。

Seattle’s Best Coffee(シアトルズベストコーヒー)

スターバックスやタリーズコーヒーに比べると店舗数においても知名度においても若干低くはあるもののコアなファンを持ち続けているのが、シアトルズベストコーヒーです。

シアトルにおいては、実はこのシアトルズベストコーヒーこそ、コーヒーチェーンの草分け的な存在です。アメリカにおいてはこの3社がシアトル系コーヒーチェーンの御三家と呼ばれています。

外資系大手コーヒーチェーンのフード商品開発シニアスペシャリストの主な業務内容を解説

外資系コーヒーチェーンにどのような企業があるかわかってところで、フード商品開発シニアスペシャリストの業務が具体的にどのようなものであるかをご紹介します。

本国との協業・連携による商品開発戦略策定

本国とのやり取りを通じ、商品開発に向けて動きます。

担当カテゴリー品揃え戦略立案・実施

どのようなフードを展開するかが決まったら、早速どのようなラインナップで店舗にて展開するかを考え、実施します。

原材料マネジメント

フードを開発し、店舗に並べる上でどのような企業からどのような原材料を調達するかも綿密に計画します。

付加価値の高い商品開発を練る

企業ブランドの価値を高めることの出来る商品開発をするために、付加価値をもたせる工夫を練ります。

店舗に導入する上でのオペレーション構築

店舗で販売するに当たり、店舗スタッフが手を加える必要があるようなフードである場合、その流れもきちんとマニュアル化します。

気になる待遇

フードのアイディアを立案するだけではなく、店舗でのオペレーションまで考えて実施する立場にあるフード商品開発シニアスペシャリストの待遇は気になりますよね。

責任のある立場ですので、基本的に正社員での雇用がメインとなり、年収の目安としては600~750万円程度となるようです。

ただし、これまで同業他社での経験や、高いスキルがある場合にはこれ以上になる場合もありますので、実績などでアピールできることは積極的に面談に際に伝えましょう。

外資系大手コーヒーチェーンのフード商品開発シニアスペシャリストに求められるスキルとは?

外資系大手コーヒーチェーンのフード商品開発シニアスペシャリストにはどのようなスキルが求められるのでしょうか。以下にリストアップしたので確認してみましょう。

  • 外食産業・食品メーカーにおける商品企画・商品開発経験5年以上
  • 社内外に関わるプロジェクト経験
  • 日常会話レベルの英語力

業務上のスキルや経験以外には、以下のような能力が求められます。

  • コミュニケーション能力が高いこと
  • 仕事に対して高い責任感を持って行動できること
  • 社内外と適切な信頼関係を構築していくことができること
  • 積極的に業務に取り組み、革新的に行動できること
  • チームと柔軟に関わりあえること
  • マネジメント経験があれば尚可

おわりに

いかがでしたでしょうか。

これまで食品に携わる業務をしてきた方にとっては、やりがいもありまた収入も魅力的なポジションですよね。ただし、さまざまな能力、そしてスキルを必要とされるのも事実です。

「憧れるけれど、自分には適していないかな…」とお悩みの方は、そのようなケースをこれまで度々解決してきたアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーのような転職エージェントへ相談してみてはいかがでしょうか。きっと有益なアドバイスをもらえますよ!

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事