転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 企業別転職情報 > Forever21に転職で採用されるポイントと口コミ・評判の調査結果

Forever21に転職で採用されるポイントと口コミ・評判の調査結果


Forever21は事業拡大に積極的

Forever21はアメリカ・カリフォルニア州のロサンゼルスに拠点があるファストファッションストアチェーンで、2009年現在、アメリカ国内のほか、世界10ヶ国に460店舗があります。

日本ではフォーエバー21ジャパントレーディングカンパニー合同会社が販売を行っています。

毎年、着実に店舗を増やすとともにネット通販にも進出し、業務拡大を行っていることから、人材採用にも力を入れています。

英語力があれば有利になるケースも

中途採用の場合、MD、VMD、営業、マーケティング、経理財務、人事、広報、法務、経営企画といった職種で募集を行っています。
即戦力の人材を求めているため、どの職種も実務経験者が対象となります。

英語力を必要とする職種も多く、ビジネスレベルで通用する英語力があれば優遇されます。
正社員以外、契約社員で募集する求人は、未経験者でも応募可能なケースが多く、応募条件もあまり厳しくありません。

契約社員の場合正社員への登用制度があるので、勤務実績次第では、正社員になることが出来ます。
このため経験がない人の場合、最初は契約社員として働く方法もあります。

外資系企業のため、正社員雇用が難しいと言われ、また社内の公用語が英語のため、外国人スタッフが多くいるので、英会話が出来ない人は慣れるのに少し苦労するかもしれません。

店舗スタッフは立ち仕事が多く、バックヤードから大量の洋服を持って来たり、お客からの注文に応じて店舗内を探し回ったりすることもあるようです。
店舗によっては24時間態勢の店舗もあり、夜勤もあるかもしれません。

障害者を積極的に採用しているのも評価されているようです。

Forever21で働いたことがある人の体験談・口コミ・評判

この会社で経験したこと肌で感じたことは、主にチームワークを重視していると思いました。職場の雰囲気もフラットな感覚でコミュニケーションを大切にしていると思います。いつもミーティングが絶え間なく入り忙しい時もありますが、仕事へのやりがいやチームに貢献できた事はとても貴重な体験でした。職場の上下関係もそこまで厳しくもなく皆気さくな方ばかりでしたので、あまり気を使う事なく協力しながら業務をこなす事ができました。特に私が所属していた部では、賞与等もあり皆モチベーションが高く互いに良い刺激を受けました。業務においては、変化のスピードが速く、常に迅速な対応と冷静な判断が問われます。上司にも分からないことがあればすぐに相談できるような環境に整っているので、安心できました。
(20代・男性・ITコンサルタント)

Forever21の良さはお互いに意見を言い合える環境があることだと思います。アルバイトのみならず上司、部下、誰でも意見を言うことができます。基本的に仲が良く役職では呼び合いません。質問をしやすいです。分からないことがあれば積極的に質問をすることができます。Forever21のミーティングなどではボトムアップで意見を吸い上げることが多いです。部下の方が現場に近いので意見を反映しやすいです。Forever21は部下の意見を採用してもらえる方も多いです。服が好きな人にはかなりオススメをすることができます。アパレルとして接客をすることができるのは本当に素晴らしいことだなと私は感じます。人としても成長することができます。
(40代・女性・営業職)

私はForever21渋谷店で過去に働いた経験があり、感想としては外国人のお客様が凄く多く、語学を使った職業をしたい人に是非お勧めしたいです。割合としては、半分ぐらいのお客様が外国人で、外国人から好まれる理由としては安いからです。大量のセール商品を買って帰る外国人観光客の姿が多く見られ、必要最低限の英語力は必要と感じます。また、商品の数が凄く多く取り扱われており在庫検索の問い合わせが多かったのですが、必ずしっかりとした確認を行うことをスタッフは徹底しており、働きだした当初は驚くことが多かったです。プロモーションという、期間限定のセールを常時行っているのですが、数が多く期間がすぐに終わってしまうものもあるので、覚えるのに苦戦した覚えがあります。
(20代・女性・居酒屋)

私はForever21渋谷店で過去に働いていたのですが、外国人観光客の多さに凄く驚いた記憶があり、好まれる理由としてはセール商品の服を大量に買って帰る外国人のお客様が多いです。また、全く日本語が分からないお客様も多く見受けられます。語学を使った職業を探している人に是非お勧めしたい職場です。外国人観光客の割合としては、半分ぐらいのお客様が外国人なので、最低限の英語は必要と感じられます。私の場合、YESとNOと言えるくらいの語学力しかなかったのですが、試着室のご案内やレジ対応などは働いているうちに自然と説明できるようにようになります。また、期間限定で行われるセール(プロモーション)というものがあり、数が多く、期間もすぐに終わってしまうものがあるので、覚えるのに苦戦した記憶があります。
(20代・女性・居酒屋定員)

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事