転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職エージェント研究 > 音楽業界に強い転職エージェントおすすめ3社!求人数が少なく未経験者には厳しいが、エージェント活用でチャンスも

音楽業界に強い転職エージェントおすすめ3社!求人数が少なく未経験者には厳しいが、エージェント活用でチャンスも

人気業界への転職の方法がわからず、立ち止まっていませんか?
音楽業界への転職を検討しているなら、まずは転職エージェントに登録して相談してみるのをおすすめします。
下記のボタンから、チャットでサポートに無料相談できます。

転職のご相談ならアズール&カンパニーにおまかせ

業界に精通したコンサルタントが
無料でサポートします

まだ転職を決めていなくても相談できます


音楽に関わる仕事がしたいけれど、「自分だけで音楽業界への転職活動を進めるのは難しそう…」と感じている方向けに、おすすめの転職エージェントや選び方のコツを紹介します。

この記事の内容をまとめます。

  • 音楽業界の特徴は経験者・中途採用に有利な時流だが求人数は少なめなこと
  • 転職難易度が高い音楽業界では、転職エージェントの利用がおすすめ
  • 音楽業界に強い転職エージェントの選び方は求人保有数の多さやサポートの手厚さ

音楽業界への転職でどのエージェントを利用すべきか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

音楽業界の特徴

音楽業界とは、楽曲の制作・販売・配信や、音楽雑誌の出版といった音楽関連の業界です。

一般社団法人日本レコード協会が発表したデータによると、2019年の音楽業界全体の売上は前年比98%の2,998億円でした。

従来の音楽ソフト販売数が低迷している一方で、音楽配信・ストリーミング再生・ダウンロードの売上は6年連続でプラスとなっており、その結果、業界全体の横ばい成長を維持していると考えられます。

このように「主力サービスの転換期」ともいえる音楽業界へ転職するうえで、押さえておきたい業界の特徴を3つご紹介します。

出典:日本のレコード産業 2020 – 一般社団法人日本レコード協会

音楽業界の職種は多岐にわたるが求人数自体は少なめ

音楽業界には、レコード会社、制作会社、音楽配信会社、イベント会社などの業種があります。

そこで働く人の職種は、クリエイター職、マーケティング職、舞台音響、エンジニア職、編集者など多岐にわたります。

しかし実際には、感染症対策によってコンサートやライブイベントが中止になるなど、一部の業種では市場規模の縮小が懸念されています。

そのため、2022年11月時点で募集されている求人数は少なく、以下のような大手転職サイトでも音楽関連の求人の割合は小さいのが現状です。

  • リクナビNEXT:音楽関連 937件/総求人数63,802件中
  • マイナビ転職:音楽関連 31件/総求人数17,766件中

職種が多いうえに求人数が限定されているため、目指したい職種をしっかり選別して、最新の求人情報をキャッチする必要があります。

新卒採用よりも経験者や中途採用向けの求人が多い

昨今の音楽業界では、新卒採用よりも経験者や中途採用向けのポジションが多い印象です。

これは、学歴よりも即戦力となるスキル・経験が重視されているからだと考えられます。

業界自体が楽曲データ配信を中心としたIT系にシフトしていることもあり、マーケティング経験者や専門的なスキルをもった人材の確保が急務となっていることもひとつの要因でしょう。

転職・中途採用で音楽業界を目指す人にとってはチャンスである一方で、自分のスキルや経験をうまくアピールしなければならないため、転職難易度は高めといえます。

求められる人物像はコミュニケーション能力の高い人など

音楽業界では社内外の多様な人と接する機会が多いため、仕事を円滑に進めていくうえで、コミュニケーション能力が高く柔軟性のある人が求められます。

また、アーティストやクリエイターには個性的な人も多く、異業界・異業種との人脈作りも大事なことから、自分で考えて積極的に行動できる人も重宝されます。

さらに、トレンドに大きく左右される業界であるため、最新情報を取り入れてスピーディに業務を進める行動力やチャレンジ精神も必要です。

音楽業界への転職については、以下の記事でも詳しく説明しています。

音楽業界への転職でエージェントを利用すべき理由

音楽業界への転職ではエージェント活用がおすすめです。利用すべき理由は以下の3つです。

理由1:音楽業界の求人を効率的に見つけられるから

音楽業界全体で求人数が少ないことに加え、音楽関連事業を展開している企業の多くが東京に集中していることもあり、転職希望者にとって最初の関門となるのが求人探しです。

転職エージェントを利用することで、限られた採用枠から希望条件に沿った求人を探して紹介してもらえるため、効率的に転職活動を進められます。

また、今まで知らなかった適正職種や注目のポジションなどの情報も得られる機会が増え、自分の新たな可能性ややりたいことに気付けるかもしれません。

例えば、音楽業界のクリエイティブ系は求人数も少なく転職難易度が高い一方で、広告系やマーケティング系はまだまだ需要があるといわれています。

このような業界の動向を知ることで、「キャリアチェンジも考えてみようかな」といったように、広い視野でより満足できる転職活動につなげられるでしょう。

理由2:業界に精通したコンサルタントのサポートを受けられるから

即戦力が求められる音楽業界への転職は、特に未経験者にとってはハードルが高めです。

音楽業界への憧れや、「音楽が好き」という気持ちだけで入社するのは難しいため、スキルや経験をうまくアピールし、企業側のベネフィットとして落とし込むことが必要です。

ただし、未経験でも「使えるソフトやスキルをもっている」「人脈や企画力がある」「体力・メンタルに自信がある」など、熱意や個性のアピール方法はあります。

音楽業界に精通したコンサルタントが在籍している転職エージェントを活用することで、採用担当者に響く職務経歴書の書き方や、面接対策などのアドバイスを受けたうえで実践にのぞめるようになります。

