転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > 欧州系キャンディブランドのディストリビューターへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル

欧州系キャンディブランドのディストリビューターへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル


この記事へたどり着いたということは、実力勝負で性別・年齢に関係なくキャリアを築いていける外資系企業への転職を検討してはいませんか?

長い若手時代を過ごし、そこから椅子取りゲームを始めるような環境に嫌気が差したら、今こそ外資系企業への転職を前向きに考える好機です!

この記事では、そのような方が外資系企業に転職する際に役に立つ情報をお伝えしていきます。今回は欧州系キャンディブランドのディストリビューターに転職する場合を例に解説します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

欧州系キャンディブランドとは?

欧州系キャンディブランドにどのようなブランドがあるかご存知でしょうか。

これまで競合他社での勤務をしてきたという方や、欧州で長く生活してきたという方でない限りなかなかイメージしにくいのではないでしょうか。それでは早速具体的なブランドを挙げてご紹介しましょう。

シンプキン

シンプキンはイギリス生まれのキャンディブランドです。1924年にレスリー・シンプキン氏が家族経営でスタートさせました。

設立から90年以上の時を経た今でも、誕生当時から変わらぬ銅製の窯でゆっくりゆっくりと練り上げる製法を継続することで、余計な雑味のない、シンプキンならではの美味しさが表現され続けています。

アニス・ド・フラヴィニー

アニス・ド・フラヴィニーは1591年にフランス・ブルゴーニュの小さな村であるフラヴィニーにある修道院で作られたことを発祥とするキャンディブランドです。

アニス・ド・フラヴィニーの特徴は、誕生以来作り方やレシピを変えることなく作り続けている天然キャンデイであるということでしょう。

ひと粒ずつ人の手でシロップをコーティングしているため大量生産は叶いませんが、華やかでフランスらしい可憐なパッケージからお土産としてもとても人気があります。

バルベロ

バルベロは、1883年にイタリア・ピエモンテ州で創業されたブランドです。

北イタリアの伝統菓子である「トロンチーニ」、そして食感に特徴のあるトリュフチョコレートなどを展開しています。どれも伝統の製法を守り続けていることが特徴です。

1950年代に北イタリアのアスティ旧市街で高級菓子店として開業し、現在では伝統の製法を守りつつ、近代的な工場で生産しているようです。

ドス

ドスは1886年にスペイン北部パンプローナで誕生したコーヒークリームキャラメルのブランドです。

日本では珍しい風味ですが、スペインでは広く愛され続けてきているお菓子です。誕生してから130年間変わらない風味とキャンディのような食感が楽しまれ続けています。

欧州系キャンディブランドのディストリビューターの主な業務内容を解説

これまでご紹介してきた外資系キャンディブランドの中でいくつご存知のものがありましたか?

転職活動をする上で、企業研究は絶対に欠かせませんということも覚えておきましょう。それでは次に、具体的な業務内容の説明に移ります。

はじめに、ディストリビューターという職務についてご説明します。

ディストリビューターは製造部門役員が作成する全体生産予算を基に、指示を出す部門を設け、各店舗の生産量決め、セントラル化して行く役割を持つことになります。その中で、以下のような業務を担当するとご理解ください。

  • 月間の全店舗生産予算に対し、各店の生産配分の設定
  • 進捗管理表の作成と管理
  • 各店への商品パッケージスケジュールの設定
  • 素材発送スケジュールの調整と決定

スタート時にわかっているのはざっくりとした業務内容のみなので、常に柔軟に指示を受け入れながら行動できる方にとってやりがいを感じられる業務なのではないでしょうか。

気になる待遇

ディストリビューターというあまり聞き慣れないポジションですが、どのような待遇なのかきになりますよね。具体的にご紹介します。

  • 正社員雇用
  • 年収の目安は350~450万円程度
  • 社会保険完備
  • 交通費全額支給
  • 週休2日制(土日)

待遇のひとつとして、このポジションではフレックス制を導入しています。

8:00~22:00の間でコアタイム13:00~17:00を設けており、時間をフレキシブルに使いたいという方にとってベストな待遇なのではないでしょうか。

欧州系キャンディブランドのディストリビューターに求められるスキルとは?

これまでご紹介してきた欧州系キャンディブランドのディストリビューターに求められるスキルについても解説します。

  • 百貨店・SCに出店している食品ブランドにてディストリビューター経験があること
  • PCスキル中級以上(Word, Excel, PPTなど)
  • コミュニケーション能力が高いこと
  • 仕事に対する高い責任感を持っていること
  • 社内外との信頼関係構築力があること
  • 自ら進んで業務に取り組めて、チームと柔軟に業務ができること

具体的なスキルそのもの、というよりも人柄や姿勢が重要視されているポジションであることを感じさせます。

おわりに

外資系企業へ転職したいを考えたら、まずは専門家に相談しましょう。

ご自身でネットサーフィンをして求人情報を探すよりもはるかに有益な情報があり、またあなた自身に必要なアピール方法などのアドバイスももらえます。

たとえばアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーならその中でも特に理想的な相談相手になってくれますよ!

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事