転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > 外資系大手ラグジュアリーブランドのMD関連職への転職 業務内容や待遇、求められるスキル

外資系大手ラグジュアリーブランドのMD関連職への転職 業務内容や待遇、求められるスキル

人気企業・大手企業の転職には、利用者の10人に6人は内定する転職エージェント経由がおすすめです。

人気の企業では応募者が殺到し、優秀者な方が埋もれてしまう為、求人を非公開にして、転職エージェントを利用する傾向があります。

人気企業・大手企業で年収アップしたい…という方は、転職エージェントに登録して相談してみるのをおすすめします。

転職のご相談ならアズール&カンパニーにおまかせ

業界に精通したコンサルタントが
無料でサポートします

まだ転職を決めていなくても相談できます


ファッションに関連する仕事をする人にとって、外資系ファッションブランドやラグジュアリーブランドへの転職は憧れの最高峰なのではないでしょうか。

なんとなく憧れは持ちつつもどのように転職をしたらいいのかわからないままでいる…という方は、この記事を読んですぐに行動に移してみてください。

憧れが憧れだけで終わらせないためには、自らのアクションが不可欠です。

この記事では、外資系大手ラグジュアリーブランドのVMDスタッフにかんする求人案件を元に、実際の業務内容、気になる待遇、そして企業側が求めるスキル・経験についてご紹介します。ぜひ転職活動の参考にしてみてくださいね!

外資系大手ラグジュアリーブランドとは?

外資系大手ラグジュアリーブランドと聞いてイメージする企業にはどのようなものがあるでしょうか。

外資系ラグジュアリーブランドと一口に言っても、フランス系ブランド、イタリア系ブランド、イギリス系ブランド…とジャンルはさまざまですよね。

今回この記事でご紹介する外資系ラグジュアリーブランドは、90年以上の伝統を持つイタリアラグジュアリーブランドです。
イタリアラグジュアリーブランドと耳にして、まずイメージするのはどのようなブランドでしょうか。ファッションの聖地ミラノを首都に構えるイタリアには、さまざまなジャンルのラグジュアリーブランドが存在します。以下の中で、特に働いてみたいと思うブランドはありますか?

イタリアブランドの王道!「グッチ(GUCCI)」

グッチは、1921年にイタリアの街、フィレンツェでグッチオ・グッチが創業した革製品工場が起源となるブランドです。乗馬の文化にインスパイアされた「ホースビットローファー」をはじめ、財布や靴などさまざまな展開をしているブランドでもあります。

シンプルだけれど複雑なデザイン性がユニークな「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」

ボッテガ・ヴェネタは、1966年にイタリアの街ヴィチェンツァで誕生した高級革製品ブランドです。「イントレチャート」と名前のついた独特の編み込みデザインが特徴で、男性の小物には特に人気が集中しています。

佇まいから圧巻のブランド「フェンディ(FENDI)」

フェンディは、1925年にフェンディ夫妻がイタリア・ローマに革製品店をオープンして始まりました。毛皮のコートで一世風靡し、毛皮に旬なトレンドのデザインを施して発表するブランドとして著名です。

可愛らしさとデザイン性が旬!「ヴァレンティノ(VALENTINO)」

ヴァレンティノは、北イタリアでヴァレンティノ・ガラヴァーニが1959年に創立したファッションをトータルでプロデュースするブランドです。伝統のみならず、その時期のトレンドを取り入れた、キャッチーな要素を持っていることが特徴のブランドです。

上品で端正なデザインと言えば…「プラダ(PRADA)」

プラダは、1913年にイタリアで創業されました。レディースのプレタポルテはもちろんのこと、ナイロン製のバッグや財布も発表すると同時に大人気となり、メンズラインも常に人気を保ち続けているブランドです。

各ラグジュアリーブランドの転職エージェントの取引実績は、下記にも掲載されていました。
■外資系ラグジュアリーブランドのPR職はこちら
外資系ラグジュアリーブランドのPR職の中途採用・求人特集 業界動向や想定年収などを解説 | 外資系企業、消費財業界の転職・求人なら ー アズール&カンパニー

■外資系ラグジュアリーブランドのMD職はこちら
外資系ラグジュアリーブランドのMD職の中途採用・求人特集 業界動向や想定年収などを解説 | 外資系企業、消費財業界の転職・求人なら ー アズール&カンパニー

斬新なデザインとハンドメイドの伝統技術が特徴であり、日本市場においても商品訴求力が非常に高く、ファッションブランド全体が冷え込んでいる昨今の厳しい状況下においても売上が好調であるほどです。

2015年にはクリエイティブ・ディレクターが新しく就任し、ファッション業界全体に刺激を与えるような存在としても人気されています。

VMDとは?

