転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 企業別転職情報 > Adidasに転職で採用されるポイントと口コミ・評判の調査結果

Adidasに転職で採用されるポイントと口コミ・評判の調査結果


Adidasはドイツのスポーツ用品メーカー

Adidasは、ドイツのバイエルン州に本社がある、日本でもよく知られたスポーツ用品メーカーです。
サッカー日本代表も、アディダスが制作したユニフォームを使用しています。
スポーツメーカーの中でもナイキに次いで2番目の位置につけています。

1998年、直営日本法人であるアディダスジャパンが設立され、本社は六本木(東京都港区)に、ショールームは東京都・江戸川橋にあります。

中途採用は経験を重視

Adidasの場合、店舗スタッフは公募で新卒採用を行っていますが、新卒の一括採用に関してはほとんど公募を行っていないようです。
アディダスのような外資企業は、事務管理スタッフなどは中途採用が多いのが実情です。

新卒で採用されるには、長期のインターンシップを必ず経験する必要があり、ES、一次面接(省略されることもある)、二次面接(受け入れ担当によるもの)を経て長期インターンシップに参加できたとしても、インターンシップで社員に評価され、努力が認められることで入社になります。

中途採用の場合、マーケティング&コミュニケーション、人事、Eコマース、リテール(バックオフィス)、アカウンティング&ファイナンス(経理・財務)、サプライチェーンマネジメント(物流管理)の6職種で募集を行っています。

中途の場合、即戦力となる人材で、シニアマネージャー級の求人が多いことから、該当する業務に関する実務経験が必須とされます。
経験年数も、3~5年程度を最低条件とする場合が多く、小売り、アパレル等、前職の業種の経験が求められることもあります。

Adidasで働いたことがある人の体験談・口コミ・評判

Adidasでは十年間ほど働かせてもらいました。私自身がスポーツに長らく携わっていた事と学生時代に接客に興味をもっていたこともあり自分の好きなブランドで挑戦してみたいと思いました。Adidas入社後は接客とはこれほどにまで奥が深いのかと驚きと感動したこと。自社製品も無料でもらえたり、新作が出れば身につけて接客することができます。最新アイテムを自分の体に身につけられるのは本当に幸せだなと思います。Adidasは社割で買うとかなり安く買えます。なので自然と私服もアディダスが多くなります。アルバイトの人たちともいい関係性を築けているので安心して働ける環境が整っているなと私は感じています。休みももちろんあります。
(50代以降・男性・営業)

Adidasは世界的にも有名でありブランドイメージのよい会社の一員であることは誇りに感じられます。ワールドカップシーズンになると名前の入ったユニフォームを支給してもらえます。サッカー日本代表をはじめ多くの契約チームや選手がメディアに出る度に自社製品やロゴを目にする機会もおおくスポーツ好きにはたまらない環境です。Adidasは私服だけではなく色々なところで着る機会があるので是非オススメしたいです。朝番、遅番があります。自分の希望を通すことができるのもAdidasの働くスタイルかなと思います。自分のライフワークバランスを考えながら働くことができます。給料面もかなり安定していると言えます。ボーナスはインセンティブです。
(50代以降・男性・営業)

Adidasは客層としてはお子様からご年配の方が多いなという印象があります。幅広い年齢層の方が利用されています。本当にたくさんの方が利用されているなと感じます。そして海外の方など幅広く接する機会が多かったため語学が堪能な方にはかなりオススメすることができます。語学は中国語が特に大事で中国人が多く買いに訪れます。また人間関係が良かったこともあり安心して働くことができます。人間性の部分で大きく成長できたと思います。人としても成長することができるし社会人として一人前になれる環境があります。週休は2日で休みをもらえています。ボーナスも必ず2日あるのも特徴です。インセンティブもがんばれが頑張るほど支給してもらえます。
(50代以降・男性・映画)

20年前になりますが商品開発部門にて勤務しておりました。当時は20代でしたので開発に直接係る機会は無かったのですが、いまの勤務先(国内起業)と比較すると数々の社内申請において決裁手順が少ないと感じました。だからといって容易な仕事ではありません。結構社内においてセクショナリズムを感じることもしばしばです。部署間の縦割り化が厳しくなされており、多部門を巻き込む仕事は内線電話やメール文面で失礼が無い様配慮は勿論のことですが、協力して同じ会社として良い方向を向いていこうという文化は少なく、お互いがお互いの主張をして、ぶつかり合うことが多かったです。歩み寄りが少なく体育系の公式戦という感じがします。結局は勢いで納得させた方の勝ちになる雰囲気でした。しかし収入は安定しておりますし、スポーツ有名選手ともお会いできる仕事ですので、ガッツと興味がある方にはお薦めです。
(40代・男性・金融業)

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事