転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職ノウハウ > 後一歩!外資系企業への転職を確実に成功させる最終面接のコツを解説します

後一歩!外資系企業への転職を確実に成功させる最終面接のコツを解説します


これまでのキャリアや語学力をいかして、外資系企業へ転職したいと思われる方は多いですよね。しかし、いざ転職活動を進めていくと、最終面接でつまずいてしまって転職が決まらないという方も同じように多いのではないかと思います。

それなりの期間で希望した外資系企業への転職を叶える人と、失敗する人の最終面接はどう違うのでしょうか。悩める方々のヒントとなるポイントをご紹介します。

採用の要は履歴書と最終面接

転職活動をしていく中で、採用にぐんと近づく、もしくは遠のくポイントはどこだと思いますか?採用面接の第一印象も、その面接の中での内容も当然大切ですが、一番採用可否を決めるのは以下の2つのポイントです。

まず、志望企業へ出す履歴書はあなたの第一印象となります。本人に実際に会ってもいないのに、第一印象が決まってしまうなんておかしい!と言う方もいらっしゃいますが、人柄という部分以外は履歴書、職務経歴書でおおまかに把握することができます。

その次に合否を大きく分けるのが最終面接です。最終面接までスムーズに進んだ方ほど、気持ちが抜けてリラックスし過ぎてしまう、もしくはここで結果が決まると思うあまり緊張しすぎる傾向にあります。

最終面接で良い印象を持ってもらえれば、採用合格を受け取れるだけでなく、入社する際にもポジティブなイメージを持ってもらえるのでとても大切なポイントです。

大きく大切なポイントはこれら2つですが、履歴書の段階と比べると、最終面接まで進めれば採用は目前です。掴みかけたチャンスを失わないために気をつけておけるポイントは可能な限りおさえておきたいですよね。

最終面接で不採用になってしまう理由

これまで、最終面接までスムーズに進んでいったのに、結果は不採用だったという経験をされたことのある方はきっと多いと思います。

確実な手応えがあったにもかかわらず不採用通知を受け取った場合でも、手応えがそもそもまったくないまま不採用通知を受け取った場合でも、なぜ不採用になってしまったのかを今一度考え直すことがとても重要です。

そこで、最終面接で不採用になってしまう理由としてよくあるケースをご紹介します。

その1:熱意が伝わってこない

最終面接まで進んだということは、採用試験をしていた企業もあなたのことに興味を持っているということです。履歴書の内容も申し分なく、それまでの面接での印象もとても良かったのでしょう。

ところが最終面接で話をしてみたら、「本当にこの人はこの会社で働きたいと思っているのだろうか?」「本当は併願している企業があって、押さえで受けているのではないか?」と思われてしまうと、採用担当者の目は書かう実に入社してくれる次点の受験者に行ってしまいます。

あまりにも必死過ぎるアピールや懇願は痛々しいので避けて当然ですが、必死さを隠してのクールすぎる態度や上から目線な志望理由、採用されたも同然といった面接内容は採用担当者の最終的な判断を思わぬ方向に導きますので注意が必要です。

その2:雰囲気が合わない

履歴書や職務経歴書では、主に事実を元にした人物のハード面を見ます。学歴や職歴、その中で携わってきた業務内容などは、企業の求める人物像であるかをある程度判断する材料になります。

また履歴書の整え方や表現の方法で、性格などもある程度把握することができます。

一方、人物を見て会話し、直接人柄や話し方などに触れる機会となる面接は、反対にその人物のソフト面を判断する機会となります。履歴書などハード面では魅力的に見えた人物も、話をする機会を経て「あれ?ちょっと違う?」と思うことがある場合には残念ながら入社の機会を失ってしまいます。

自分自身を繕って無理に入社のチャンスを掴んでもあまり良い結果は生みませんが、ある程度そのような社員がいるのか、雰囲気をあらかじめ知っておくとこのような失敗はしなくて済みそうです。

その3:決め手がない

恋愛でも採用でも共通するポイントかもしれませんが、「決めてとなる何か」はとても大切なポイントです。

何となく採用担当者も落とす理由がなく面接を進めてきてしまったという場合、最終面接を経て「悪いところはないけれど、絶対に欲しい人材ではないかも…」と思われてしまうことがあります。

意外に見られてる!?

最終面接で落とされてしまう原因となるポイントを3つ紹介してきましたが、採用担当者が面接でどのようなポイントからその判断をしているかを知らない方がほとんどかと思います。

ここからは、面接のどのようなところを見て採用担当者が採用不可と判断するか解説します。

その1:日程調整のルーズさ

転職活動の場合、個人で採用企業とのやり取りをすることは稀で、主に転職エージェントが間に入って日程調整などをしてくれます。だからこそ、受験者は普段の業務をしながら転職活動が可能となるのです。

面接の日程調整を転職エージェントの担当者が調整する中で、なかなか日程・時間が決まらず、面接希望日時を決めるのに時間がかかっていると、企業側に「あれ?そんなに転職に前向きじゃないのかな?」と思われても仕方ありません。

とはいえ、現在の業務を疎かにすることは言語道断ですので、繁忙期などで調整が難航している場合にはその旨をきちんと転職エージェントの担当者に伝えておいてもらいましょう。

その2:雰囲気が違う…

昔から「朱に交わらば赤くなる」という言葉がありますが、さすがに黒を赤に変えることはそうそうできません。あなたの優秀さが伝わったとしても、あまりにも雰囲気が社員とかけ離れていたとしたら残念な結果を生みます。

服装やキャラクター、趣味など、ある程度社員の雰囲気を予め掴んでおくとこのような事態を避けられるでしょう。

最終面接で不採用にならないためにしておくべきこと

最終面接まで進んだということは、企業はあなたを非常にポジティブにとらえているということの証しです。つまり、大きな失敗や原点となるポイントがなければ、スムーズに入社できる可能性を十二分に持っているということです。

そのチャンスをみすみす逃さないためにも大切となるのが、
・自信を持って面接に臨む
・しっかりと企業に対して熱意を伝える
・企業の事業内容・業務内容だけでなく、雰囲気もしっかりと掴む

以上3点となります。これらの1つでも欠けると、最終面接まで進んだにもかかわらずその時間、手間、努力がすべて水の泡となります。

最終面接でNGだった場合にすべき対策

ここまでご紹介したポイントを押さえていたにもかかわらず採用不可の連絡を受けてしまった場合、どうしたら良いのでしょうか。「やるべきことはすべてカバーしておいたのに落ちた…」と肩を落とす必要はありません。

転職エージェントの担当者にじっくりと話をして、企業側がどのような理由で不可としたか聞きましょう。

どんなに努力をしても、企業との相性もありますので採用に絶対はないからです。最終面接まで進んだという自信を持って、次にどのようなチャレンジをするか転職エージェントの担当者と練りましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

最終面接に臨んで、新しい企業での自分を想像していたりすると、不合格だったときになおさら落ち込むのは誰でも一緒です。しかし、その事実をいつまでも悔やんでいても進歩はありません。

まず、今回ご紹介したポイントを実践できているか確認し、すでにできていると感じた場合には転職エージェントの担当者に改めて相談してみましょう。

転職のサポートに特化したエージェントは数々ありますが、中でもアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーは業界特化型の人材紹介会社であり、ピンポイントに転職アドバイスができる担当者が多く揃っているエージェントです。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事