VMDとは、ビジュアル・マーチャンダイジング(visual merchandising)の略です。

ビジュアル・マーチャンダイジングは、ブランドショップの内装や店内のレイアウトなどをプランニングするのが仕事です。製品をより一層魅力的に見せるようにし、お客さんが入りやすい売り場作りを目指します

イタリアラグジュアリーブランドにおいては、ブランドの歴史や魅力を理解して、ブランドらしさを損なわないようにしつつ、製品の魅力を最大限にアピールできるようにするのが業務になります。

店内のレイアウトをプランニングするには、流行に関する知識も欠かせません。他ブランドのショップなどを観察しつつ、マーケティング戦略を駆使しながらショップを作り上げていきます。

VMDの仕事を行うには、専門的な知識が不可欠です。日本国内においては、VMDの仕事に就くには、「商品装飾展示技能検定」の資格取得しておくと有利になります。「商品装飾展示技能検定」は、厚生労働省にも認められた“技能検定”で、トレンドを意識した効果的な売り場作りを行える証となります。

外資系大手ラグジュアリーブランドのVMDスタッフの主な業務内容を解説

今回ご紹介する求人案件のブランドがどのような企業であるか大まかにイメージできたところで、実際の業務内容について触れましょう。

  • ブランドビジュアルイメージのガイドラインに従って店舗内の製品の戦略立案と実施業務
  • VMDツールの管理
  • 店舗VMDと連携して製品ローテーションの手配
  • 店舗スタッフと連携して効果的な店舗VMDに関してのサポート手配
  • VMD実施後のレポーティング
  • 担当エリアのVMDスタッフの問い合わせ対応とそれに関わるサポート業務
  • シーズン毎の製品ディスプレイの管理
  • 店舗毎にVMDガイドラインの基準の管理
  • 各種レポーティング業務

VMDに関連する業務はほぼ網羅していると考えて良いでしょう。

これまでVMDに関する業務をしてきた方であればすんなりと業務内容を読み解くことができるかと思いますが、未経験者にとっては難易度の高い内容も多いでしょう。

気になる待遇

外資系大手ラグジュアリーブランドのVMDスタッフに転職した場合に携わる業務の内容がわかってきたところで、おそらく転職希望者の方がとくに関心があるであろう待遇についてもご説明します。

現状の待遇(年収・休日・福利厚生など)と比較して、転職がプラスになるかどうかよく検討しましょう。

  • 正社員として雇用
  • 年収の目安は400~600万円程度(経験・スキルによって考慮)
  • 社会保険完備
  • 週休二日制(土日)
  • 祝祭日も休み
  • 有給休暇制度あり

これまでの経験値やスキルによって年収が大幅に変動するので、これまでVMDに関する業務経験がある方は詳細に説明して発揮できるスキルを伝えるようにしましょう。

外資系大手ラグジュアリーブランドのVMDスタッフに求められるスキルとは?

気になる待遇までチェックできたところで、自分自身がこの求人案件に応募する条件を満たしているかについてもきちんとチェックしておきましょう。

  • ファッション、アパレル業界でのVMD経験が2年以上あること
  • ビジネスレベルの英語力があること(会話・読み・書き)
  • 基本的なPCスキル(エクセル・ワード・パワーポイント)必須
  • 四年制大学卒業以上の学歴を有していること
  • ラグジュアリー・ファッション業界にてエリアVMD経験がある方尚可
  • 円滑なコミュニケーション能力があること
  • スピード感を持って業務に携れること
  • チームで業務を遂行できること
  • 柔軟に物事に対応できること

現状挙げられているスキルすべてをクリアしていなくとも、企業の採用担当者の目にとまることができれば、転職成功の可能性も多いになります。

できないことはできるだけ話題に出さず、いかにして貢献できるかを全面に出してアピールするようにしてみてはいかがでしょうか。

イタリアラグジュアリーブランドの店舗付VMDスタッフとして転職するコツ

まず、知っておきたいのがラグジュアリーブランドのMD関連職の求人は減少傾向にあるということ。

ブランドイメージの演出のために、VMDスタッフは重要ですが、店舗スタッフや販促スタッフなどの兼任で賄ってしまうケースも増えています。

さらに、VMDスタッフは、ブランドのイメージや世界観を知っていなくてはなりません。そのため、ブランド側も中途採用や新卒採用でVMDスタッフを採用するのではなく、ブランドのことを熟知しているショップスタッフなどの中から適性がある人をローテーション採用することが多いようです。

ですので、ラグジュアリーブランドのMD関連職になりたいのならば、興味があるブランドのショップスタッフからスタートし、VMDスタッフにキャリアチェンジするのがおすすめになります。

また、VMDスタッフは募集していなくても、VMDのアシスタントを多数募集しているケースもあります。VMDのアシスタントとして活躍できれば、将来的にVMDになれるチャンスもあります。ですので、まずはVMDのアシスタントを目指すのも転職のコツになるでしょう。

転職エージェントに相談しておくのも効率よく転職活動するコツになります。
VMDスタッフの求人情報をお探しなら、下記の転職エージェントで非公開求人を探されることをおすすめします。

おわりに

外資系企業への転職案件を見ていると、求められるスキルや経験が非常に詳細であることから、自分は採用のターゲット外なのではないかと不安に感じ、転職活動を諦めてしまう方も往々にしていらっしゃいます。

そんなときにこそ、転職の専門家である転職エージェントに意見を求め、自分が応募して採用に至る案件なのかどうかを見極めてもらいましょう。

たとえばアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーのような転職エージェントなら、未経験者も採用予定の案件も保有しているので、転職先のバリエーションがより多くなり活動しやすくなるでしょう!

関連記事

おすすめ転職会社5

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事