理由3:音楽業界の求人企業とのつながりが期待できるから

音楽業界への転職サポート実績が豊富なエージェントであれば、求人企業との信頼関係を築いている可能性が高いです。

エージェントによっては、レコード会社、音楽出版社、イベント会社、著作権管理会社などの採用担当者とのやり取りを通して、企業の選考の傾向やニーズを把握している場合もあります。

自分で口コミなどを調べて得られる情報だけではなく、より正確で適切なアドバイスを得るためにも、転職エージェントの活用をおすすめします。

音楽業界に強い転職エージェントの選び方・コツ

音楽業界への転職を成功させるためには、業界に強い転職エージェントを選ぶ必要があります。エージェントの選び方・コツは次の通りです。

  • 音楽業界の求人保有数の多さで選ぶ
  • サービスやサポートの手厚さで選ぶ
  • 音楽業界への転職サポート実績を確認する

まず、音楽業界の求人が豊富なことが第一条件です。

音楽関連の求人の場合、総合型の大手転職エージェントよりも、業界特化型の転職エージェントの方が、求人保有数が多いケースもあります。求人の総数だけでなく、音楽業界で絞った求人数をチェックして選ぶようにしましょう。

次に、自分にとって必要な転職サポートを提供しているかで選ぶ方法です。

転職情報を掲載しているだけの転職サイトの場合、応募や選考は自分で進めなければならないため、エージェントとして日程調整や面接対策を行ってくれるかどうか事前に確認しておきましょう。

また、転職サポート実績の有無によって信頼度の高さは変わるため、実績数や過去にどのような音楽関連企業と取引があったかといった点で判断するのもひとつの方法です。

音楽業界に強いおすすめ転職エージェント3選

音楽業界に強いおすすめ転職エージェントを3社厳選してご紹介します。

アズール&カンパニー

アズール&カンパニーは、外資系企業や消費財業界に特化した転職エージェントです。

音楽・エンターテイメント業界など専門性の高い業界で、約20年にわたり転職サポートを行ってきた実績があります。

2022年11月時点で、外資系大手レコード会社、外資系大手音楽出版社、大手音楽エンターテイメント企業をはじめとする、音楽業界の求人157件を掲載しています。

エンターテイメント業界のライセンスビジネス関連職のご相談や求人情報のお問い合わせはこちらからできます。

エンターテイメント業界のライセンスビジネス関連職の中途採用・求人特集 難易度や想定年収などを解説 | 外資系企業、消費財業界の転職・求人なら ー アズール&カンパニー

企業が求める人材の傾向など、転職活動に役立つ情報やヒントを提供しているため、音楽業界への転職を考えている方におすすめしたいエージェントです。

アズール&カンパニー 公式サイト

下記から、チャットでサポートに無料相談できます。

ワークポート

ワークポートは、職種やエリアに特化した転職エージェントです。

2003年の設立当初はIT業界に特化していましたが、2014年からはクリエイティブ系の求人も取り扱っています。

同社ではコンシェルジュと転職相談ができるほか、オンラインで履歴書・職務経歴書の作成が可能なサービスや、選考スケジュール管理ができるアプリなども提供しています。

2022年11月時点で掲載されている音楽関連の求人は460件となっており、職種はエンジニア職がメインです。

音楽業界のシステム開発・運用などに携わりたい方はチェックしてみると良いでしょう。

ワークポート 公式サイト

マスメディアン

マスメディアンは、音楽業界のなかでもクリエイティブ系の仕事に就きたい方や、広告・マーケティング企業の一員として音楽業界の興隆に携わりたい方におすすめの転職エージェントです。

特にマーケティング職やクリエイティブ職の転職サポートに強く、広告・メディアに精通したコンサルタントから実践的なアドバイスをもらえます。

2022年11月時点で掲載されている音楽業界の求人は99件となっており、PR・広報をはじめ、営業職、ライブ配信コーディネーター、Webメディアの編集など多様な職種を取り扱っています。

マスメディアン 公式サイト

さいごに:転職難易度高めの音楽業界では転職エージェントの活用は不可欠

昨今の音楽業界の転職事情を見ると、「未経験者の転職難易度が高い」「求人数自体は少なめ」「高いコミュニケーション能力が必要」など、他業界とはひと味違った転職の難しさがあります。

求人探しや応募までのサポートはもちろん、採用担当者に伝わるアピールの仕方や職務経歴書の書き方を理解するためにも、業界の動向に精通した転職エージェントの活用がおすすめです。

音楽業界に強いエージェントを味方にして、憧れの仕事への転職を成功させましょう。

関連記事

おすすめ転職会社5

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事

有料職業紹介事業者許可・届出受理番号 13-ユ-313558
運営会社 | プライバシーポリシー
© 転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト All Rights Reserved. commentPolicy