転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職ノウハウ > 外資系では自己PR上手が勝つ!転職成功に必要な意外な自己アピールの方法3選

外資系では自己PR上手が勝つ!転職成功に必要な意外な自己アピールの方法3選


今の会社で十分やりきったと感じ、次のキャリアステージを外資系企業に定めている人は多いのではないでしょうか。

自分の実力を着実に上げていきたいと意気込む方にとって、最適な職場とも言える外資系企業に入社するために必要なものはたくさんありますが、その中でも特に注目していただきたいのが「自己PR力」です。この記事では、その自己PRについて解説します。

自己PRに自信はありますか?

そもそも、今現在ご自身の自己PR力に自信はありますか?

「外資系企業への転職を目指しているので、当然あります!」という方も大勢いらっしゃるかと思いますが、果たしてそれは正しい自己PRの方法・内容なのでしょうか。

今一度、効果的かつ悪印象やマイナス要素にならない自己PRの方法・内容を確認しておくことで、より確実に希望の外資系企業への転職を成功させましょう。

外資系企業ってどんなところ?

「実力主義」、「結果主義」、「ドライな人間関係」とイメージされる外資系企業ですが、実態はどのようなものなのでしょうか。ひとことで言って、「実力主義」という観点ではイメージ通りと捉えて問題ないでしょう。

年功序列といった価値観や、年次ごとの昇進がなかば約束された日系企業とは異なり、実力がある人物はどんどん評価されるのが外資系企業の特徴です。

これは「結果主義」にも繋がる部分です。実力があり、また企業にとってもっとも重要とされる「結果」を生み出すことのできる社員は、当然ながら優秀とされます。実力主義と結果主義は切っても切れない関係にあることはおわかりいただけるでしょう。

「ドライな人間関係」にかんしてはどうでしょうか。こちらに関しては企業の社風によるところが大きいというのが現実でしょう。

日系企業の濃い人間関係に日々消耗してきた方にとっては、実力主義で結果主義がゆえ無駄なことに時間や努力を割かない外資系企業の風土を「ドライ」と感じるかもしれません。一方で日系企業の中でも比較的人間関係に苦労しなかった方にとってはあまり変化がないかもしれません。

外資系企業では自己PRでその人物を判断する!?

外資系企業の雰囲気について簡単にご説明したところで、早速本題の自己PRについてお伝えしましょう。日系企業の入社面接においては自己PRにおいて誠実さやきちんとしている感が重要視される中、外資系企業ではどのようなポイントを重要視されているのでしょうか。

まず、日系企業で高く評価される「謙虚な姿勢」「謙遜」は外資系企業においてあまりいいイメージに繋がりません。傲慢な態度や、慢心があらわれるような態度は当然ながら問答無用ですが、日本人にありがちな控えめさはまるで評価されないと言って過言ではないでしょう。

まず、「自分の魅力が何であるか」をきちんと伝え、相手に対して自信を持って表現できることが何よりも大切な自己PRとなります。

「メラビアンの法則」というものがありますが、面接官の目に留まったその瞬間から数秒間で目にした表情、姿勢で大まかな印象は決まってしまうのです。

いくら、履歴書や職務経歴書に華やかで素晴らしい業績が連なっていても、本人にあまり根拠のある自信を感じられなければ、書類上の内容の魅力が半減してしまいます。

押さえておきたい自己PRの方法3選

それでは、具体的にどのようにして自己PRをしたら良いのでしょうか。3つに絞ってご紹介しますので、自宅の鏡の前で、少しの時間で構わないので練習してみましょう。

その1:歯を見せたスマイル

日本人があまり歯を見せたがらない傾向にあるのに対し、海外においては白い歯は健康と清潔感の象徴となり魅力を引き出すポイントのひとつとされています。

下の歯をむき出しにして話をするのは滑稽ですが、手入れのされた上の歯をきちんと見せた笑顔で挨拶・自己紹介をするだけでもとても良い自己PRになります。

その2:簡潔に話す

いくら内容が良くても、面接官の前で長々とまどろっこしく話をしてしまってはその内容の半分も伝わりません。何よりも「この人って、お客様や同僚に対してもこのような要領を得ない話し方なのかな…」と面接官に不安感を持たれてしまいます。

前以てきちんと準備して整理された内容を、自信を持って伝えることで業務においても情報や知識の整理整頓がきちんとなされている人物として認識されるでしょう。

その3:余裕を持つ

「この会社になんとしても入社したい!」という気持ちが強ければ強いほど、気持ちが前のめりになってしまうのが人間誰しも同じです。つまり、自分のライバルとなる人物も同じ心境でいると考えて良いのです。

だからこそ、そのような場面ではあえて気持ちやペースに余裕を持って面接に臨みましょう。話すペースも意識しながら一呼吸をおきましょう。

自分が何か説明した後には、面接官からの質問を受け付ける、くらいの余裕を持って面接に臨むことができれば面接官に対して安心感を与えることができます。

だからといって、くれぐれも「この企業に転職しなくたって、自分を欲しがる企業はたくさんあるのだ」といったような間違った余裕を出さないようにしてくださいね!

さいごに

いかがでしたでしょうか。

自己PRの例文を並べて、「このような内容を伝えましょう!」とアドバイスしている書籍やブログは多々あれど、その中でも面接に挑む際の自己演出について解説しているものはあまりありません。

しかしながら、「印象」は新たなチャンスを掴むために欠かせない自己PRの要素です。今回ご紹介した3つのポイントを押さえて、外資系企業の採用担当者の心を掴んでくださいね!

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事