転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職お役立ち情報 > 「御中」「様」英語での表記は?外資系企業への転職で気になる宛名の敬称について

「御中」「様」英語での表記は?外資系企業への転職で気になる宛名の敬称について


外資系企業に転職する方なら、日本や日本語とは違う敬称などの一般常識については押さえておきたいものです。今回はその中で日本語での使い分けが難しいとされている、宛名の敬称についてご紹介していきます。

そもそも日本語の「御中」と「様」の違いは何かということや、英語でどう表記すればいいのかなど、細かくご紹介します。

転職活動で確実に使うことになるものですし、転職後も顧客にレターや書類を送る場合にも間違えずに対応することを求められます。ぜひ転職前にインプットして一般常識をクリアしておきましょう。

日本語での「御中」「様」の使い分け

日常生活であまり手紙を送ることが少なくなった今、「御中」をあまり使うことがないのではないでしょうか。そのため、なぜ「御中」と「様」という風に分かれているのかが理解できないという方も少なくないはず。

まずは日本語の場合で「御中」と「様」の違いを説明していきます。

「御中」は組織の中の誰か、名前のわからない方に対して使う敬称となっています。つまり、◯◯株式会社御中、人事部御中のように人事部のどなたかに読んでほしい書類ですという意思を伝えることができる敬称です。

対して「様」は個人の方に使う敬称。年賀状やビジネスのメールでも「様」を使うのが一般的なのは、組織の方に対して使うシーンがないからです。

この違いを理解していないと、部署名に「御中」をつけたのに個人名にも「様」をつけて送るという併用するという間違いをしてしまうかもしれません。さらに間違いやすいものとしては役職名を敬称だと思わずに併用してしまう場合があります。

社長や部長、課長などはすべて敬称です。◯◯御中 ◯◯社長などのように敬称は併用しないように注意してください。

社長様も間違いです。代表取締役社長 ◯◯◯◯ 様は前に付いているのが役職名ですので、相手の名前の下の「様」は必要です。名前の後に役職がきたら、敬称と覚えておけば間違うことはないでしょう。

また「御中」と似たような使い方で個人名を言わず、「担当者宛に送付ください」と言われることもあります。その場合もご担当者様と「様」をつけて送付するようにしてください。

その他の敬称として、「殿」や「各位」などがありますが、その使い方もご紹介しておきましょう。

「殿」は格下や同格の人に使うものです。上司から部下へ、社長から社員へなどの書類には「殿」が使われているのを見たことはないでしょうか。採用通知書などを見てみると「殿」と書かれているはずです。

同格の方に対して「殿」と使う方も減ってきているため、格下以外の方には「様」を使う方が無難といえるでしょう。「殿」はなじみがないため、あまり併用しようと考える方は少ないかもしれませんが、併用NGですので覚えておいてください。

「各位」は関係者各位、などの使い方で見かけたことのある方も多いのではないでしょうか。「皆様」「皆様方」などの意味を表す言葉です。こちらも併用はNGです。◯◯様各位などの使い方は誤用ですので、注意してください。

「御中」「様」英語ではどう表記する?

英語では「御中」や「様」などの敬称をどのように書くのでしょうか。

基本的に英語では会社などの組織名に敬称をつけるという概念がないため、敬称にあたる言葉はありません。しかし、「御中」と同じように組織宛に出す場合に使っている言葉をご紹介します。

日本語の「御中」のように使いたいとき

相手側の担当者がわからないけれど送りたい場合は、下記のように書きます。

◯◯(会社名) Co., Ltd.
For the attention of: ◯◯(組織名) もしくはAttention (Attn): ◯◯(組織名)
(番地、町名)
(区・市・州名・郵便番号)
(国名)

個人宛に送りたいとき

続いて個人宛の敬称ですが、男女によって異なります。男性はDear Mr.◯◯、女性はDear Ms.◯◯です。性別不明の相手の場合はDear Sir or Madam、役職名で送りたいなら、Dear Sales Managerなどのように書きます。

日本語の敬称にはない性別が関わってくるので、忘れて書かないように注意してください。逆に性別がわかっていれば送付することもできるので、ある意味便利だといえるでしょう。

これを応用してDear Human Resource Departmentなどの部署名にすることもできます。

日本語のお客様へという複数宛の敬称ならDear Customers、関係者各位ならTo Whom It May Concernという風に書きます。

日本語の場合は「御中」・「様」・「殿」・「各位」などさまざまな敬称が存在しますが、英語の場合は「Attention:」か「Dear Mr. or Ms.」と覚えておけば、あまり手間をかけずに使えるようになりそうです。

おわりに

日本語での「御中」「様」を英語にすると、どのような敬称の変化があるのかをご紹介しました。外資系企業で勤めたいと考えているのであれば、英文履歴書の提出時から必要になるため、ぜひ使い分けポイントを覚えておきましょう。

いざというときに戸惑わないよう、しっかり知識をつけて転職活動に臨んでください。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事