転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職ノウハウ > 転職をする前に知っておこう!理想的な退職の流れと手続きガイド

転職をする前に知っておこう!理想的な退職の流れと手続きガイド


晴れて転職先が決まったときに「一番に考えるのは、転職先のこと」という方は多いのではないでしょうか。しかし、退職を前にして一番重要になってくるのは、退職の流れと手続きです。

意外に把握していない方も多い、退職交渉から具体的な手続きまで退職に必要なスケジュールと項目をすべてご紹介します。

外資系に転職するとき、把握していないと転職先の人事にも必要な内容を伝えられません。また、転職した後もよい関係でいられるように、キレイな状態で退職する準備を整えておきましょう。

退職までのスケジュール

まず把握しておきたいのは、「退職をしよう」と決めてからの一般的なスケジュールと、やるべき項目です。その方の置かれている状況で変わる可能性もありますが、大枠を捉えるために活用ください。

転職の計画

転職活動、退職から入社するまでを仮でスケジュール立てしてみてください。見切り発車でスタートすると、退職や入社時にトラブルが発生しかねません。

どういったことをやらなければならないのか、きちんとスケジュール立てしておきましょう。

もちろんこちらの記事を参考に作成すれば網羅できますが、個々人の事情によって異なる部分があります。自分用にカスタマイズしてご利用ください。

転職活動

退職交渉に時間がかかりすぎる場合、体調不良、勤務状況などでやむを得ない場合以外は、転職活動をして入社を決定してから退職をする方法がおすすめです。

先に退職をしてしまうと、背水の陣になり焦りが生じてうまく進まない可能性があるので、注意しましょう。

退職交渉

退職交渉は会社であなたが担っている役割によって、長引いたり短くなったりします。そのため、転職活動と前後する可能性があることを想定しておきましょう。

また、退職交渉が難航すると、入社したい会社に入社できない、あるいは退職する会社と大きなトラブルに発展する可能性もありますので注意しましょう。

長引かせる交渉をされたらどうやって自分の要望を通すのか、逆に早すぎる退職を決められそうになったらどうするのか、あらゆる場面を想定して、退職交渉に臨むことが必要です。

複数回の引き止めにあってから、退職日を決定しますが引き継ぎにかかる日数を検討して退職日を決めるようにしましょう。

退職願提出

退職の意思が直属の上司に認められたら、退職願を提出しましょう。口頭の確認があって、退職願の提出があるのが基本です。

書く内容はテンプレートのようになっていますので、特に工夫すべきことはありませんが、丁寧に書くようにしましょう。

引き継ぎ

引き継ぎについてですが、特に心配りをするようにしましょう。あなたが退職するのはあなたの自由ですが、あなたが担当していた業務を引き継ぐ方にとってはただの迷惑ということを忘れないようにしてください。

迷惑がかからないように丁寧な引き継ぎを行い、キレイに巣立てるようにしましょう。

保険などの手続き

保険などの手続きについてですが、これまで会社に管理してもらっていたものを自分で管理することになります。何をしなければならないのかは自分自身で確認してください。

退職後にすぐ働き始める方とそうでない方で対応が異なりますので、次の章で詳しくご紹介します。

すぐに転職する人の手続き

転職先が決まっている場合と、そうでない場合で所得税と住民税で手続きが異なります。

所得税

転職先の人事部に源泉徴収票を提出。

住民税

1~5月までの退職であれば、退職した年の5月までの分を退職の際に一括納付。基本は給料から天引きとなります。6/1に入社の場合は最初の給料から一括天引きです。

すぐに転職しない人の手続き

転職先が決まっていない場合は下記のような手続きとなります。

所得税

退職した年の12/31までに転職をしなかった場合は、翌年自分で確定申告を行います。これまでは会社の年末調整があったため、する必要がなかったのですが、退職したら自分でする必要がありますので、注意しましょう。

住民税

1~5月までの退職であれば、対応は転職する人と同じです。6~12月に退職の場合は、翌年5月までの残額を退職時に一括納付か分割で払うことができます。

年金と保険の手続き

年金

転職先が決まっている場合は、転職先の人事部に年金手帳を提出。無職期間がある場合は、厚生年金から国民年金への切り替えを行います。住民票のある市区町村で切り替えの手続きを行います。

健康保険

転職先が決まっている場合は、入社すれば基本的に被保険資格をもらえますが、何も言われなかった場合は自分で申し出ましょう。

転職先が決まっていない場合には、国民健康保険への加入・前職の任意継続被保険者になる・親あるいは配偶者の被扶養者になるという方法があります。

雇用保険

転職先が決まっている場合は、転職先でまた入ることになりますので、退職時に受け取る、雇用保険被保険者証を人事に提出してください。

転職先が決まっていない場合は自己都合か会社都合かで対応がことなってきます。

自己都合退職の場合、退職までの2年間に被保険期間が通算して12カ月以上ある場合は3カ月経ってから失業保険がもらえます。

会社都合退職の場合は退職までの1年間に被保険期間が6カ月以上あれば失業手当を受け取れます。ハローワークに申し込みをした8日後から手続きが開始されます。

このように、転職先が決まっているか、いつ辞めたか、辞める理由は自己都合か会社都合かなどで大きく対応が異なってきますので、自分がどれに当てはまるのかは退職前によく確認しておきましょう。

おわりに

転職先が決まったときには、あとは入社するだけとウキウキした気分の方も多くなっているはず。しかし、年金や保険、所得税、住民税などさまざまな手続きで何が必要なのかはよく考えておく必要があります。

きちんと把握しておかなければ、外資系に転職するときにどうしてほしいのかを伝えることもできません。

自分以外に誰も把握してくれませんので、この記事を参考に自分なりのガイドラインを作って「立つ鳥跡を濁さず」で安全な退職と入社を実現してみてください。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事