転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職お役立ち情報 > 外資系企業に転職したい女性が理解しておくべきポイント4個

外資系企業に転職したい女性が理解しておくべきポイント4個


外資系企業への転職ができたら…と憧れている方の中には、「若くして女性でも活躍できる成果主義であるところ」や「ワークライフバランスを保ちながらキャリアアップできる環境」であることに惹かれている方も多いのではないでしょうか。

しかし実際転職するとなると、「環境が合わなかったらどうしよう」と不安になるのも事実。

そんな方に役立つ、「外資系企業に転職する前にどんな部分を理解しておけばいいのか」のポイントを4つにまとめました。ぜひ参考にして、自分の新たな可能性にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

外資系企業は女性にとって働きやすいのか?

外資系企業というと、成果主義で仕事がハード・高収入・優秀な人材が多い・ワークライフバランスが取れるなど、さまざまなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

日系企業とはまったく異なるだろう外資系企業の勤務状況がイメージできず、転職を思い悩む方もいるはずです。

業界や企業、自分のポジションなどによって環境はもちろん異なりますが、ハードに働くとなると結婚・出産・親の介護など自分だけでは解決できないさまざまなライフイベントを迎える女性にとっては少し心配な部分も出てきます。

実際どんな女性に向いているのか、次の章でご紹介していきましょう。

こんな女性に向いている、その特徴4つ

外資系企業のイメージをご紹介しましたが、こんな女性に向いているというポイントを4つにまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 出産・子育てをしながら働きたい

「出産や子育てという女性の生活を大きく変えるライフイベントがあってからも、キャリアを諦めずに働き続けたい」。そう考えているなら外資系企業に向いているといえます。

日系企業も最近はワーキングママが働きやすいような変化を求められていますが、長年築かれた文化は一朝一夕には変わりません。

また、保育園に入れないことなどは社会的な問題となっており、こちらも解決には時間がかかることが予想されます。

現状で既にワーキングママが働きやすい環境、そしてたくさんのロールモデルがいる外資系企業なら、出産・子育てをしながら仕事も充実させるという生活を実現することも可能です。

もちろんワークライフバランスは取りやすいですが、あくまで成果を上げていればという前提条件つきですので、その点はよく検討しておきましょう。

日本企業の場合、産休・育休明けの女性に対しては特別待遇が暗黙の了解でなされているようなところもあり、時短勤務の延長などが自由に選択できるケースも少なくありません。

しかし、外資系企業の場合は一度職場に戻れば子供の有無は成績に加味されません。職場である以上同じフィールドで戦うだけの覚悟があることが必須となります。

2. 実力主義で向上心がある

日系企業の場合、過去にあった年功序列の考え方がまだまだ残っており、年齢がある程度上がってからでないと実力があったとしても大きな仕事や管理職を任せてもらえない可能性があります。

特に女性の場合は社会進出をし始めてからまだ日が浅いため、その傾向が強く出ることも。ライフイベントなどで物理的に会社からいなくなってしまうことを懸念される場合もあるのです。

対して外資系企業の場合は実力主義のため、男女関係なく結果次第で仕事を任せられることも一般的。

向上心があり、早く次のステップに進みたいと考えるような方であれば、キャリアの階段を駆け上がっていくことも可能でしょう。

現在日系企業に勤めていて、何かの規制によって自分が羽ばたけていないと感じているのであれば、外資系企業にチャレンジすることをおすすめします。

とくに外資系企業の場合、さまざまな部分で風土をよりよく変えていくという風を吹かす人物に一目を置く傾向にあります。

お役所仕事のように仕事をすすめるよりも、実際の業務経験から改善点をあげ、効率や機能面などで向上できるチャンスを提案できる人物もまた外資系企業で働きやすいでしょう。

