転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > ドトールコーヒーの転職希望者必見!気になるビジネスや業務の内容、待遇、求人情報、口コミ・評判を大公開

ドトールコーヒーの転職希望者必見!気になるビジネスや業務の内容、待遇、求人情報、口コミ・評判を大公開

人気業界への転職の方法がわからず、立ち止まっていませんか?
フード企業への転職を検討しているなら、まずは転職エージェントに登録して相談してみるのをおすすめします。
下記のボタンから、チャットでサポートに無料相談できます。

転職のご相談ならアズール&カンパニーにおまかせ

業界に精通したコンサルタントが
無料でサポートします

まだ転職を決めていなくても相談できます


ドトールコーヒーの概要

ドトールコーヒーは、主にコーヒーを扱う日本の企業です。1962年に焙煎卸売業をスタートし、今では、焙煎加工だけでなく、コーヒー豆の輸入や飲食店の経営やフランチャイズ事業も展開しています。

新たなチャレンジを大切にしている企業で、たとえば、1970年代からスタートした喫茶店事業では、当時、喫茶店といえば不健康で退廃的なイメージが強かったのですが、ドトールは明るく健康的なイメージを押し出し、誰でも楽しく利用できる喫茶店を作り出しました。

近年も喫茶店イメージの革新に力を注いでいて、店内にコーヒー豆のラボがある本格的喫茶店である「神乃珈琲」や本との出会いをテーマにした「本と珈琲梟書茶房」など多様なお客様のニーズに応えられるサービスを展開してきています。

また、2020年からのコロナ禍においては、業績が悪化しましたが、2021年4月15日からネット通販を活用したD2Cビジネスをスタートし、公式通販サイト「ドトールオンラインショップ」を開設。ドトールコーヒーショップで人気のコーヒー豆、ECサイト限定のオリジナル商品の販売をスタートしました。

公式通販サイトは、「コロナ禍の癒し」として注目を集めていることから、業績の好転が期待できそうな企業でもあります。

ドトールコーヒーの取り扱う製品・サービス

ドトールは以下のようなフランチャイズおよび直営店を展開しています。

カフェコロナド

1972年にドトールコーヒーが最初にフランチャイズ展開を手掛けたフルサービスのコーヒー専門店です。

「健康的で明るく、老若男女が共に親しめる店」をコンセプトにしていて、コーヒー店の不健康で不健全なイメージを塗り替えた店舗でもあります。

ドトールコーヒーショップ

コーヒーやサンドイッチ、ケーキなどを提供するセルフ式のコーヒーショップです。「がんばる人の、がんばらない時間。」をキャッチコピーとし、1980年に誕生しました。

オリーブの木

1985年に営業をスタートしたスパゲッティを中心に提供するレストランです。

エクシオールカフェ

ドトールコーヒーショップのワンランク上を目指した高級感のあるカフェです。インテリアなどもドトールコーヒーよりも高級感があり、座席間のゆとりも広めという特徴があります。エスプレッソをメインに提供していて、店内にはエスプレッソマシーンやコーヒー豆といったコーヒー関連用品も取り揃えられています。

エクセルシオールカフェ

オレンジを基調としたデザインを特徴とするフランス系のデザートカフェです。

マウカメドウズコナコーヒーガーデン

ハワイ産のコナコーヒーとワッフルを中心に提供している飲食店です。

ルカフェドトール

ドトールの最高級カフェです。「最高のコーヒーを、最高のお店で、しかも気軽に楽しんでいただきたい」というショップコンセプトを持っています。エスプレッソベースのコーヒーを中心に取り扱っていて、価格も比較的高価です。

カフェレクセル

「最高の一杯」をコンセプトとするコーヒー店舗です。

梟書茶房

『選りすぐりの本』と『その本のための珈琲』との出会いを楽しめるコンセプトカフェです。

ドトールコーヒーで求人はあるの?

