転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > アメリカンスポーツブランドの法務マネージャーへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル

アメリカンスポーツブランドの法務マネージャーへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル


これまで培ってきたスキルやノウハウを生かせる場所は意外に近くにあるということをご存知でしょうか?今携わっている業務に少し物足りなさを感じるようになったら、そんなときこそ外資系企業への転職を検討すべきタイミングです。

この記事では男女問わず人気の業界であるアメリカンスポーツブランドの法務マネージャーに転職する場合を例に取りご紹介します。ぜひ参考にして、キャリアアップを目指してくださいね!

アメリカンスポーツブランドとは?

スポーツブランドへの転職は男女問わずとても人気がありますが、具体的にどのようなブランドがあるかまで把握されてますか?新卒採用のときに一生懸命打ち込んだであろう業界研究は転職活動の際にも欠かせません。

業界についての知識をまんべんなく知っておくだけではなく、競合他社の製品やマーケティング方法なども把握しておくことが重要となります。

Nike(ナイキ)

Nikeは言わずと知れたスポーツブランドの王様とも言えるブランドです。

本社をアメリカ合衆国オレゴン州に置き、スニーカーをはじめとしたスポーツウエア全般を取り扱うリーディングカンパニーのひとつであることは周知の事実でしょう。

ギリシャ神話に登場する勝利の女神「ニケ」からそのブランド名をとったと言われており、先にスポーツウエアブランドとして確固たる地位を確立していたプーマやアディダスなどを一気に遠ざけるだけの人気を獲得しました。

New Balance(ニューバランス)

New Balanceは、アメリカ合衆国ボストンでアーチサポートインソールといった足裏をサポートするツールを作る矯正靴メーカーとして誕生したブランドです。

足の解剖学的な知識、整形外科のノウハウ、運動生理学を優先し作り上げた靴製品は、足の健康を第一に考えられておりスポーツをする上で同時に健康までカバーできると世界中で愛用されています。ランニングシューズの代表的なブランドであるとも言えるでしょう。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

THE NORTH FACEはアメリカ合衆国カリフォルニア州で誕生したスポーツブランドです。

真の機能性と自然との共存をモットーとした製品づくりをしており、自社ですべての製品を開発しています。とくにアウトドア・スポーツシーンで使用するアウターが評価されており、軽量で温かいアウターは世界中で愛用されています。

悪天候の中で行うスポーツなどではとくに欠かせないブランドとしても知られています。

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)

日本でも広く知られるようになってきたUNDER ARMOURは1996年にアメリカ合衆国メリーランド大学のアメリカンフットボール選手だったケビン・プランク氏が創業したブランドです。

選手が心地よく着用できるようなアンダーウエアを開発したいという想いから生まれたブランドは、現在でも快適な男性用アンダーウエアを発表し続けており、世界中にファンを持つブランドとして知られています。

現在ではアメリカンフットボールのみならずゴルフ、サッカー、バスケットボールに関連する製品も開発し展開しています。

アメリカンスポーツブランドの法務マネージャーの主な業務内容を解説

さすがスポーツ大国アメリカだけあって著名なスポーツブランドがたくさん存在しますね。それでは次にアメリカンスポーツブランドの法務マネージャーとして就業した場合にあたる業務についてご説明します。

リーガルサポート全般

日本を拠点としたアジア各地域に対する法的サポートを担当することになります。

法的リスクのサポート

事業活動における潜在的な法的リスクを把握し、最小化に努めます。

ブランドを守る業務

コピー品や模造品と言った知的財産権を侵害するような行為に対してアクションを取り、根絶を目指します。

コーポレート・ガバナンス全般

法務マネージャーとして、コーポレート・ガバナンスに関する事項について法的にサポートします。

法務チームの支援

商標登録プロセスや新規登録の際には法務チームをサポートします。

気になる待遇

ブランドの価値を守り、そして知的財産権を守るために奮闘するアメリカンスポーツブランドの法務マネージャーですが、その待遇はどのようなものなのか気になりますね。次にご紹介します。

  • 正社員として雇用されます
  • 勤務地は東京都内となります
  • 年収の目安は600~900万円となりますが、経験や実績を考慮の上決定となります
  • 社会保険完備
  • 社員割引あり
  • 刑事休暇・有給休暇・年末年始休暇あり

正社員として雇用される上での待遇としては問題なく、これまで実務で経験を積んできている方にとってはアピール次第で年収も相談に応じてくれるので良い条件と言えるのではないでしょうか。

アメリカンスポーツブランドの法務マネージャーに求められるスキルとは?

非常に良い条件で雇用されることがわかったところで、必要となるスキルについても触れておきましょう。

  • 法務経験5年以上
  • アメリカ・オーストラリア弁護士資格保有者
  • ビジネスレベルの英語力
  • ビジネスレベルのPCスキル
  • ブランドビジネスでの就業経験
  • ニューヨーク州立弁護士資格尚可

法務マネージャーとして従事するには十分な法務の経験だけではなく、弁護士のライセンスも必要となります。これまでにアメリカ・オーストラリア弁護士資格を持ちながらも日本で活用できていなかった方にとってはベストな採用情報でしょう。

おわりに

憧れのアメリカンスポーツブランドで法務マネージャーとして就業できるかどうかは、あなたの実力だけではなくそれを応援しサポートする転職エージェントの存在にもかかっています。

不安や不明なことがなくても、気軽に相談できる転職エージェントの存在は絶対的に心強いものです。たとえばアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーであれば、これまでの豊富な経験を生かして適切なアドバイスをくれるでしょう。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事