転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職ノウハウ > 何を聞かれてもOK!外資系転職に勝つ企業研究の重要性と方法とは

何を聞かれてもOK!外資系転職に勝つ企業研究の重要性と方法とは


外資系企業に転職したい!と憧れの気持ちを持つ方は少なくありませんよね。

外資系企業に転職するためにさまざまな努力をされている方が多いと思いますが、企業研究はどのように進めていますか?この記事では、外資系企業への転職活動で見落としがちな「企業研究」について解説します。

転職を検討したら、まずは「企業研究」

新卒で就職活動をしていたときには当たり前のように精を出していた「企業研究」ですが、社会人経験を経て転職活動となると見落としている方が多くいらっしゃいます。

まだ就業経験のない学生は、企業研究をした上でその会社で働く自分をイメージして就職活動をするので企業研究が重要視されますが、ある程度就業経験を積むと、ある程度の知識がつくので不要と思われてしまうのでしょうか。

「企業研究」は、転職活動をする上でも欠かせないステップです。学生のように、ただ企業の上辺の情報や会社の歴史、ここ数年の業績をチェックして把握するだけではなく、社会人経験のある者として十分な知識を持って転職活動に挑めるだけの研究が必要となります。

用意周到な「企業研究」が可能にすること

社会人経験のない学生であれば、企業研究でイメージした会社の像をもとに面接で話をしていても、面接官はある程度理解してくれます。しかし、転職でそのような企業研究のレベルであれば、それは浅すぎます。

企業研究は、何も面接で面接官がする質問に答えるためのものではありません。わかりきったことですが、「弊社の創立記念日はいつでしょうか?」といったクイズのような質問はされませんし、暗記して答えるような内容ではないからです。

まず、念入りに企業研究をしていれば志望動機にも深みが出てきます。

なぜ転職してその企業に入社したいのかが、ただの憧れや製品への興味では、どうしても浅い印象を与えてしまいますが、これまでの企業の流れを汲んだ内容であれば「この人は、本当に熱い想いを持って入社を希望しているのだな…」と伝わります。

また、入社した際に自分が尽力したいことについてもより詳しく話をすることができます。

「企業研究」を怠るとどうなるか?

企業研究の大切さはある程度おわかりいただけたと思いますが、なんだか面倒くさいなと感じられた方も正直なところいらっしゃるでしょう。それでは、企業研究をまともにしないで転職活動を進めた場合どのようなことが起きるのか紹介します。

その1:なぜ競合他社に入社希望していないのか、答えられない

転職活動をしていく中で、競合他社に転職活動はしていないのかと聞かれることもあるでしょう。業界によっては似通った分野に特化している場合もあるので、ごく自然な質問です。

その際、なぜ競合他社ではなくその企業に入社したいかを語るためには、自分の熱い情熱だけではなく、比較した上で説明ができないと説得力を欠きます。

その2:情報収集力の弱さが露呈する

面接の中で、昨今の業界状況などを交えて話をすることもあるでしょう。そういったときに、新聞をはじめとしたメディアを通じて知り得た内容を含みながら話ができたほうが、より志望度の高さを伺わせます。

そのような会話が面接でできるためには、日常的に受験している企業、そして関連する業界に関してのニュースや知識を身に着けておかねばなりません。企業研究をしっかりしておかないと、具体的かつ内容の濃い話を面接でできず、本気度の低い志願者として扱われてしまう可能性をアップします。

外資系転職で大切なこと

転職活動において企業研究は必須であるとおわかりいただいた上で、外資系企業への転職に特化して考えた場合、どのような企業研究が重要となってくるのでしょうか。まず外資系企業では「誰かがきっと教えてくれる」といった他力本願の人間を評価しません。

「○○についてよくわかっていないので、これから学びたい」という姿勢は評価されても、そもそも自分のウィークポイントも理解できていないような人は門前払いとなると考えて間違いありません。それくらい、即戦力となる人材だけを採用したいのが外資系企業です。

基本的に、外資系企業への転職を希望するのであれば「前のめりな姿勢」を身につけるようにしましょう。自分で収集した情報や知識をもとに、「より正しく、より具体的に知りたい」という姿勢を面接でもあらわすことを強くおすすめします。

意外と身近にある「企業研究」の方法

新聞やSNSなどをはじめさまざまなメディアを通じてできる限りの企業研究をしているけれど、それでも不安だという方もいらっしゃるでしょう。そんな方は、以下の方法も企業研究になるのでトライしてみてください。

知り合いに社員を紹介してもらう

企業研究は何も業務や業績といった会社のハード面だけを指すわけではありません。社内の雰囲気や、力を入れている社外活動、CSR活動なども含まれます。

実際の社員の会ってみて感じたことなどもスムーズに話せると、人脈の有無、志望の熱意も自然とアピールできます。

転職エージェントに聞く

企業研究のすべてを自分で行わなければならないわけではなりません。転職エージェントは、これまで数々の受験者を希望する企業に送り込んでいるので、豊富な知識と経験を持っています。

彼らを頼って、本当に使える情報を教えてもらうのも一手です。中でもアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーは業界特化型の人材紹介会社であり、ピンポイントに転職アドバイスができる担当者が多く揃っているエージェントなので一度相談してみると良いでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

企業研究という言葉を聞くと「あぁ、学生が就職活動にするアレね。」と鼻で笑う方もいらっしゃいますが、実はとても重要なポイントです。転職活動は自分だけで行うのではなく、転職のプロフェッショナルの力も借りながら、志望する企業への転職を成功させてくださいね!

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事