革新を大切にした企業であるドトールコーヒーでは、2021年5月現在、求人が存在していました。待遇などを詳しく分析していきましょう。

転職エージェントの取引実績は下記にも掲載されています。
■フード業界のマーケティング職はこちら
フード業界のマーケティング関連職の求人特集 業界動向や想定年収などを解説 | 外資系企業、消費財業界の転職・求人なら ー アズール&カンパニー

■フード・飲食業界の店舗開発職はこちら
フード・飲食業界の店舗開発職の中途採用・求人特集 業界動向や想定年収などを解説 | 外資系企業、消費財業界の転職・求人なら ー アズール&カンパニー

ドトールコーヒーでのポジション

ドトールコーヒーでは以下のポジションで採用を行っていました。

  • 【総合職】カフェ(飲食・フード)の店長候補中途エントリー
  • 【店舗運営職】新業態の店長候補中途エントリー
  • 【総合職】ドッグカフェの店長候補中途エントリー

過去の求人も見てみましたが、基本的に店長候補のポジションでしか採用を行っていませんでした。

しかし、転職エージェントに登録すれば店長候補以外の非公開求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

店長候補以外のポジションに興味がある方は転職エージェントへの登録からスタートしてみましょう。

気になる待遇は?

気になる待遇ですが、まず給与や休暇は以下のようになっています。

給与

・総合職
(大学・大学院卒):月給20万5000円~
※みなし残業代(20,000円14時間相当分)含む。14時間超過分は別途支給。
(専門・短大卒):月給19万1000円~
※みなし残業代(15,000円11時間相当分)含む。11時間超過分は別途支給。
下記の給与金額は、大卒初任給実績です。
経験や能力などを考慮した上、当社規定により優遇・決定します。

昇給・賞与・各種手当

【昇給・賞与】
・給与改定/年1回(4月)
・賞与/年2回(6・12月)

【手当】
・通勤手当(全額支給)
・時間外手当
・役職・職種手当

勤務形態
正社員
※試用期間3ヵ月(給与・待遇などに変更はありません)

休日・休暇
《年間休日119日》
・リフレッシュ休暇(最大連続9日間連続)
・有給休暇(年10日~40日)
・特別休暇(1日)
・慶弔休暇、育児休暇、介護休暇
就業時間
フレックスタイム制(コアタイム無し)

出典:ドッグカフェの店長候補(総合職)

さらに、注目すべきは福利厚生です。以下のようにかなり充実していることがわかります。

待遇・福利厚生

【福利厚生】

・各種保険
社会保険完備、GLTD、団体保険

・慶弔関連
結婚祝金、出産祝金、慶弔金、供花

・資産形成サポート
退職金制度、社員持株会制度、住宅補助制度、転勤補助制度、財形貯蓄、選択型確定拠出年金制度

・健康関連
定期健康診断の会社負担、予防接種補助、健康相談窓口の設置、ハラスメント相談窓口設置(外部)

・住宅・生活関連
短時間勤務制度、ベネフィットステーション、転勤補助

・表彰制度
ハワイ表彰、永年勤続表彰(20年、定年)、社名啓発表彰、部門別表彰、最優秀者表彰

・各種資格取得支援
通信教育、コーヒーマイスター等

・職場活性
暑気払い、忘年会、社員旅行補助、DVCの配布、サンクスフラワー制度、社内報「スピリッツ」

・保養所
当社保有保養所(石打・箱根※無料)、ラフォーレ倶楽部(会員制リゾート)、ベネフィットステーション(福利厚生総合サービス)

出典:ドッグカフェの店長候補(総合職)

口コミや評判を確認していても給与や待遇に満足しているという声がかなり多いです。同業の中でも平均年収は高めですから、待遇の良い企業だと分析できるでしょう。

ドトールコーヒーの転職に興味をお持ちの方はこちらから簡単にエントリーできます ー アズール&カンパニー

ドトールコーヒーが大切にしていることとは?

