転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > エンターテイメント業界の編集担当への転職 業務内容や待遇、求められるスキル

エンターテイメント業界の編集担当への転職 業務内容や待遇、求められるスキル


「好きを仕事にする!」という夢を持っている方は多いですよね。そういう方に特に人気なのがエンターテイメント業界への転職なのではないでしょうか。

テレビや雑誌、映画や舞台など人々の心を動かし刺激的な印象の強いエンターテイメント業界で一度は働いてみたいとお考えの方のために、本記事ではエンターテイメント業界、そしてその業界で編集担当に関してご紹介します。

エンターテイメント業界とは?

就職活動をする学生のみならず、転職先としてもとても人気の高いエンターテイメント業界。一口にエンターテイメント業界を言っても、その範囲はとても広いのはご存知でしょうか。

先に挙げたテレビや雑誌、映画などの他にも東京ディズニーリゾートを運営する「オリエンタルランド」や、国内・国外への旅行手配をする旅行代理店など、多岐にわたります。

エンターテイメント業界の魅力とは?

エンターテイメント、と耳にするだけでワクワクするような響きを持つエンターテイメント業界ですが、その魅力とは何なのでしょうか。まずはその魅力に迫ります。

楽しくて毎日が華やか

芸能人や著名人と接触する機会も多く、人が楽しむためのコンテンツを作成する職業なので当然ワクワクするような機会に多く接することができるのが魅力です。

楽しんで喜んでもらえる

受け手が楽しみを見出すために企画立案する職業なので、直接的にも間接的にも自分が関わった仕事によって楽しんでいる人の笑顔を見聞きすることができるのも魅力です。

仕事の内容が目に見える

テレビや雑誌、映画や舞台など出来上がりの状態を目で確認することができるので、その達成感や充実感は他の業界と比較してもリアルであることは魅力と言えるでしょう。

エンターテイメント業界の編集担当の主な業務内容を解説

さまざまなジャンルが混在するエンターテイメント業界ですが、本記事でその中でも特に人気のある女性雑誌の編集担当に関してフォーカスして解説していきます。

企画立案・キャスティング・取材・撮影・記事入稿・校了

編集担当は、雑誌に掲載する企画をスクラッチから立案し、最終的に雑誌に掲載できる状態までの工程を一繋ぎに担当します。

具体的には、雑誌に取り上げるテーマを提案し、ページのイメージ草案を作り、モデルや撮影するロケーションを決め、撮影許可を取ります。そしてカメラマンの確保やロケ当日の流れを確認し、撮影を終えたら写真の確認と記事の執筆、校正と続きます。

気になる待遇

雑誌の編集担当者の場合、正社員として雇用されるケースと数年の勤務を経てから正社員への登用制度を持った契約社員として雇用されるケースの2通りあります。今回ご紹介するのは正社員登用のチャンスのある契約社員として雇用されるパターンです。

勤務地

編集担当者として雇用される場合、基本的には本社もしくは所属する部署のおかれたエリアに勤務地があるケースがほとんどです。ただし、担当する媒体や企業によっては出張が多いこともありますので、事前に確認するようにしましょう。

年収

契約社員で雇用される場合、これまでの業務経験の有無や実績によっても異なりますが約360万円から500万円程度であることが一般的です。

保険など

これは雇用する企業によって大きく違いますので事前に確認しておく必要があります。確認する際には、各種社会保険が完備されているか、交通費の支給はどのようになっているか確認しておきましょう。

エンターテイメント業界の編集担当に求められるスキルとは?

それでは実際エンターテイメント業界の編集担当に転職するために必要なスキルをご説明しましょう。これまでの業務で培うことのできたものもあるかと思いますし、転職の前に身につけておくといいものもあるでしょう。

出版社・編集プロダクションでの編集業務経験

応募要項に、「出版社・編集プロダクションでの編集業務経験◯年以上」と記載されている場合には、未経験者の採用予定はないと思って間違いありません。

ただし、いずれかの条件(出版社・編集プロダクションでの勤務経験、もしくは他業種での編集業務経験)に当てはまれば、場合によっては採用を検討して貰える場合もあります。

パソコンのスキル

社会人である以上、たとえ日常的にPCを使うことのない職種にいたとしてもマスターしておきたいのが以下のスキルです。

・Microsoft Word:文書作成に使用するマイクロソフト社のソフト
・Microsoft Excel:表計算や図表作成、会計経理管理に使用するマイクロソフト社のソフト

また、追加して使用できるとプラスになるのが、プレゼン資料に必須であるMicrosoft Power Pointです。これら3つのソフトを十分に使用できれば、転職チャンスは大きく広がります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。人気のエンターテイメント業界、しかもその中でも人気の編集担当となると求められるスキルや経験も高く、ハードルが高く感じてしまわれた方もいらっしゃるでしょう。

そんなときは、転職のプロフェッショナルである人材エージェントに相談しましょう。今のご自分のスキルや経験で転職できるポジションを見つけ、キャリアの可能性をグンと広げてくれます。

人材エージェントは数多くありますが、アズール&カンパニー株式会社(外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニー)はその中でも特に外資系企業や人気職種へのアプローチに特化したエージェントですのでチェックしてみてくださいね。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事