転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 企業別転職情報 > LVMHグループ(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)の転職希望者必見!気になるビジネスや業務の内容、待遇、求人情報、口コミ・評判を大公開

LVMHグループ(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)の転職希望者必見!気になるビジネスや業務の内容、待遇、求人情報、口コミ・評判を大公開

人気企業・大手企業の転職には、利用者の10人に6人は内定する転職エージェント経由がおすすめです。

人気の企業では応募者が殺到し、優秀者な方が埋もれてしまう為、求人を非公開にして、転職エージェントを利用する傾向があります。

人気企業・大手企業で年収アップしたい…という方は、転職エージェントに登録して相談してみるのをおすすめします。

転職のご相談ならアズール&カンパニーにおまかせ

業界に精通したコンサルタントが
無料でサポートします

まだ転職を決めていなくても相談できます


世界3大グループ企業に名を連ねるLVMHグループへ、転職をしたいと考えている人は少なくないはず。特に、おしゃれに興味がある人やハイブランドに興味がある方は、LVMHグループへの憧れも強いことでしょう。この記事の内容をまとめます。

  • LVMHグループに転職するには身だしなみにも気を付けている人でなくてはならない
  • 募集されている求人は多様
  • 平均年収はおよそ500万~1,000万

LVMHグループへの転職は簡単ではありませんが、ぜひ目指してみてください。

LVMHグループ(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)の概要

LVMHグループとは、世界の様々な高級ブランドを傘下におさめるコングロマリット企業です。コングロマリットとは、聞きなれない単語ですが、「複合企業」を意味する言葉で、異業種の会社まで合併などで吸収し、多種類の事業を営む大企業のことを指します。

LVMHグループも、シャンパンやブランデーなどで有名な「モエ・ヘネシー」と「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」の合併により、企業としての歴史をスタートし、今では「世界3大グループ企業」や「世界3大ラグジュアリー・コングロマリット(直接の関係を持たない複合企業体)」などと称されており、ラグジュアリー業界で強い発言力を持つようになっています。

設立当初は、「モエ・ヘネシー」と「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」の元幹部が対立することも多くあり、経営は順調とはいえませんでした。しかし、クリスチャン・ディオール(Christian Dior)などの親会社の大株主で、敏腕経営者でもあったベルナール・アルノーが、経営に加わったことで、経営は軌道に乗り、その後も多くのトップブランドを傘下に収めてきています。

2021年現在、「ワイン & スピリッツ」「ファッション & レザーグッズ」「パフューム & コスメティクス」「ウォッチ & ジュエリー」「セレクティブ・リテーリング」という5つの主要部門で構成され、特に、「ファッション & レザーグッズ」部門がめざましい成長と躍進を遂げています。

LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトンの人事採用について深く知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

LVMHファッション・グループ・ジャパン株式会社 | 求人・中途採用 特別インタビュー | 外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニー

LVMHグループ(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)の取り扱う製品・サービス

LVMHグループは、以下のようなブランドによって構成されています。

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)

フランスを代表するブランドです。ブランドのはじまりは1854年にまでさかのぼります。LVのロゴに花や星の模様を組み合わせた柄「モノグラム」のラインが特に有名です。

セリーヌ(CELINE)

1945年に創業されたブランドです。創業当時は、子供靴専門店でしたが、その後は、女性向けのシューズや香水、カバンなどを手がけるようになります。日本では、バッグ・財布・靴などが有名で、馬車をあしらった柄「サルキー」シリーズが大ヒットしています。

ベルルッティ(Berluti)

「靴の宝石」とも呼ばれるブランドです。創業は1895年で、100年以上の歴史があるブランドです。近年、革の表面に文字のようなデザインをする加工技術「カリグラフィ」を完成させ、さまざまな革製品を広く展開し、世界中の人々を魅了しています。

ロエベ(Loewe)

創業は1846年で、150年以上の歴史を持つ老舗ブランドです。スペイン王室御用達のブランドとしても知られていて、革に対するこだわり非常に強く、希少な高品質の皮革素材(ナッパレザー)を厳選し、さらにその一部分しか製品に利用しない徹底ぶりです。

タグ・ホイヤー(TAG Heuer)

スポーツウォッチの開発に力を入れているブランドです。100分の1秒まで計測できるクロノグラフは、F1の公式計時に採用されるなど、世界的に有名な時計ブランドです。

ブルガリ(BVLGARI)

イタリアを代表する高級宝飾品ブランドです。宝石本来の魅力を活かしたデザインの数々で、「色石と言えばブルガリ」と言われるほどの地位を確立しています。   

LVMHグループ(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)で求人はあるの?

