転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > 外資系調理器具・家電ブランドのストアオペレーションマネジャーへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル

外資系調理器具・家電ブランドのストアオペレーションマネジャーへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル


「外資系企業でバリバリ働きたい!」と意気込むものの、どのような企業のどのような職種に募集があるのかわからずにいませんか?

転職するならこの企業が良い!という憧れの転職先はあるものの、その企業にどのような部署があり、具体的にどのような業務内容なのかはなかなかわからないものです。

この記事では、外資系調理器具・家電ブランドのストアオペレーションマネジャーの業務内容や待遇についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

外資系調理器具・家電ブランドとは?

外資系調理器具・家電ブランドと聞いたときに、いくつブランド名が頭に浮かびますか?転職先として検討する場合には、競合他社についても一定以上知識を蓄えておくことが大切になります。外資系調理器具・家電ブランドのいち部を紹介しますのでリサーチしてみてはいかがでしょうか。

Electrolux(エレクトロラックス・ジャパン)

エレクトロラックスは、スウェーデン・ストックホルムに本社を構える世界最大級の家電メーカーです。

日本においては冷蔵庫・洗濯機といった生活に欠かせない白物家電をはじめ、ビルトインタイプの調理器具(オーブンや電子レンジ、食洗機など)を輸入し販売しています。その他生活用品である掃除機や空気清浄機なども展開しています。

Miele(ミーレ・ジャパン)

ミールはドイツに本拠を構える電気機器・家電製品のメーカーです。1992年に日本法人が設立されました。

取り扱う製品は主に食器洗い機、オーブン、冷蔵庫・冷凍庫・ワインクーラー、電気コンロやコーヒーメーカーといったキッチン周りの家電製品であり、そのスタイリッシュなデザイン、そして一流のシェフに愛用者も多いことで知られています。

De’Longhi(デロンギ・ジャパン)

オイルヒーターで世界的に知られるデロンギも、エスプレッソメーカーやハンドブレンダー、オーブンといったキッチン周りの家電製品を多く取り扱っています。

特に電気ケトルやコーヒーメーカーは、近未来的なステンレスのデザインが人気であり、カフェなどでも広く使われています。日本においては「ブラウン」の製品もデロンギ・ジャパンが2013年より代理店として輸入販売しています。

外資系調理器具・家電ブランドのストアオペレーションマネジャーの主な業務内容を解説

外資系調理器具・家電ブランドにどのようなブランドがあるかわかったところで、具体的な業務内容の説明に移りましょう。

目標予算の達成にかんする業務

リテールオペレーションプランを立案し、目標設定・提案を通して上司や本社の承認を取り、実施した後には進捗管理をし、その結果を分析して報告するところまでが業務になります。また、改善点を挙げて次につなげるための施策を考えます。

店舗にかんする業務

店舗で実施するプロモーションの立案・代案の用意をし、店舗の目標予算を達成するために必要なアイディアを練りだします。

気になる待遇

さまざまな業務内容が複雑に絡み合うポジションなので、待遇が気になりますね。具体的に解説します。まず雇用形態は正社員であることが大半です。

年収の目安として500~650万円となっており、社会保険や福利厚生は日系企業と同様に完備されていると考えて良いでしょう。店舗に実際に出て勤務するポジションではないので、土日は基本的に休暇となる他、祝祭日も休暇となるでしょう。

外資系調理器具・家電ブランドのストアオペレーションマネジャーに求められるスキルとは?

店舗の目標予算を満たすために立案・実行するポジションである外資系調理器具・家電ブランドのストアオペレーションマネジャーに求められるスキルがどのようなものであるかご存知でしょうか。

ハードルが高そうに思えるポジションでも、これからの努力や経験の積み重ねで転職のチャンスを掴むきっかけにもなりますので、よく確認してみてくださいね。

  • リテール業界でのプランニング経験○年以上
  • 店舗スタッフのマネジメント経験
  • 大卒以上
  • 家電・耐久消費財でリテールプラニングの経験があると尚可
  • ビジネスレベルの英語力(読み書きともに)
  • 部署をまたいでのコミュニケーションが伴うため、円滑なコミュニケーション能力
  • 高い分析能力
  • 論理的思考にとんだ能力
  • チームワークに活きる人間スキル

未経験ではなかなかつかみにくいチャンスではありますが、要素ひとつひとつとして個人レベルで努力を積み重ねることも十分可能な必要条件なのではないでしょうか。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

外資系企業は常に「定まったスキルを有している人物」だけにフォーカスをおいて求人募集する傾向にありますので、ご自身のスキルや経歴をそれに見合ったものに寄せていく工夫は不可欠と言えます。

魅力的な人材と評価されるためのテクニックは、たとえばアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーのような転職エージェントのもとで磨くこともできます。まずは相談してみてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事