転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > 外資系コレクションブランドのPRマネージャーへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル

外資系コレクションブランドのPRマネージャーへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル


外資系企業へ転職して新しいキャリアへ移行したいと思いつつも、実際の業務のイメージがつかずに転職活動につまずいていませんか?

転職活動をする上で、絶対に欠かせないのが実際の業務、働き方、そして待遇に関するリサーチです。この記事では、外資系コレクションブランドのPRマネージャーに転職する場合を例に、それらをご説明します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

外資系コレクションブランドとは?

外資系のアパレルブランドは転職志望先として非常に人気があり、これまで日系ブランドで業務をして経験を積み重ねてきた方はもちろんのこと、これまで未経験だけれども長年の夢だったという方も大勢いらっしゃいます。

そのような方々と肩を並べポジションを掴みに行くのであれば、やはり企業研究をよくしておくことが重要となるでしょう。外資系コレクションブランドには具体的にどのようなブランドがあるのか見てみましょう。

CHANEL(シャネル)

CHANELはガブリエル・シャネルという女性が1909年にフランスで設立しました。

当時女性の服装は華やかで、いかにも女性らしいという生地をふんだんに使ったフェミニンなデザインが主流だった中、シャネルは男性の被覆と同じ生地を使用し、乗馬を始めスポーツにも向いたファッションを立案しました。

先般死去したカール・ラガーフェルド氏も長きに渡ってブランドの指揮を取り、ガブリエル・シャネルに対しての敬意を評していた人物として知られています。

HERMES(エルメス)

HERMESはフランスを代表する高級ブランドの中でもトップクラスと言われる大御所ブランドです。

ジェーン・バーキンのために当時のエルメスの社長が提案し制作したと言われるバーキンバッグ(オータクロア)」、そしてモナコ王妃となった大女優グレイス・ケリーの愛用品であったケリーバッグもすべてエルメスの製品です。

現在では食器やベビー用品、アクセサリーや時計類も展開しており、Apple Watchもエルメス版が発売されたことは記憶に新しいです。

Christian Dior(クリスチャン・ディオール)

Christian Diorはフランスのオートクチュールブランドのトップといえる存在です。

社交界に通用するブランドとしてまず名前があがることはもちろん、社交界のみならずプレタポルテも展開しており、現在では香水をはじめとしたビューティープロダクト、レディーディオールをはじめとしたアイコンバッグなども広く展開しています。

近年では、ホームプロダクトも豊富に展開しており、ディオールらしいデザインの施された食器には定評があります。

Burberry(バーバリー)

Burberryはトレンチコートのブランドとして日本でも長きに渡り人気を集めているイギリス発祥のブランドです。

日本においてはBurberry Blue LabelやBurberry Black Labelというライセンスブランドの製品が人気を集めていましたが、コレクションブランドとしてのバーバリーの展開のみとなった現在、バーバリーらしさが改めて注目を集めています。

外資系コレクションブランドのPRマネージャーの主な業務内容を解説

外資系コレクションブランドにどのようなブランドがあるのか少し知ったところで、PRマネージャーとしてどのような業務を担当するのか見ていきましょう。

ブランドイメージの管理

メディアコミュニケーションを通じてブランドイメージの管理をしていきます。

PR計画のプラニング&実施

KPI分析を行い、年間を通してのPR計画の立案と実施を担当します。

ピープルマネージメント

部署のメンバー、そしてPRイベントなどにアサインするメンバーのマネージメントを行います。

サンプル、ショールームの管理

PRイベントなどに使用するサンプル、什器をはじめショールームの管理も業務の一環となります。

関係構築

PRをしている上で重要となる、著名人との良好な関係構築も担当します。昨今ではインスタグラマーなどの存在もこの分野に入ります。

PRイベントの計画立案と管理

PRイベントのトレンドを踏まえつつ、常にプラニングします。

プレスツアーに関する業務

ブランドイメージを向上させる、プレスツアーの計画立案と管理をして実行します。

レポーティング業務

PRの効果測定と目標値の設定を行った上で、レポーティングまで担当します。

気になる待遇

外資系コレクションブランドのPRマネージャーというポジションだけあり、担当する業務の幅も広く、またひとつひとつに対しての注力も重要となることがイメージできたのではないでしょうか。それでは次に具体的な待遇に関して解説します。

  • 正社員として雇用
  • 想定年収は700~1,000万円程度(ただし経験・スキルを考慮して決定)
  • 年次有給休暇(入社3か月経過後に取得可能)
  • 年末年始休暇
  • 慶弔休暇あり
  • 産前産後休暇・育児休暇・介護休暇等制度あり
  • 完全週休2日制(土日祝)、祝祭日も休み

これまでPRマネージャーとして十分な経験があり、企業が求めるような成果を出す自信がある方にとってはとても良い条件と言えるのではないでしょうか。

年収の振れ幅が大きいので、自分でアピールできるような内容があれば積極的に伝えるようにしましょう。

外資系コレクションブランドのPRマネージャーに求められるスキルとは?

収入とやりがいのバランスもとても良い外資系コレクションブランドのPRマネージャーに求められるスキルとは何であるか、具体的に見ていきましょう。

  • ラグジュアリー、ファッション業界(同領域であれば代理店可)でPR業務経験5年以上
  • メディア(デジタル・紙媒体)に関して強力なコネクションを持っていること
  • ビジネスレベルの英語力(会話・読み・書き)
  • ピープルマネージメント経験があること
  • 四年生大学卒以上
  • 円滑なコミュニケーション、チームワークが取れること
  • スピード感を持って業務に携れること
  • 柔軟に物事に対応できること
  • チームで業務遂行できる能力・人柄

どれも一日二日で身につくものではないからこそアピールし甲斐がありそうですね!

おわりに

外資系企業への転職を成功させるために絶対的に欠かせないのは、正確な情報と的確な自己アピールです。

自分自身ですべてできる、という方も転職エージェントのちからを借りることでよりスピーディーに希望の転職先に出会えるものです。

たとえばアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーなら経験者にも未経験者にも的確なアドバイスをくれますよ!

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事