LVMHグループ(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)では、2021年7月現在、求人が複数存在していました。合計26件あり、随時更新もされているようです。

具体的に内容を確認していきましょう。

LVMHグループ(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)でのポジション

LVMHグループ(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)でのポジションは、以下の通りです。

通信・広告、デザイン/クリエーション、デジタル、ファシリティマネジメント、ジェネラルマネジメント、人事、情報システム、法務、生産製造、マーケティング、マーチャンダイジング、購買、研究開発、リテール、営業、サプライチェーン、サステイナブルディベロップメント

非常に多彩なポジションで働くことができるといえるでしょう。

転職エージェントの取引実績は下記にも掲載されていました。
■外資系ラグジュアリーブランドのPR職はこちら
外資系ラグジュアリーブランドのPR職の中途採用・求人特集 業界動向や想定年収などを解説 | 外資系企業、消費財業界の転職・求人なら ー アズール&カンパニー

■外資系ラグジュアリーブランドのMD職はこちら
外資系ラグジュアリーブランドのMD職の中途採用・求人特集 業界動向や想定年収などを解説 | 外資系企業、消費財業界の転職・求人なら ー アズール&カンパニー

気になる待遇・年収は?

気になる待遇・年収ですが、 LVMHグループは年収や待遇を求人には記載していませんでした。口コミによるとおよそ500万~1,000万の範囲になると記載されていました。

しかし、応募する前に具体的な年収や待遇を知っておきたいはずです。転職エージェントに相談をすれば教えてもらえる可能性もありますし、採用後の給与交渉などもしてもらえるうでしょう。気になる方は転職エージェントへの登録からスタートしてみてくださいね。

LVMHグループ(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)が大切にしていることとは?

LVMHグループは、以下のようなスピリットを持った企業です。

LVMHスピリット

LVMHグループには、比類のないメゾンが集結しています。各メゾンが、丹念に守り育ててきた伝統を守りつつ、現代にふさわしい独自のサヴォアフェールをダイナミックに生かしたラグジュアリー製品を提供しています。こうしたクリエイションを実現するメゾンは、LVMHのモットーであるArt de Vivre (美しく豊かに生きる喜び)を伝えるアンバサダーです。

出典: LVMHスピリット

つまり、グループブランドのそれぞれの個性や味を大切にしながらも、現代風の製品を提供していくことを大切にしているのでしょう。

LVMHグループ(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン) 転職に必要なスキルや資格

LVMHグループに転職をするには、応募するポジションの経験やスキルが必要になってきます。たとえば、現在、募集中のマーチャンダイジング(MD)では以下のようなスキルが求められていました。

・5年以上のMD経験 (MDアドミンアシスタント、アロケーター等)
・リテールファッション業界での経験
・チームマネージメントの経験
・数字に強く、分析力があり、膨大なデータを取り扱うことに抵抗がない方
・英語・日本語:流暢
・中~上級のPCスキル(特にエクセル)
出典:マーチャンダイジング(MD)マネージャー・ウーメンズ・レディ・トゥ・ウェア クリスチャン・ディオール/ 東京

英語のスキルなども必要になってきます。ですので、事前に求人をしっかりと読んでおき、自分が必須スキルを満たしているかを確認しておきましょう。

LVMHグループ(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)の転職難易度

LVMHグループの転職難易度は比較的高いとされています。書類選考後に複数回の面接やグループディスカッションが行われます。

中途採用の場合は、これまでの仕事に対する熱意や態度なども問われます。高級ブランドだけに、服装や身に着けているもののセンスも問われるので、仕事ができるだけでは採用につながらない難しさもあるようです。

LVMHグループ(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)の求人情報をお探しなら、下記の転職エージェントで非公開求人を探されることをおすすめします。

LVMHグループ(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)が求める人物像

LVMHグループが求めているのは、応募するポジションの専門的スキルのある人物です。加えて、以下のような対人スキルがある人を強く求めているようです。

1.チームワーク

・チームでの自分の立場を理解し、自分の役割を果たすことでチーム全体に対する責任を果たすことが任を果たすことができる。
・商品知識や接客スキルを後輩に教え、成長を促すことができる。

2. コミュニケーション力

・ 自分の考えを整理し、わかりやすく表現することができる。
・メンバーの感情に配慮の感情に配慮しながら、相手とは異なる意見も建設的に述べることができる。
・メンバーのアイデアや意見に素直に耳を傾け、真意を引き出すことができる。
・社内外の適切な部署と自らコミュニケーションを取り、信頼関係を構築できる。

3.セルフブランディング力

・社会人としての一般教養、ビジネスマナーを習得している。
・メゾンにふさわしい洗練されたマナーを実践し、お客様、社内外の関係者とTPOをわきまえた効果的なコミュニケーションをとることができる。

出典: Chaumet 大阪アシスタントブティックマネージャー

さらに、普段からおしゃれを意識している人を求める傾向にもあるようで、面接のときに一目でノーブランドとわかる服装をしていると、不採用になり、LVMHグループ傘下ブランドの小物などをうまく身に着けていると採用に近づくようです。

