転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 人気業界・職種の業務内容や待遇 > 欧州系アイウェアブランドのアシスタントブランドマネジャーへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル

欧州系アイウェアブランドのアシスタントブランドマネジャーへの転職 業務内容や待遇、求められるスキル


外資系企業への転職を夢見ながらも、なかなか現実的な一歩が踏み出せないとお悩みではなりませんか?
そんな方のために、実際に転職した場合のイメージをつかめるように、この記事では実在する求人情報から、具体的な業務内容、待遇、求められるスキルをご紹介しています。

今回は、欧州系アイウェアブランドのアシスタントブランドマネジャーへの転職を例にとって解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

欧州系アイウェアブランドとは?

メガネは機能を重要視して使用するものですが、視力に関係なくファッションとして投入する重要なファッションアイテムでもありますよね。

上級テクニックを持っているかどうかは別として、アイウェアでスパイスを加えたファッションコーディネートは国籍問わずおしゃれ上級者の雰囲気を漂わせます。

それでは早速欧州系アイウェアブランドにどのようなブランドがあるかをご紹介しましょう。

alain mikli(アラン・ミクリ)

「アラン・ミクリ」は、1978年にフランスで誕生したアイウェアのブランドです。

独特の色使いやユーモアを感じさせるモダンなデザインが世界中で愛されており、高級アイウェアブランドの中では一二を争う有名ブランドです。

WOLFGANG PROKSCH(ウルフギャング・プロクシュ)

「ウルフギャング・プロクシュ」は、1980年代終盤にドイツで誕生したアイウェアブランドです。

ブラッド・ピット、エルトン・ジョン、キャサリン・ゼタ・ジョーンズなどを始めとした世界的なアーティスト、女優から支持を得ているブランドでもあります。

OLIVER GOLDSMITH(オリバー・ゴールドスミス)

アイウェアブランドの中でも世界一と言われる「オリバー・ゴールドスミス」は、1926年にイギリスで誕生したアイウェアブランドです。

当時べっこうなどで作られており重さが気になっていたメガネを、使いやすさの面でも改良して売り出したことがこのブランドの特徴です。

PARAFINA(パラフィナ)

「パラフィナ」は2015年にスペイン・マドリッドで誕生した比較的歴史の浅いブランドです。

地球環境に配慮し、ペットボトルやアルミニウム、バンブーなどを使用して作り出したアイウェアであり、リサイクル素材を活用した製品は世界中の注目を集めています。

欧州系アイウェアブランドのアシスタントブランドマネジャーの主な業務内容を解説

欧州系アイウェアブランドの詳しいという方でない限り、今回ご紹介したブランドをすべて知っていたという方は少ないのではないでしょうか。

それくらい、アイウェアブランドという業界は非常にニッチであるということも伝わったことと思います。それでは、具体的な業務内容のご紹介に移りましょう。

戦略立案・実行管理

ライセンスブランドのマーケティング活動の戦略立案・実行管理を担当します。

市場動向分析・ニーズ特定

ブランド、チャネル、販売実績等の市場動向分析とニーズ特定をします。

戦略の調整

目標数字、予算に合わせてマーケティング戦略の調整も担当します。

競合他社に関する業務

競合動向の分析も担当してレポートティングします。

レポート共有

トレードマーケティングチームと定期的なレポート共有にも参画します。

商品展開に関する業務

市場、ニーズに合わせた商品展開業務も業務の一環となります。

その他業務

ライセンスブランドの窓口対応も担当します。

社内レポート作成

ブランドマネジャー、関連チームへのレポーティングを担当します。

気になる待遇

マーケティング・リサーチや、レポーティング業務など担当する分野は多岐にわたることがわかりました。それでは早速次に気になる待遇に移りましょう。

  • 正社員として雇用
  • 想定年収としては500~600万円(これまでの経験・実績を配慮)
  • 社会保険完備
  • 社員割引制度あり
  • 週休2日制(土日)

日系企業でアシスタントマネジャーの業務をするよりもやりがい、収入、身につくスキルに関しても格段上なのではないでしょうか。

欧州系アイウェアブランドのアシスタントブランドマネジャーに求められるスキルとは?

収入も福利厚生も十分に整った求人情報ですが、当然ながら候補者に求めるスキル・経験というものがあります。どのようなものがり、またご自身のこれまでのキャリアでマッチするような内容なのでしょうか?

  • 消費財業界におけるブランドマネジメント経験、またはアシスタントブランドマネジャー、スペシャリスト経験が2年以上あること
  • ブランド管理経験があること
  • データ分析、プランンニング経験があること
  • ビジネスレベルの英語力(会話・読み・書き)
  • 上級レベルのエクセルスキルがあること(ピボット、VLOOKUP)
  • 4年制大学卒業以上
  • 全体的に経験者であれば、難しい条件は何もないように思えます。これまでに消費財業界での就業経験がある方はぜひ応募してみると良いのではないでしょうか。

    おわりに

    外資系企業への転職は、タイミングや意気込みも大切です。しかし、それ以上に適切なパートナーの存在が大切になります。

    大切なパートナーには友人や知人も含みますが、やはり一番心強いのは転職エージェントです。たとえばアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーのような転職の専門家に相談してみてはいかがでしょうか。味方がいれば前途多難になりがちな転職活動も安心です!

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事