ドトールコーヒーの社長メッセージに、以下のような社是が記載されいました。

社長メッセージCEO Message

ドトールコーヒーは、「こだわりと革新」の飲食業であり、立地創造業であり、幸福創造業である

出典:社長メッセージ

ドトールコーヒーは、創業当初から退廃的な喫茶店の雰囲気を変えるといった革新を起こしてきました。最近でも、本とカフェが楽しめる喫茶店をオープンさせたり、コロナ禍を背景に通販事業を展開させたりと、時代のニーズを読み、現状に満足せず、革新を起こしています

このような”変革する力”を大切にし、多くの人の心に幸福をもたらすことを大切にしているのだと考えられるでしょう。

ドトールコーヒーが求める人物像

ドトールコーヒーは、革新を大切にしている企業です。ですから、やはり考え方などが個性的で、社内に新しい風をもたらせる人が求められると考えられるでしょう。

チャレンジ精神が旺盛で、会社と共に成長していきたいと考えているような人ならばかなり評価されるはずです。

また、ドトールコーヒーは「幸福創造業」でもありますから、おいしいコーヒーを通じて、多くの人を幸福にしたいと考えている人や明るくて周囲を幸福にできる人ならばかなり求められるといえそうです。

ドトールコーヒーの働きやすさ

ドトールコーヒーは、若手であっても一定の裁量が与えられると評価されている企業です。ですから、主体的に自分らしく働くことができる職場だと考えられます。自分のペースで働いていきたい人には働きやすさ抜群といえるでしょう。

また、店長候補として入社しても、その後、本部勤務へとキャリアチェンジしやすい制度もあります

飲食業界はやや年収が低い傾向にありますが、ドトールは平均年収は440万円程度で、同業の中では高めで、働きやすいでしょう。

ドトールの求人情報をお探しなら、下記の転職エージェントで非公開求人を探されることをおすすめします。

ドトールコーヒーの口コミ・評判

ドトールコーヒーの口コミ・評判を確認しておきましょう。口コミなどを確認すると、福利厚生がしっかりしているという声が多く聞かれました。

30代女性・販売

大手ということもあって、福利厚生はかなりしっかりしています。店舗のスタッフは福利厚生がしっかりしていないことも多いのですが、ドトールは違います。財形貯蓄、持株、確定拠出年金、社割保険などとにかく手厚いです。ただし、家賃補助は入社3年目までなのがネックです。

基本的には店舗勤務からスタートして、その後は本部勤務になります。本部になると、休憩もしやすくなるのですが、店舗スタッフは休憩がとりにくい部分もあります。事務所スペースがほとんどない店舗に配属されると、なかなか息抜きができないと思います。

40代女性・販売

福利厚生がかなりしっかりしています。入社後、3年間は15,000円の住宅補助がでます。

本部の社員にはあまり空きがでないので、基本的にはショップで働くことになります。ショップごとの裁量がかなり大きい会社ですので、良い店長の下で働くことができれば有給なども多く使うことができます。

ただし、いい加減なショップに配属されると、休みが取りにくかったり、休憩スペースが狭いこともあったりするようです。

30代女性・人事

本部のオフィスは、かなりきれいで掃除も行き届いています。ただし、店舗は、やや掃除が行き届いていないこともあるようです。

仕事はマニュアルがかなり整備されているので、上司などに相談しなくてもマニュアルを見れば何とかなることが多いです。そのため、業務の引継ぎもやりやすいです。最近はリモートワークもしやすくなっているので、プライベートを大切にしながら働くことができます。

新商品の試飲、試食もあるので、ドトールの製品が好きな人は働き甲斐があると思います。

さいごに:福利厚生を重視する人にドトールはおすすめ

ドトールは福利厚生がしっかりしている会社です。特に、住宅手当がしっかりしていて、収入が安定していない3年目まで毎月支給される安心感があるようです。

個人の裁量が大きく、自分のペースで働くことができるのも魅力でしょう。マニュアルもしっかりと整備されているので、すぐに仕事を覚えていくこともできるようです。

今現在は店長候補のポジションでしか採用を行っていませんでしたが、エージェントに問い合わせをすれば、本部のポジションも紹介してもらえる可能性があります。ポジションに関する相談は、経験豊富で成果にコミットする「アズール&カンパニー」「アズール&カンパニー」を頼ってみるのがおすすめです。

関連記事

おすすめ転職会社5

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事