転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > 外資系大手消費財メーカーのアートワークプロダクションスペシャリストへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル

外資系大手消費財メーカーのアートワークプロダクションスペシャリストへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル


「もっと実力を試せる外資系企業で今よりもバリバリ仕事をしたいな…」と思ったことはありませんか?そう思ったら吉日!すぐに行動を取りましょう。

外資系企業とひとまとめにしても、さまざまな業界、業種が存在します。まずは自分がどのような業界の、どのような職種に転職したいかを明確にすることから始めてみてはいかがでしょうか。

この記事では、具体的なポジションを例に挙げて、業務内容や待遇について解説します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

外資系大手消費財メーカーとは?

今回は、食品、洗剤、ヘアケアなどをはじめとして家庭内で使用する製品を取り扱う外資系大手消費財メーカーを例にとってご説明します。まずは外資系大手消費財メーカーにどのような企業があるかを知っておくとイメージしやすいでしょう。

P&Gジャパン

アメリカ合衆国に本社を置くP&Gは、世界180カ国以上48億人以上の人に愛用されている生活用品を取り扱う世界最大の消費財メーカーとして知られています。

アリエールやボールドといった洗濯洗剤、シャンプーのパンテーン、スキンケアではSK-ll、男性用品ではGillette(ジレット)などのひげそり用品を取り扱っており、これまで生活の中で一度も目にしたことがないという方はまずいない製品を数多く取り扱っています。

日本ロレアル

日本ロレアルは、フランスに本社を構える世界一の化粧品メーカーであるロレアルグループの日本法人です。

創業当時から、化粧品ビジネスにのみ集中しており現在では世界中で愛用者を多く持つ32のグローバルブランドを展開しています。日本ロレアルでは、アジアにおける研究開発の戦略的なポジションを持っており、さまざまな商品開発も行われています。

その社名通り、ロレアルの製品はもちろんのこと、Lancome、shu uemuraといった高価格帯の化粧品意外にもマスカラなどで知られるメイベリンニューヨークのような低価格帯の化粧品も取り扱っています。

ユニリーバ・ジャパン

ユニリーバ・ジャパンは、世界最大級の消費財メーカーとして広く知られるユニリーバの日本法人です。世界中でパーソナルケア・ホームケア・食品といった分野における製品を展開しています。

日本ではDove(ダヴ)やシャンプーのLUX、紅茶のリプトンなどを展開しています。高級な製品ではなく、人々の生活に根付いた製品を高品質で届けるということに注力したメーカーとして世界中で愛されています。

ジョンソン・エンド・ジョンソン

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、日本において一般向け製品、コンタクトレンズ製品を取り扱っており、前者はコンシューマーカンパニー、後者はビジョンケアカンパニーがそれぞれ販売をしています。

日用品ではバンドエイド、ジョンソン綿棒などが広く知られており、またベビーのための生活用品としてベビーローション、ベビーオイル、ベビーパウダーなども古くから愛用者の多い製品です。

コンタクトレンズ製品はワンデイアキュビューをはじめとしたアキュビュー製品を取り扱っており、日本人においても馴染みの多い製品を多く取り扱っている企業です。

イメージ通りの米系企業、意外にゆったりした欧州企業

外資系大手消費財メーカーという言葉を聞くと、ノルマに追われるハードワークばかりをイメージされる方も少なくないのではないでしょうか。

外資系大手消費財メーカーと一括りにしても、大まかに言ってアメリカ系企業とヨーロッパ系企業が存在し、それぞれ非常に異なった文化や雰囲気を持っています。

ハードワーク、高収入の米系企業

すべてのアメリカ系企業に共通することではありませんが、アメリカ系企業は基本的にハードワークの代わりに高収入であるというケースが多い傾向にあります。

高収入を得るにふさわしいスキルに絶対の自信がある方はこのような企業で実力をアピールしダイナミックな金額の収入を得るという方法があります。

家族や健康第一の欧州企業

アメリカ系企業と比較して、家族との関係性や社員本人の健康状態にまで気を配った働き方を推奨する傾向にあるのがヨーロッパ系企業です。

家族が体調不良になってしまった場合や、自身が体調不良の場合、チームでフォローして協力するという姿勢が基本にあります。

一方でアメリカ系企業と比較すると収入はそうダイナミックに高額ではないケースが多く、高収入、昇進スピードの速さがモチベーションの軸である方にはあまりおすすめできません。

外資系大手消費財メーカーのアートワークプロダクションスペシャリストの主な業務内容を解説

外資系大手消費財メーカーにどのような企業があるか把握できたところで、アートワークプロダクションスペシャリスト具体的な業務内容のご説明に移りましょう。

広告代理店との業務

アダプティブデザインの納品を円滑に進めるために広告代理店とともに以下のような業務を遂行します。

  • アートワークの進行管理業務
  • 制作物の効果を測定する
  • アートワークツールの管理
  • パーッケージデザインの品質管理および納期の管理
  • 社内、そして社外との調整

アートワークプロダクションスペシャリストというポジションでも、企業や部署によって、デザインそのものを任される場合と、ディレクションのみとなる場合がありますので、事前に転職エージェントの担当者などを通じて確認しておくと良いでしょう。

気になる待遇

基本的に正社員での雇用となります。年収としては400~600万円が目安となりますが、これまでの経験や実績によって変動しますのでアピールできる要素はしっかりと伝えましょう。

賞与や社保・厚生年金・労災保険・雇用保険などは完備されいるケースが多く、福利厚生も充実している傾向にあります。

外資系大手消費財メーカーのアートワークプロダクションスペシャリストに求められるスキルとは?

業務内容も、待遇も非常に恵まれているポジションですが、従事するためにはどのようなスキルが求められるか解説します。

  • デザイン会社や印刷会社での就業経験○年以上
  • ビジネスレベルの英語(読み書きともに)
  • プロセスをリードしていく牽引力
  • 状況把握に優れていること
  • 円滑なコミュニケーション能力

基礎的な経験はもちろんのこと、社内外の方々と日々やり取りを行うので、コミュニケーション能力の高さは高く評価されそうですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

外資系企業への転職には、心強いパートナーが欠かせません。それは友人や知人でももちろんOKですが、これまでさまざまなケースの転職に立ち会ってきたプロフェッショナルであれば尚の事安心ですよね。

アズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーは、消費財メーカーへの転職サポート経験が豊富なので一度相談してみてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事