LVMHグループ(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)の働きやすさ

LVMHグループは、休暇が取りやすく、自分のブランドに誇りをもって働けるので、働きやすさ抜群のようです。

LVMHグループは、休日に関する特長もあるのです。この企業では、長期休暇の確保なども問題ありません。

口コミを確認しますと、この企業で長期休暇を取得する為には、事前申請の手続きを進める必要はあります。人によっては、それが少々手間だと感じている口コミもあるのです。

しかしLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトンの場合は、長期休暇の申請を出せば、基本的には通る傾向があります。

一般企業によっては、そもそも長期休暇を取得する事自体が難しい事もあります。しかしLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトンの場合は、長期の休みもしっかり確保できる訳です。

この企業ではブランドに囲まれながら働ける魅力がある事が分かるのです。上述の通り、多くの方々はルイ ヴィトンというブランドに魅力を感じています。

その方々が、この会社に入社するケースもしばしばあるのです。という事は、好きな物に囲まれながら働ける訳です。それで毎日を楽しく過ごせているという口コミが目立ちます。

LVMHグループ(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)の面接対策

LVMHグループの面接の対策としては、おしゃれに気を配ることが大切です。面接ではファッションセンスもチェックされます。ノーブランドの安いスーツではなく、グループ傘下の小物などを身につけましょう。

さらに、面接は圧迫型のようです。あえて、ムッとするようなことを言って対応力を見る傾向にあるので、ある程度の覚悟をしておきましょう。

また、「なぜLVMHグループなのか?」「他のコングロマリット企業ではいけないのか?」と聞かれるので、自分がLVMHグループで何をしたいのかどこを特別視しているのかといったことを主張できるようにしておきましょう。

外資系ラグジュアリーブランドのMD職に興味をお持ちの方はこちらから簡単にエントリーできます ー アズール&カンパニー

LVMHグループ(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)の口コミ・評判

LVMHグループ(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)の口コミ・評判を確認しておきましょう。

30代女性・人事部

LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトンで働いて良い点だと思う点は世界的にも有名であるのでお金的にも余裕の方が買いに来ます。なのでブランドイメージのよい会社の一員であることはかなり誇りに思います。サッカーをはじめ多くの契約チームや選手がメディアに出る度に自社製品やロゴを目にする機会もおおくスポーツ好きにはたまらない環境だと思います。私もバック、カバンなどを愛用させてもらっています。本当に素晴らしい環境で仕事をさせてもらっていますしLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトンを利用している人を見ると自然と嬉しい気持ちになります。福利厚生面などもしっかりしているので安心して働ける環境が整っています。是非オススメすることができます。

40代女性・マーケティング部

LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトンは先輩や上司が親切に教えてくれる環境が整っています。なので大変な時でもサポートをしてもらえます。レベルに合わせた研修が定期的にあったり充実していると思います。自分で進んで学んでいくことも重要ですがそのサポートもしっかりしてくれると感じます。また人事の制度などが改善されているのもLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトンの特徴です。以前と比べると安定しているとよく聞きます。今よりよくするために積極的に色々やっているイメージがありますLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトンの商品を身につけている人を見ると嬉しい気持ちになることができます。給料面も本当にしっかりしているなと私は感じることができます。

30代女性・営業

従業員の向上心が高く、海外研修などもあり、会社全体の意識の高さを感じました。PC画面は基本は英語、商品名や色はフランス語、操作においての表示は日本語だったと思います。外国語は決まったものしか使われていない為、外国語が得意でなくても、通常問題なく業務が行えます。ただ、多くの従業員が英語を勉強していました。また、多数のVIPのお得意様がいらっしゃり、商品は常に新しいものの入荷があり、新鮮で刺激的。常に覚える事が多く、向上心旺盛な人は、やりがいがある職場だと言えるでしょう。時に、季節毎にVIPのお得意様向けに、パリコレのモデルの新商品案内のパーティがありました。常に一歩先を見据えた事業展開で、本当に刺激的だったです。

さいごに:LVMHグループ(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)に転職するなら、身だしなみにも注意しよう!

LVMHグループは、設立当初は、モエ ヘネシーとルイ ヴィトンの元幹部の対立が激しく、いささか経営が不安定なところもありました。しかし、2021年現在は、経営が非常に安定していて、傘下のブランドも増えていっています。

世界3大ラグジュアリー・コングロマリットと呼ばれるだけのことはあり、転職希望者に求めるものも大きいようです。特に、ファッションセンスなども見られるので、転職難易度は高め。自分一人では対策しきれない部分もあるでしょうから、転職を決意したら、経験豊富で成果にコミットする「アズール&カンパニー」のような転職エージェントに相談するのがおすすめになります。

関連記事

おすすめ転職会社5

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事