3. 女性リーダーとして活躍できる環境を求めている

実力主義とも重なりますが、外資系企業なら女性リーダーも問題なく活躍できる環境が整っています。

日系企業の場合は1986年に男女雇用機会均等法が施行されたことを見ても分かる通り、女性が社会に本格進出し始めてからまだ30年程度。

そのため、男性リーダーが当たり前という状況が多く、女性の管理職を増やす目標を政府が掲げてもなかなか増えていないのが現状です。

しかし、外資系企業であれば以前から実力主義で性別などは関係なく働ける状況が整っています。

実際に外資系企業では日系企業に比較して圧倒的に意思決定者に女性を配置している企業が多く、場合によってはCEOやCFOが女性であるケースも決して珍しくありません。

このようなポジションにある女性が女性の社会進出に対してポジティブな姿勢を持っていると、やる気のある女性の雇用に力を入れている場合も大きので要チェックです。

女性であることが原因で実現できないことに無駄な時間を費やしたくないと感じているなら、外資系企業で働く方が向いているといえるでしょう。

4. 時短・正社員以外の働き方を検討している

日系企業の場合、女性が正社員として働くことは一般的になってきましたが、子育てしながら働くのは厳しいと感じる女性が多いのが現状です。

そのため、出産してから会社勤めを辞めるケースも多く、子育てと両立しながら働き続けることの難しさが感じ取れます。

日系企業でワーキングママが働きづらい原因としては、画一的な労働モデルが問題となるケースが多いです。

毎日決まった時間に出社・退勤しなければならないのが原則で、在宅やフレックス制度が認められているのはごく少数の企業や部署。そのため、状況の変化しやすい家のことと子供に対応しながら仕事をすることが難しくなってしまうと考えられます。

しかし、外資系企業は各個人に目標がおろされ、個人の責任範囲も明確なので、自分の仕事が終わっていれば時間についてはとやかく言われないことも多いです。

また、フレックスや在宅ワークなども認められる場合も多く、働き方の自由度が高い傾向にあります。

子育て中などで時短・正社員以外の働き方を検討している場合は、外資系企業への転職で仕事も子育ても両立できる職場を見つけるのも1つの方法です。

また、ブランクが空いている女性の場合でも、能力が高ければ契約・派遣社員からスタートして正社員に登用されるケースもあります。

実力主義の外資系企業では、欲しい人材であればこのようにフレキシブルな対応をしてくれる場合もあるので、覚えておきましょう。

(番外編)働くママなら考えておきたいポイント

外資系企業に転職して、キャリア・家庭もどちらも両立しようと奮闘中の女性も多くいらっしゃるのではないかと思います。

徹底された実力主義の外資系企業での就業を選択すれば、実力を認められている限り女性であろうと男性であろうと差がないのと同時に、子育て中でも何ら問題なく活躍することができるでしょう。

ただし、外資系企業で働きながら子育てをする上で、前もってよく検討し、準備しておくべきポイントがあります。

  • 保育園に通わせるのか
  • ベビーシッター・ナニーサービスを活用するのか
  • 緊急時に代わりに対応してくれる人はいるか?
  • パートナーとの連携プランは立てられているか?

外資系企業で働いていく限り、プライベートのことは制度に頼り切らず自分自身で考えて行動できることも大前提となります。これらのポイントをきちんと確認した上で、そのプランがサステイナブル(持続が可能である)であるかもよく確認しておきましょう。

転職するための準備はOK?

この記事では、外資系企業が比較的女性に適した環境を提供しているということをご説明してきました。

無論、これは本人のやる気を実力次第ではあるものの、今後結婚や出産などを予定していてこれまでのキャリア構築の方法とはスタンスが変わってきそう…という方にとってもとてもメリットの多い環境であることが伝わっているのではないかと思います。

現職についていらっしゃる方、もしくはすでに退職して結婚準備、妊活や出産準備に追われているという方で、今後転職・就職する際には外資系企業がいい…とお考えの方は、

外資系企業の働きやすさを知ることと同時に、どのような方法で外資系企業に転職すれば良いかもしっかりと把握しておきましょう。

現職でヘッドハンティング

あくまで現在就業中の方に限った方法ではありますが、現職での活躍を見てヘッドハンティングしたいと言ってくれる企業から選ぶのはとても優れた方法のひとつです。

これまでのあなたの実績を知った上でヘッドハンティングをしているので、自分から一生懸命に自分自身を売り込まなくても転職が可能となります。

知り合いの紹介

もし希望している外資系企業に知り合いがいて、採用担当者と直につないでくれるような機会があればそれもチャンスのひとつと捉えて良いでしょう。

日系企業と比較してもこのような方法で採用される機会が外資系企業には多く、ダイレクトリクルーティングに力を入れている企業であればなおさらチャンスが広がるでしょう。

王道は転職エージェント

上記2つはもともと自分自身が持ち合わせている人脈や運に大きく左右される方法ですが、誰にとってもメリットが多いと断言できる転職活動の方法は転職エージェントを利用することです。

優秀な担当者を多く有しているアズール&カンパニー外資系消費財業界の転職・求人なら – アズール&カンパニーのような転職エージェントに力を借りれば、何かと不安の多い転職活動もスムーズに進みます。

おわりに

外資系企業は厳しいイメージがありますが、自由と責任がはっきり分かれています。それをきちんと把握した上で責任を果たした勤務ができれば、理想的な働き方をデザインすることも可能です。

自由と責任を自分で管理しながらキャリアアップしていきたいなら、一度外資系企業への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

ご紹介した4つの向いている特徴に当てはまっているなら、望むキャリアと生活の両方を手に入れられるはずです。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

新着記事